スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


涙と雨の祝福を

(2011-01-13)
最初は、その名前に惹かれた。
椿の名を冠するその名前を、美しいと思った。

雑誌で見かけたのが一番最初だ。
シングル「紫陽花/螺旋階段」が出た頃。
小さな、白黒の目立たないインタビュー記事だったよ。
でも、その名前が強く印象に残った。

実際に音を聴いたのは、それよりも少し後。
アルバム「薔薇とダイヤモンド」が出たとき。
CDショップで、素敵なジャケットのCDだなー!!と思って、手に取ってみたら、ずっとバンド名が頭に引っかかり続けていた「椿屋四重奏」のCDだった。
しばらく買うかどうか悩んだけど、最終的に購入。
2005年10月のこと。

椿屋を聴き始めてから、聴く音楽の幅が格段に広がったと思う。
椿屋がきっかけで、音楽を聴くのが趣味になった。
音楽を聴くようになった最初のきっかけがラルク、そして、音楽の楽しさを教えてくれたのが椿屋だ。

買って帰った薔薇とダイヤモンドを聴いて、
「格好良い!!椿屋良いなあ!!」
と思うのと同時に、
「音楽を聴くのって楽しい!!」
というのを強く感じた。

ライブに行くようになったのも、椿屋がきっかけだ。
2006年10月11日、BIGCAT。
この日初めて椿屋のライブを見た。
そして、これが初めてのライブハウスだった。
こんなにも強く、ライブに行ってみたいと思ったのは初めてだった。
初めて、自発的にチケットを取った。

以来ずっと、あの目映いステージに立つ彼らに魅せられ続けてきた。

私は「春木」と名乗っているけど、これは本名ではない。
椿屋の「椿」を貰った名前だ。
「椿」だとそのまんますぎて面白くないなと、
「椿」→「木春」→「春木」
とした。

だから、椿屋がいなければ、「春木」は存在しなかった。

椿屋が解散してしまって、これからも私が「春木」を名乗り続ける理由があるのだろうか?
そんな風に考えた。

このブログも、続けていく意味があるのだろうかとも…

「春木」も「茶寮猫柳」も、椿屋と共に在ったと言っていいから…
大切な支えを取っ払われたようだ。

ブログやめてしまおうかという考えもよぎったよ。

でも、やめないよ。
椿屋の解散をブログをやめる理由にしたくない。
まだまだ書きたいこともあるし。

椿屋が解散しても、椿屋四重奏というバンドは残り続ける。
彼らの曲は存在し続ける。

中田さんと小寺さんは、音楽を続けるという。
ならばそれを見続けていきたい。

そして、たかしげ。
椿屋のライブは、いつもベース側で見ていた。
淡々と、しかし時に攻撃的でしなやかなベースプレイも、真っ直ぐで綺麗な黒髪も、中田さんの無茶振りに困ったように笑う姿も、みんな好きだった。

私が一番好きなバンドは椿屋四重奏で、一番好きなベーシストは永田貴樹だ。

椿屋が解散しても、たかしげが音楽以外の道に進んでも、それはこの先ずっと、変わらない。

ありがとう、たかしげ。
本当にありがとう。



この二日ほどで、自分なりに椿屋の解散について消化できた気がする。
ただ、まだ笑顔でお礼や別れを言うことは出来ない。
音楽を続けるならそれを応援します!と笑顔で祝福することは、まだ出来ない。
そこまで達観できてない。

感謝も、これからを応援する気持ちもあるけれど、どうしたって悲しみが付きまとう。


そういえば去年のツアー、これが最後のツアーとなってしまったのだけど、大阪BIGCAT公演がソールドアウトしてたんだよね。
今まで、BIGCATはソールドしなかった。
それが最後にソールドアウトした。

中田さんが公式サイトに「悪足掻き」と書いていたけれど、その悪足掻きは無意味でもないし無駄でもなかった。間違っちゃいなかった。

ただ、だからこそ、まだまだこれからだったのに、と思わずにいられない。
BIGCATがソールドと聞いたとき、嬉しかった。凄いね、ソールドしたんだね、って。
そして、これからますます、チケットとりにくくなるんだろうなぁ…BIGCAT売り切れということは、次はなんばHatchとかでワンマンやるようになるのかなぁ…なんて考えてたから。

本人達が決めたことに、とやかく口を挟みたくないんだけども。
安高さんが抜けて、手島さんがサポートで入って、新体制でこれからずっとやっていくんだろうなぁ、と思ってたから。


うん。だからつらいな。苦しいな。悲しいな。
戻ってきて欲しいよ。

完全に受け止めるには、もう少し時間が掛かりそう。

でも、本当に、一番好きなバンドが椿屋四重奏だというのは、変わらないから。
代わりなんていないから。
その気持ちがあれば、頑張れる気がする。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。