スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中田裕二インストア@タワレコNU茶屋町

(2011-12-17)
12月17日 中田裕二インストアライブ @タワーレコードNU茶屋町店


インストアライブの前に、買いたいものがあったのでロフトに行ったら、そこで中田さんに遭遇する、というね。
そんな出来事があったりしましてね(笑)
絶対中田さんだったか、と言われると、若干自信なくなりますが。すっっごいそっくりさんの可能性も捨てきれませんよ?(笑)
話しかけたりはしてませんからね。チキンだから無理です。

ロフトに入って一番最初に目に入った人物が中田さんでしたよ…
一緒にいた方と話している声も中田さんの声っぽかったので、まーおそらく間違いないと思いますが。
「…はっ!?えっ!?あれっ!?えっ…!?」と二度見どころか四度見五度見ぐらいしてしまった…

私がエスカレーター乗ったら、後ろに一人挟んで中田さんもエスカレーター乗ってるし(笑)
数メートル後ろに、中田裕二と思われる人物。エスカレーターに乗ってあんなに落ち着かない気分になったのは人生で初めてである(笑)

エスカレーター曲がるとき(二階に到着して、次、三階に続くエスカレーターに乗り換える時)に、何気ない風を装って思い切って顔を見てみたんですが…あれは中田さんだよな…
すっごいそっくりさんでない限り、中田さんだよね…

中田さんらしき人は、二階でエスカレーター降りて行きました。
(私はそのままさらに上の階へ)

インストアライブの前から、心拍数急上昇しましたよ…
不意打ちに弱いチキンです。あぁ吃驚した…

ロフトで買い物を終えてタワレコに行くと、リハ中の模様。
私より一足先に、ロフトからタワレコに戻られていたようで(笑)
囲いがしてあるのでリハの様子は見えませんでしたが、声が聞こえていました。


ライブは14時スタート。
整理番号は悪かったので、一番後ろの方で見てました。
私、アルバム予約できなかったので、整理券も手に入らないだろうなーと思ってたんですよね。でも、発売日に買いに行ったら整理券もらえて。多分、整理券なくなる寸前ギリギリで貰えたんだろうなぁ…良かった、貰えて。

始まる前に、スタッフさんからテレビカメラが入っている旨、説明が。
1月1日25時からサンテレビの番組(ビッグタイムテレビジョン)でオンエア、だそうです。やってくれるじゃないか、我らがサンテレビ!(笑)

時間になって中田さん登場。
「どうも、ベール中田でーす(笑)さっきまでベールのPV流れてましたけど、それと同じ格好にしてみました」

というわけで、服装はベールのPVと同じ格好でした。

後ろの方だからステージ全然見えないんじゃないかと思っていたけれど、なんとか中田さんの顔は見えていたよ。

ライブ1曲目は、ベールから。
アコギのイントロが格好良かった。
そうだよ、この声なんだよなー。聴きたかった、声。
中田さんの声、伸ばす所の声が凄く好き。凄く艶やかで、色気があって。
曲が始まってすぐに、観客から手拍子が起きて、「おっ?」という感じの表情をしていた中田さん。

演奏後、

「今の手拍子、やりづらくなかったですか?ふつう逆ですけど(笑)さすが関西、東京とは逆でくるとは!(笑)」

あー、やっぱり逆でしたよね。なんか拍子取りづらいと思った(笑)

2曲目はバルコニー。
しっとりとした素敵な曲。
こうやって弾き語りで聴くと、すごく綺麗な曲だなぁ。
あと、歌っているときの中田さんの表情が素敵だな。

中田さんに限らず、うたうたいの人って、やっぱり歌っているときの表情が一番色っぽいよね。最近、よくそう思う。
うたうたいが唄っているときの表情が好きです。

「新曲やります。(楽譜をめくる)(更にめくる、めくる)…ちょっと待ってね(笑)なかなか出てこない…あ、あった」

楽譜は出てきたものの、何かを探すようにきょろきょろと、少々挙動不審な動きをしているしている中田さん。
なにか、演奏に使う道具が見つからなかったのかな?

「あれ…?…違う曲やります…。あ、もうすぐクリスマスですね!クリスマスソングのカバーをやりたいと思います」

というわけで、3曲目は新曲ではなく、稲垣潤一さんの「クリスマスキャロルの頃には」のカバーを。
凄く素敵でした!
バーの片隅で、ウイスキーを飲みながら聴きたい感じの「クリスマスキャロルの頃には」でした。
(私はお酒飲めないしバーにも行ったことがないので、あくまでイメージ)
うっとり。聴き惚れてしまう。
あ、この曲でも手拍子が少し。なぜか中田さん、曲の最初の方で軽く吹き出すように笑ってた。手拍子が面白かったのか、それとも違う理由で笑ったのか分かりませんが。

「早いですが次の曲が最後です。(観客「えーっ」)…続きはライブで!(笑)」

続きはライブで、って「続きはウェブで」みたいな言い方で面白かったな。

「最後は新曲で締めようと思います。凄く暗い曲なんですけど(笑)」

暗い曲大好きなんで、問題ないです!(笑)
新曲のタイトルは「春雷」。タイトルからしてツボです。春雷、響きが格好良い…!
こういう曲調の曲、好きだなぁ。好みです。
歌詞に、聴き間違いや記憶違いでなければ「たゆたう」という単語が出てきて、その響きがまたツボだ。
早く音源化しないかな、って、アルバム出たばっかりで言うのもあれですが。音源化してほしい!ちゃんとした歌詞が知りたいです。


ライブ後は握手会。
緊張のあまり頭痛と吐き気に襲われつつ(事実です)、握手してきました。
他の方は、長い時間立ち止まらないでね~という風にスタッフさんに促されて立ち去っているのに、私はスタッフさんに促される前に素早く逃げるように立ち去ってたからね(笑)

握手会に参加せずに逃げかねないほどのチキンなので、参加できただけでもえらいことです。

中田さんは、ステージの上の眩い光の中にいて。その眩い光の中の中田さんの姿は、いつだって憧れで。
憧れって、「ああいう風になりたい」とかではないんだけど、自分には決して立つことのできない場所にいるその姿に対する憧憬?
上手く言えないけれど、特別な存在で。

その人が目の前にいるっていうのは、何と言ったらいいんだろう…なんというか…何が言いたいのか、もう自分でもさっぱりわからなくなってきてますけど…(笑)

取りあえず緊張した。

真っ直ぐこっちを見て、「こんにちは」って言ってくださった。
その視線がすごく優しそうで。

「こんにちは」と言われたので「こ、こんにちは…(かなり小声)」と返すのが精一杯でした。
さっきロフトにいませんでしたか?と訊いてみたかったんだけど、そんな度胸ありません(笑)

中田さんの手、すごく綺麗でした。

ああ、中田さんと握手しちゃったよ…
帰り、自分の顔がにやけてるのがはっきりわかって、自分で自分が気持ち悪かったです。自分くたばれ!と思った(笑)

いやー、ほんと、好きなんだよなぁ。好きだから仕方ないなもう。若干壊れ気味ですね私。ほんと自分が気持ち悪い(笑)
幸せです。
歌を聴けて、握手して、挨拶だけだけど言葉も交わせて。幸せですよ。

やっぱり中田さんは、私の一番好きなうたうたい二人のうちの、一人です。(もう一人はタカハシコウキ)
この二人は、やっぱり自分の中で特別な存在のようです。



セットリスト。改めて。

1.ベール
2.バルコニー
3.クリスマスキャロルの頃には
4.春雷


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。