スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幽霊・妖怪画大全集

(2013-05-29)
拍手ありがとうございます!


大阪で、幽霊・妖怪画の展覧会があると知り、これは見に行かねば!!と思っていたわたくし。

何を隠そう、いや別に隠してませんが、幽霊画妖怪画が大好きな私です。

というわけで、22日、ライブで大阪に行ったついでに見てきました。
大阪歴史博物館で開催中の「幽霊・妖怪画大全集」。

会場入ってすぐのところに、巨大な骸骨パネルが。



ででーん。迫力満点。
骸骨の下にいる人の部分は、顔はめパネルになってます。
等身大、って言うのも変ですけど、実際にこの骸骨が現れたらこの大きさなんだろうな、という。


YKI総選挙、なんて企画も。
ユニット名や選抜メンバーにつけられた名前が面白くってニヤニヤ。主催者、楽しんでるなー(笑)




こういう企画だけじゃなく、展示作品に一言添えられてるコメントも面白かったし、作品によっては幽霊(妖怪)の台詞が添えられているものもあって、そういうのも楽しめました。

幽霊妖怪というと、どうしてもおどろおどろしい、不気味なものという印象がつきまといますが、こういう企画やコメントによって、不気味なだけじゃないんだぞ、というのが伝わる展示になってました。

不気味さを全面に押し出した展示にもできたろうにね。
でも、それじゃとっつきにくい。

たくさんの人に楽しんでもらいたい、というのが伝わってくる展示でした。

作品の雰囲気を壊すユーモアではなく、作品の良さを引き出したり、新たな発見をさせてくれるユーモア。
あ、こういう見方もできるんだ、とか、そうかこれはこういう絵なんだ、という発見がたくさんありました。
作品に対する愛情が伝わってくるなー。

印象に残っている作品は、伝・円山応挙の幽霊画(美人)、河鍋暁斎の幽霊図(かなり不気味)など。
妖怪画では、伊藤若冲の付喪神図(可愛い)とか。
若冲に限らず、付喪神の絵はだいたい可愛いです。
百鬼夜行絵巻とか、いくら見てても飽きないわー。

あ、あと「百怪図巻」の猫またと野狐の絵が可愛かった!!
おかっぱ頭の猫またと、ポニーテールの野狐。野狐の目付きや仕草が色っぽい。猫または赤い着物で三味線弾いてます。可愛い…

私は京極夏彦作品が好きなので、作品でお馴染みの妖怪の絵を見つける度に、テンションが妙に上がってました。
産女とか豆腐小僧とか。
巷説百物語に出てくる九相図も展示してありました。

犬神の絵を見つけて、「おや、佐助さん、こんなところにいたんですか」と呼び掛けたくなったり…(笑)(佐助=畠中恵のしゃばけシリーズの登場人物で、正体は犬神)

非常に楽しめました!これは幽霊妖怪好きにはたまらない展示です。

グッズは図録とポストカードと手拭いを購入。
百怪図巻の野狐のフィギュアが売ってて、それがすごく可愛かったのだけど、手持ちが足りなくなりそうだったので買うのを諦め…

「幽霊・妖怪画大全集」は、大阪では6月9日まで。
7月からは神奈川のそごう美術館でも開催されるようなので、興味のある方は行かれてみてはいかがでしょうか。


ミュシャ展

(2013-04-10)
最近デジカメを買いまして、折角買ったのだから活用しよう!ということで、昨日の日記はデジカメで撮った写真入りです。
私がこんなに写真を載せたの、初めてじゃなかろうか(笑)


いつも日曜日は日曜美術館を見ているのですが、7日の日曜美術館はミュシャでしたね。
(そういえば日曜美術館、司会が変わってちょっと寂しい…)

先月23日、美術館「えき」Kyotoで行われていたミュシャ展、見てきました。

ミュシャの絵は前から結構好きで(詳しいわけではないんですが)、この展示は是非見に行きたいと思っていたので行けて良かったです。

ミュシャの描く女性はとても魅力的だ。
女性の魅力を絵にするのが上手い、というか。
描かれた女性から、目が離せなくなってしまう。

女優、サラ・ベルナールを描いたポスターが本当に素晴らしかった。
大きさに圧倒、美しさに圧倒。
本当に目が離せない。
ポスターを注文して、この作品が出来上がってきたら、そりゃ無言で画家を抱き締めて長期契約結びますよ。
昔の絵なのに、今現在でも最先端…いや、最先端のもっと先にあるようにすら感じる。

女性の姿も美しいのだけど、私はその周囲の装飾のデザインが凄く好きで。
絵を取り囲む額縁のようなデザイン、と言ったら良いでしょうか?
よくこんなデザインを思いつくな…!と、ひたすら感嘆です。

そして花の絵。
日曜美術館で、花のスケッチが紹介されていましたか、その緻密さには驚きました…!
よくあんな細部まで正確に美しく描けるものだな…!
あれだけ花の形をはっきりと捉えられるからこそ、デフォルメ、簡略化、デザイン化することができるのだろうな…

ポスター画とは違った雰囲気の油絵も、とても美しかった。
故国のために描いた絵。


またいつか、見てみたいなぁ。


都をどり

(2013-04-09)
4月6日、京都に長谷川健一さんのライブを見に行こうと思っていたのだけど、生憎の荒天。
春の嵐による暴風雨のため、電車が動かなくなる可能性が高い。
JRは朝から、電車の本数を減らす、路線によっては止めるというお知らせを出していた。
これは外出は無理だ…と、泣く泣く諦めました…凄く行きたかったのに…


でも、その翌日、京都に行ってきました。
都をどり、を見るために。



今私が働いているところのお得意さんが招待してくださってて、元々は上司と社員さん何名かが見に行くことになってたんです。
ところが上司が行けなくなり、その代打、兼、京都に土地勘があり電車にも乗り慣れているのでナビ役として、私が行くことになったと。そういうわけです。

京都に住んでいたことがあるけれど、都をどりを見るのは初めて。

天気が心配だったんですが、強風もおさまり、時折小雨がぱらつくものの前日のような荒天ではなく一安心。ただ、寒かった…。冬用のコート着てくればよかった、と後悔する気温でした。

京都の桜はほぼ散っていましたが、歌舞練場前の枝垂れ桜は綺麗でした。




まず、お茶席から。
お抹茶とお菓子。
抹茶、美味しかった♪お饅頭も美味しかったです。



因みに、お菓子が載っているお皿は記念に持って帰ることができます。
持って帰れるなんて知らなくて吃驚。


お茶席のあとは都をどり。
前の公演が終わるまで、待合室みたいなところで待機。
お土産もこの待合室で購入できます。都をどりのグッズの他、京都の和菓子屋さんのお菓子などが売ってました。

そしていよいよ中へ。
一階の真ん中くらいの列で、舞台全体がよく見える、なかなかいいお席でしたよ。

なんの知識もなく見に行ったのですか、道成寺と鶴の恩返しは、あらすじを知っているので楽しめました。
「純和風の宝塚歌劇みたいな感じ」という話を聞いていたのですが、確かに、女性が男性の役を演じるところなんか、宝塚歌劇みたいな感じだなぁ。
登場人物は一切台詞を喋らない所は、能みたいな雰囲気だ。
話が解らなくても、綺麗な衣装や舞を見ているだけでも充分楽しめます。

指の先から足の指の先まで、本当に動きが美しい。艶やか。
見とれてしまいますね。

三味線やお囃子も、素敵だったし。
なかなか、自分でチケット買ってまでは行かないだろうし、今回見に行くことができて良かったです。
いい経験になりました。


BLACK

(2013-03-09)
拍手ありがとうございました!


休みの日なのに無駄に早く目が覚めてしまった。
暇潰しにブログに小ネタ。


Twitterにも書いたのですが、赤城乳業のアイスBLACKのCMが緩すぎてヤバい(笑)

こちらがそのCM。

こういうの大好き(笑)

かなりツボにはまってしまった。
緩すぎるだろう。赤城乳業のセンスに脱帽だわ。

CMソングが頭から離れなくなる(笑)

これ、テレビで流れてるの?私は遭遇したことないんだけど。
あんまりテレビ見ないからなぁ私。
これ、テレビから流れてきたら、絶対吹き出しますわ私…(笑)


しょうもないネタですみません(笑)
気に入ってしまったもので。

今日は大阪で中田さんの出演するライブイベントがありますが、先約があるので行けません。
先約のライブもはずせないのだ。楽しんできます。


peridotsチームはレコーディング一区切りしたようで、今はそれぞれ別々のお仕事をされてますね。
皆さんほんとお忙しい。このメンバーが集まるのってなかなか大変だろうなぁ…
公式アカウントやFIREさんがTwitterにあげてたレコーディング風景の写真がやたら楽しそうでニヤニヤしました(笑)
ノリが男子高校生ですね、皆さま。

ではこの辺で。とりとめない。


お知らせ&山口華楊展

(2012-11-21)
お知らせ。
というほどのものでもないですが。
12月の半ばまで、更新が減ります。
…もう既に更新が減っているのにいまさら何を言う、という感じですが(笑)
もうちょっと早く書くつもりだったのですが、書きそびれてずるずるとここまで来てしまったわけで。
でも一応、自分の気持ちにも区切りをつけるためきちんと書いておきます。

私、ふとした思い付きでとある資格試験を受けることにしてまして、その試験が12月の半ばにあるんです。
仕事に関係する資格であるとか、そういうものでは全くないので、落ちたところで特に何も支障はないのですが、でも受けるからには受かりたいじゃないですか。
というわけで、勉強に時間を取りたいので、ブログの更新は控えます。

ただ、ライブに幾つか行く予定なので、その感想だけは書きます。
自分用の記録の意味が大きいので、このライブの感想は。残しておきたいのでね。

あとはまあ、突発的に出てきたり来なかったりするかも知れません。何か記録に残しておきたいことがあったら出てきます。

試験が終わったら、書き損ねているネタを一気に消化…できたらいいなぁ。


17日、大阪にライブに行く前に、雨の京都に行きまして、京都国立近代美術館にて開催されている「山口華楊展」を見てきました。
動物の絵を多く残している日本画家です。

美術館の最寄り駅である地下鉄東山駅を下りたら、改札の真ん前にドーンと、黒猫の絵を使った看板。
美術館のところには、虎の看板とライオンの看板。
美術展のチラシには黒豹の絵。

実際に美術館に入るまでに、猫科動物揃い踏み(笑)猫科大好き人間には、これはたまらない。

展示室に入ってまず目に飛び込んでくるのは、「獅子」の絵。
かなり大きな絵である。
寝そべっているライオンの絵。金色のタテガミが実に美しい…しょっぱなから圧倒。
肉球が柔らかそう…などと考えてしまうのは肉球好きのサガです(笑)

見てみたかったボルゾイの絵(「洋犬図」)。
三頭のボルゾイ(ロシア原産の猟犬)が描かれている。この犬種の特徴である優美な巻き毛、小さな頭部、細い口吻、長い脚。見事に描かれている。美しい。

「栗に栗鼠」という、栗の木に栗鼠が一匹いる絵では、リスの尾の柔らかな質感に吃驚。
どうやったらこんなに柔らかくふわふわとした質感を描けるのだろう?

「耕牛」は、まるで本物の牛が目の前にいるかのような迫力。
「犢(こうし)」は、幼い子牛が柔らかく淡い質感で描かれていて、とても優しい雰囲気。
緑の中に佇む白い馬、その緑と白の対比が美しい「白い馬」
金箔の質感が特徴的な「飛火野」(二頭の鹿が駆けている絵)
二頭の雄鹿が角を突き合わせている「深秋」は、実際に角と角がぶつかる音が聞こえてくるかのよう。

華楊さんの描く動物は、何故だかとても色気がある。
特に猫科の獣。
「虎」の絵の、虎の肩から腰にかけてのしなやかな曲線の美しさったら!
虎という動物の持つ雄々しさ・たくましさと、どこか女性的な体の曲線美のバランスが何とも言えない。

「黒豹」の体の曲線なんて、本当に女性的で何とも艶めかしい。
こちらを睨むような目やがっしりした脚は肉食獣の鋭さがあり、その鋭さとしなやかな曲線とが相まって、一層美しい。
黒豹の絵は、背景の金色に黒豹の黒がすごく良く映えて、それもとても美しい!
あと、目!目の色がすごく綺麗なの!金色の中に緑が入っていて、何ともいえない色彩になっている。思わずその眼に見惚れてしまった。

黒豹の絵に限らず、ほんと目の色がすごく綺麗なんです。
ライオンを描いた「凝視」というタイトルの絵、そのタイトルの通りライオンの目に力があって引き寄せられる…

一番印象の残っている絵のひとつに、「霽(せい)」という絵。
タイトルの意味が解らなくて(何と読むのかすらわからなかった)、英訳のタイトルを見たら、「雪の後の好天」といった意味の言葉がかかれていた。
真っ白い中に、鴉が数羽、描かれている。羽をつくろっているもの、地面をつついているもの、どこかを見つめているもの。
絵の右下の方だけ、わずかに青い色が入っている。
白の部分は扁平ではなくどこかぼこぼこしたような質感で、本当に雪が積もっているみたい。
白の中に黒、というのが実に映える…
鴉も単に黒、というのではなく、青みがかった部分、光に当たって白っぽい部分、影になって真っ黒の部分、様々描かれていて、羽根の質感が見事としか言いようがない。
白と黒、少しの青。シンプル、だけど複雑。ハッと目を引く存在感がある。
しばらくこの絵の前で立ち止まって、見入っていた。
これほど美しい鴉の絵を見たのは初めてだ…(そもそも鴉の絵ってあまり見ないけど…)

あと印象に残っているのは、「木霊」「幻化(げんげ)」「白狐」。
木霊、というのは木の精霊の事ですが、「木霊」の絵に描かれているのは巨木の根の部分。その根に、一羽の小さなミミズクが止まって、金色がかった緑色の瞳でこちらを見ている。ミミズクのまわりは淡くぼんやりと光っている。
このミミズクはただのミミズクではなく、巨木の精霊がミミズクの姿を取って現れたものなんだろうか。幻想的。

「幻化」は狐の絵。二匹の狐が野を駆け遊ぶ。
狐のふんわりとした尾や鋭い口吻、大きな耳がとても美しい。
タイトルや、狐は化けるという言い伝えから、どこか幻想的な雰囲気を感じさせる絵。
私は狐が好きなので、この絵に見惚れてしまった。「月野夜」というタイトルの絵も狐の絵なのだけど、私は「月野夜」より「幻化」が好き。

「白狐」も狐の絵。題名通り、真っ白い狐が、鋭い目でこちらを見ている。
凄く神秘的…!!なんて美しいんだろう…神の使いみたいだ…

驚いたのは、大きな絵が多いなということ。
凄く大きな絵が多い。
この絵は小さいな、と思って虎の子供を描いた絵を見ていたら、隣で見ていた人たちが「これ、家にあったらかなり大きいやんな」「ここにあると麻痺しますね」なんて話していて、ハッとした(笑)
確かに、これ家に飾ろうと思っても飾る場所がない…!小さいけど小さくなかった…(笑)本当に、感覚が麻痺してた。

図録買ってしまった!
どの絵も素敵だったから家に連れて帰りたくなった。
でも、やっぱり生で見る迫力っていうのは、何物にも代えがたいな…図録の写真じゃ、あの迫力は伝わらない。

山口華楊展は12月16日までです。興味ある方は是非。


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。