スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつかあの約束の場所で

(2011-11-04)
11月3日 plenty ワンマンツアー“いつかあの約束の場所で” @なんばHatch


plentyのワンマンツアー大阪公演、行ってきました。

今回は、MC中の観客による声掛けがほとんどなくて、ライブを集中してみることができて良かったー!!
前回、前々回のplentyのライブは、MC中の声掛けに正直げんなりしてたので。
個人的にどうしても、あの、MC中に江沼君に頻繁に話しかけるのが受け入れられなかったので、今回も声掛けあったら嫌だなーと思っていたんですが、なくて良かった~!
やっぱりあの声掛けはない方がいい!!
多少はありましたけど、あれくらいなら大丈夫です。気にならない。


ではライブの感想です。
ネタバレしてますので、ネタバレ嫌な人は見ないでください!
会場後方、一段高くなっているところ(柵になってるところ)で見ることに。ステージ全体見渡せる。

今回のツアー、サポートドラムが中畑大樹さんだと聞いて、大阪公演も中畑さんだろうかと期待していたんですが、開演してステージに登場したのはまさしく中畑さん!!
わぁ!

秋分の日のイベントで、peridotsがMCで、「今後plentyと繋がることがある」と言っていたのは、もしかしてこういう繋がりのことなんだろうか?

ライブ中、私の視点はほぼ中畑さんに固定されていました。
江沼君新田君そっちのけで、中畑さんに釘付けになっててすみません(笑)

いやー、もう、すっごく格好良かったです。
今回のライブの感想を一言で纏めると「中畑さん格好良い」になってしまう(笑)
まさかplentyのライブで中畑さんの演奏を見られると思っていなかったので、嬉しかったです!
ペリの後ろ以外で演奏する中畑さんって、そういえば今回初めて見たなぁ。当然だけど、ペリの時とは違う雰囲気。「格好良い頼れるお兄ちゃん」って感じ。
MC中などに、ドラムは叩かずに手だけ動かしてリズムを取ったりしてる姿も印象に残っています。


江沼君は紺というか藍色というか、そんな色合いのカーディガン着てたかな?
新田君は黒い5分袖の上に白いTシャツを着てるような感じ。
中畑さんは黒いTシャツでした。

1曲目は「待ち合わせの途中」
今回のツアーの1曲目に相応しい曲。
江沼君の真っ直ぐに突き刺さるような声に、一瞬で引き込まれる。

鋭く真っ直ぐで、けれども繊細で危うげな雰囲気も孕んだ、美しい壊れ物のナイフのような声。

2曲目は「最近どうなの?」
この曲、好きだな。
間奏部分の「オ オゥオ」という感じの声が、すっごく好き。ほんと、心に突き刺さる。
この曲、ドラムが格好良いなー…と書きだすと、全曲「ドラムが格好良い」と書かなくてはならなくなる…(笑)
本当に中畑さんばっかり見てたもので…
でも、plentyの曲ってドラムが格好良い曲多いですよね!?今回それに気づきました。中畑さんが格好良い、ってだけじゃなくて、plentyの曲はドラムが格好良い。

3曲目は「後悔」。静か目の出だしからサビにかけてのメロディが好きだ。
この曲もドラムが……って、もう言わなくていいですか?しつこいって?(笑)

3曲目が終わった後でMC。

江沼「こんばんはplentyです。……(静まり返ってる会場)……今日大阪静かだね、やりやすい」
江沼君も静かな方がやり易いんだ?

江沼「今日来てくださった、中畑さんです。…ベースはニッチ。(観客「ギターは?」)…ギターはよく知らない」
新田君てニッチっていうあだ名なんだ。江沼君が紹介した後、中畑さんが「ニッチ」と呼んでいた気がしたんだけど、気のせい?
自分の紹介はしないまま、次の曲に入る江沼君。

「人との距離のはかりかた」は、何度聴いてもやっぱりいい曲だなぁ。聴き入ってしまう。
歌詞が良いよねぇ…
「からっぽ」は、イントロのギターが好きです。

「普通の生活」というタイトルでいいんだっけ?ライブではもう既に何度かやっている新曲。
この曲を早く、CDで聴きたいのですが。歌詞が知りたい。

「昨日焼肉食べた」とか、そんなMCの後、「新曲ゾーンです」と、新曲がしばらく続いた。
「ハローハロー」という歌い出しの曲は、声に加工が掛けられていて、面白い雰囲気。最初の、中畑さんのカウントが格好良かったのはこの曲だったかな?

その次にやった新曲が、かなり私のツボ!思わず鳥肌が立つくらい、好みだった。
「悲しみには理由がある」という感じの歌詞から始まったと思う。
歌詞やメロディに、江沼君の声が凄く合っていて。
照明も曲の雰囲気に似合っていた。青系の照明だったろうか。
この曲は早く音源化してほしいな…凄く好きだ…

その次にやった新曲は、真っ赤な照明が印象的だった。
出だしのドラムのリズムが好きだな、この曲。何だか印象に残るリズム。
中畑さんが曲の途中で立ち上がってたのってこの曲だっけ。

新曲ゾーンが終わった後でMC。

江沼君が新田君に「なんか喋りますか?」と話を振ったら、新田君がジェスチャーで「いや、いいよ」と応えていたの、ここでだっけ。別の場所だったかな?
「話しますか、と言われて『いや、いい』っていう人、なかなかいないよ(笑)」と江沼君。

江沼「人がたくさんいて、嬉しいなあ。見覚えのない人ばっかりだけど」
観客「覚えてー」
江沼「次の曲行きます」

観客の声をばっさり切り捨てた!!(笑)
ちょっとSな江沼君の姿を垣間見ました(笑)

MC中に、江沼君が音は出さずにギターをカシャカシャ鳴らしていて、それを聴いて多分この曲かなーと思っていたら予想通り「理由」。
「理由なんかなくて」という歌い出しが好き。
この曲ドラムが格好良い…!!こんなに格好良い曲だったっけ、というくらい格好良かった。ベースも格好良いなぁ…

「明日から王様」は、この曲のPVを連想した。
ステージの後ろにかかってる幕が、ちょうどPVに出てくる体育館の幕と同じような感じだったので。
PVのあの体育館のステージが、そのまま目の前に現れたみたいな印象を受けた。
オレンジ色の照明も綺麗だった。

「大人がいないのは明日まで」は、歌詞と江沼君の声が、胸に突き刺さる…
息苦しくなるくらい、切々とした雰囲気。
傷つき血を流しながら、声にならぬ声を必死に叫んでいる。そんな印象。


江沼「スタッフさんに『江沼君今日何食べたい?』と訊かれて、『エリンギ』と答えたら、すごく困ってました」
エリンギ!?食べたいもの訊かれてエリンギと答える人なんてそうそういないと思う…それは困るだろうなぁ(笑)

江沼「エリンギ、好きなんだけどね。なかなかないよね、エリンギを美味しく調理して出してくれるとこなんて」
この後、中畑さんが何か言って江沼君がそれに相槌を打っていたのだけど、なんと言ったのか聴き取れず。
何と言ってたんだろ、中畑さん。

江沼「エリンギのために歌います…。……冗談だよ!!本気にする人、いる!?」

自分で言ったセリフに、江沼君、相当ウケてた(笑)かなり笑ってたよ。会場も爆笑。

そして最後、「エリンギの曲作ろうかな…」と呟いて、次の曲、空が笑ってる。
この曲好きな曲なのに、エリンギMCが尾を引いてしまって、「ああ、この曲はエリンギのために歌ってるんだ…」とか考えてしまって、笑いがこみあげてきて曲に集中できなかったじゃないか(笑)
エリンギは置いといて、「空が笑ってる」から「終わりない何処かへ」の流れが良かったなー。好きな2曲。


お知らせがあります、と、次のワンマンの告知。来年の4月にNHKホールだって!凄い!

江沼「自分としては、結構ツアーとかもやってるつもりなんだけど、この間雑誌に『あまりライブをやらないバンド』って書かれてた…。近所の本屋で泣き崩れたね。おいおい泣いたよ。おーいおーいおーい」

この「おーいおーい」に吹き出した。江沼君可愛い…(笑)

江沼「あんまり喋ると馬鹿がばれる。…会場言ったっけ?NHKホール、凄いね。ホール、どんな感じなのかな。今回のツアーファイナルもホールだけど。椅子があるけど、お客さん立つのかな…?plentyの曲でお客さんは立つのか」
中畑「立たせればいいんじゃない?」
江沼「そうなんですけど…そうなんですけど…!イベントで野音でやった時、誰も立ってなかったんですよ。立たない感じなんだな、って思ってたら、次のバンドの機材が運ばれてきた途端、総立ち。…やめようかな、って(笑)」
中畑「泣いた?」
江沼「泣き崩れた(笑)」

おーいおーいと?(笑)

江沼「ツアーということは、何かありますよ。あんまり知らないけど(笑)。色々やってますからね、ライブしないとか書かないで…」
江沼君、相当根に持ってるな…(笑)

江沼「謎のバンド、って書かれてたよ。『彼らはどこへ向かうのか』って。あれ書いたの誰!?体育館に呼び出してボコるよ!?」
かなり根に持ってますね(笑)
中畑さんがこのMCに大ウケしてました(笑)

江沼「最後に何曲か、ジャカジャカっとやって終わりにします。……やっつけじゃないよ!?やっつけじゃないって!!……『彼らはどこへ向かうのか』…」
根に持ちすぎ(笑)

「少年」→「枠」の、ライブ映えする曲の連続が格好良かったー!!
中畑さん、曲の途中で立ち上がってた!
今回、中畑さんがドラムだと聞いた時から、一番聴けるのを楽しみにしていたのが「枠」。
この曲のドラム、格好良いんだもの!この曲のドラムを演奏する中畑さんが見たかったんですよ!
予想通りの、いや予想以上の格好良さでした…釘付けでした…

「最後に1曲やって終わります」
と、ラストの曲は、12月に発売される新曲の「あいという」。
初めて聴いたけれど、凄く良い曲…!
優しくて、儚くて、美しい。そんな雰囲気。
この曲の時の照明が、とても美しかった。幻想的で、神々しいような感じもあって。
曲の雰囲気と照明の美しさがぴったり合っていて、その美しさにすっかり呑み込まれてしまった…

「またどこかで、お会いしましょう」
そう言って、退場する江沼君。
退場する江沼君のシルエットの細さにちょっと驚いた。この華奢な青年の体から、あの声が出てるんだもんなぁ…凄いなぁ…

アンコールなしだった。
ワンマンライブでアンコールがないのって初めてだから少々驚いたが、でも、綺麗な終わり方だな、と思った。
ひとつの物語を観終わった様な感じ。この物語は、ここでおしまい。あとに余計なものは挟み込まない。そういった印象。

でも、もっと長い間、あの空気の中に身を浸していたかったな…
次のワンマンも行きたい。



セットリスト。
曲順うろ覚えだったので、某所で貰ってきました。


待ち合わせの途中
最近どうなの
後悔
人との距離のはかりかた
からっぽ
ふつうの生活
新曲(ハローハローという歌い出し)
新曲(悲しみには理由がある、と言った感じの歌い出し)
新曲(栄光にはとどきそうもない)
理由
明日から王様
大人がいないのは明日まで
空が笑ってる
終わりない何処かへ
拝啓、皆さま。
少年

あいという


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。