スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(2011-03-14)
拍手ありがとうございます。

昨日の日記に、今後はいつも通りに更新すると書いたものの、なかなか自分の気持ちをいつも通りにするのも難しいもので。

連日の地震報道で気が滅入ったなら、私の阿呆なブログで気晴らしして欲しいという気持ちは本心。
それが私の出来ることだ。
この非常時になにをこんなバカな事を書いているのかと怒る人がいるのなら、それも受け止める。

そして、昨日も書いたけど被災地の方でこのブログを一度でも見てくれていた方がいるのなら。
いつかまた「相変わらず阿呆な事を書いてるな、コイツ」と笑いに来て下さい。いつでも待ってますから。
皆さんが無事であることを、本当に切に願っています。

昨日は(日付的には一昨日)アーティストの安否情報なんかをまとめたけど、それは自分自身を安心させるために他ならない。
ライブ情報、新たに中止情報が。更新しようと思いつつ、追いつかない。
→Pia-no-jaC←の東北地方のインストアライブは、全部中止になった模様。
本当は、待っているファンのために演奏しに行きたいだろう…
→PJ←スタッフの、ツイッターのアカウント画像が変わっていたので、何の画像だろうとよく見たら、日の丸に「ガンバレ日本 →Pia-no-jaC←」と書いてあった。涙が出そうになった。

ツイッターを見ていると、本当に色んなアーティスト(ミュージシャンだけじゃなく、広い意味でのアーティスト)が、自分に何が出来るのか考え、自分に出来ることをやろうとしている。
RADWIMPSが、義援金を募り始めたようだ。言い方は悪いかもしれないけど、知名度のある人はどんどんそれを利用すればいい。それは私のような人間には出来ないことだから。

では私には一体何が出来るのか、ずっと考えている。
ツイッターの一般のフォロワーさんも、皆それぞれ、自分の出来ることをしようとしている。

取り合えず私は、スーパーで見つけた募金箱に少しだけ入れてきた。
一回にたくさん募金は出来ないが、これからしばらくの間、少額ずつでも募金していこうと思う。
ただ、昨日も書いたように、変な所に募金しないようにしなければ。
あと、TSUTAYAのTポイントで募金ができるということだったので、してきた。
ポイントあまりたまってなかったから少しだけど…

関西で節電して、実際それが役立つのかは分からないけど、やって悪いことではないのだしと、使ってないコンセントを抜いた。

小説家の伊坂幸太郎さん、仙台在住なので心配だったのだけど、無事とのこと。
良かった…
でも、多くの伊坂作品の舞台になっている仙台の街は、壊れてしまった。

テレビで繰り返し流れる津波の映像、見る度に慄然とする。
これはCGではないのかと思ってしまう。いや、CGだと思いたいのだ。
死者が万単位になるだろう、なんて…
酷すぎる…

土日はずっとテレビで地震情報を見、テレビ見ていないときはツイッターで情報を見て。
そんな風に地震の映像をずっと見ているうちに、変な風に自己防衛意識が働いてしまったようで…
食欲が半端ではないのだ。
食べられるときに食べておかねば、みたいな感じになってしまったんだと思うんだけど…
自分でも、これはおかしいだろうと思うくらい食べる。
詰め込まないと気が済まない。
満腹感はあるのに、それでもまだ食べたい、なにか詰め込みたいと思ってしまう。
吐きそうになっても食べてるって、明らかに異常だろ。
家族にばれないように食べてるから、異常だと認識はしてるのだ。
何やってるんだろ…

ストレス溜まると暴食に走るから、それもあるのかな…
地震映像見っぱなしで、知らずに不安やストレスをため込んだのかも。
被災地の状況を知るのも大切だけど、こういうときこそ、被災地以外の人間がしっかりせねば。
こっちが滅入ってばかりでどうするのか。
疲れたらニュースから離れて心を休めることも大切だと実感。

だから今日は、ニュースに疲れたらスペシャやアニマルプラネットを見るようにしていた。
サンテレビをつけたら、いつも通りの阿呆な通販番組がやっていて、何だかホッとした。

昼間は、犬と猫を風呂に入れた。
その際、猫に思いっきり足を引っかかれた。痛い。

それから買い物に出かけた。
晴天の下、トラクターが畑を掘り起こしていて、春の訪れを感じた。農家のおじいさんが肥料の袋を運んでいた。
当たり前の、のどかで平和な日常。
私たちはこの日常を守っていくことも大切なのだ。
普通の日常を送ることを、恥ずかしく思うことも後ろめたく感じる必要も、きっと全くないはずだ。

夜はずっとFM802を聴いていた。
流れてくる曲は、優しさの溢れる曲ばかりで、思わず泣きそうになった。
音楽の力は凄いな。疲れた心にこんなにも沁みる。
そのまま802を聴きながら寝てしまっていた。
が、突然ハッと目が覚めた。
ラジオから流れる声…聴き慣れた声…
peridotsのオールライトが流れていた。ペリの声に反応して、目が覚めたようなのだ(笑)
やっぱり私は私だな、とおかしくなった。熟睡してたのに、好きな音は聴き分けるんだなぁ。

それからもFM802を聴いているが、suzumokuの素晴らしい世界が流れてきた時に、思わず泣いてしまった。
仙台に足止めされていたsuzumoku一行、今日無事仙台を出て富山に到着したとのこと。今はゆっくり休んで欲しい。

多くのライブが中止、延期になる中、電力を使わない弾き語りという方法でライブを開催しているところもある。
今は、被災地以外の人に音楽を届けるときだと思う。このままだとみんな疲弊してしまう。
音楽から力を貰おう。
貰った力で、自分たちに出来ることをしよう。

何も出来ないと嘆く必要はない。何かしたいしなければと思うこと、それが既に「何かしている」ことになるのだと、そう思おう。
些細なことでも、自分に出来ることを。


コメントの投稿

非公開コメント

言いたいことがあるんだけど、それをうまく言葉にすることができない。
と、ぼくが感じていることを、春木さんはくやしいぐらい(笑)的確に言葉にしてくれている。

やっぱり、ぼくは、春木さんの感性と文章が好きだ。

昨日、春木さんの「FM802でperidotsが・・・」というつぶやきを見つけて、ぼくもFM802を聴き始めた。
着けたときに、ちょうど「素晴らしい世界」が始まった。
聴いてて、涙が出た。
この涙の責任をsuzumokuにとってもらうべきか、春木さんにとってもらうべきか迷った。
けど、春木さんも、だったんなら、一緒にsuzumokuに責任をとってもらいましょう。

春木さんの言うとおり「何かしたい」と思うことで、すでにスタートしてるんですよね。

いろいろな形があると思います。
チャリティーソング、チャリティーライブに参加するっていうのもひとつの方法。

まず、祈ること、願うこと、思うこと。

No title

>supersonicさん

小学生の時、読書感想文で表彰状を貰った文才の持ち主です(笑)

いやいや、言いたいことなんて全然、言葉にできないですよ。
何とか言葉にしようと足掻いているだけです。
何が言いたいのかさっぱり分からなくなって迷走しています。
ただ、勢いだけで、真夜中に携帯に打ち込んでしまいました。

褒められることに全く慣れていない人間なので、どうしていいかわからなくなります(笑)

「素晴らしい世界」、イントロを聞いた瞬間に、勝手に涙が出てきました。
あのタイミングでこの曲は…責任とってもらうしかないですねぇ…

今の日本では、普通に生きているだけでも、それが既に支えとなっている気がします。
懸命に生きて、考えて。
何もできないと悲嘆しちゃあいけないと、自分に言い聞かせています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。