スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アートアクアリウム展

(2011-01-29)



大丸ミュージアム神戸で行われている、「アートアクアリウム展」に行ってきました。
アート+アクアリウムでアートアクアリウム。
「魚」を芸術として展示する。簡単に言えばそういうものです。

今回展示されているのは金魚。
趣向を凝らした水槽に、様々な種類の金魚が泳ぐ姿は、本当に美しかったです!

中でも目を引くのが、この巨大な金魚鉢、「花魁」。




ちょっと分かりにくいですけど、金魚鉢の下にも、鉢をぐるりと囲むようにドーナツ型の水槽が配置されています。
金魚鉢の方にはデメキンや琉金といった丸い体型の金魚、下のドーナツ型水槽にはコメットや朱文金といった鮒型体型の金魚が泳いでます。
金魚鉢を照らす照明の色は、赤や青、黄に変わるようになってます。
この写真では白い照明ですね。

金魚鉢の他にも、屏風の形をした水槽(ビョウブリウム)、あんどんの形をした水槽(アンドリウム)、花を活けてある水槽や万華鏡になってる水槽など…
意匠を凝らした水槽がたくさんありました。

(こう、○○リウムと付く語句が並んでると、ついつい「サカナクアリウム」を一緒に並べたくなるわ・笑)

アート水槽の他には、珍しい種類の金魚の展示など。
琉金も展示してあったのですが、どうやって育てたらこんなになるの!?と吃驚するような、大きくて美しいもので。
物凄く立派。
うちの家にも琉金が一匹だけいるんですが(私が飼っているわけじゃないけど)、展示されていたものに比べたら、

ちりめんじゃこ

みたいなものだな、と(笑)

こんなこと言うのはどうかと思うけど、買うとしたら…お高いんでしょう、ね。

あとは、正式な名前忘れましたが、パンダなんとかという白黒の金魚が可愛かったな。
でもやっぱり、個人的にはシンプルな和金が好きだなー

そういえば、入り口すぐのところにあった花の活けてある水槽(花瓶水槽)に、一匹鯉がいましたね。
大きな金魚?と思ってよく見たら、ヒゲが生えてた。
その鯉が凄く綺麗だった!
色は見事な白銀で、鰭が、吹き流しって言うんですかね?凄く長くて。
こんな鯉もいるんだなーと思って。


この展示、絵とかと違って生体だから、維持管理が大変だろうな…と思う。
水も汚れるだろうし餌もやらなきゃいけないし、金魚が死んでしまう可能性だってあるし。
実際、巨大金魚鉢の中の金魚、明らかに弱っているのが何匹かいたんですよね…
それがちょっと可哀相だったな、と…
私が行ったの、初日で、金魚がまだ水や環境に馴染んでないだろうからよけいにそれが目に付いたのかも。

あと、グッズがなかったのがちょっと残念。
あの水槽の写真をポストカードにしたのとか、もしもあったら欲しかったのになー


ただ、本当に美しい展示なので、観ておいて損はないと思います。
かなり綺麗でしたよ!

期間は1月29日から2月14日までです。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。