スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


根拠のない自信を押しのけてそれでも歌った

(2010-12-06)
明日、あぁ日付変わったからもう今日だな。peridotsのライブです。

何か緊張してきた。
私が緊張しても仕方ないんだけど(笑)

今日というか昨日、約8ヶ月振りに髪も切ったし、準備は万端ですよー。
や、別にperidotsのライブに行くから髪を切ったわけではない

とも言い切れないか…

ライブに行くときくらい身なりに気を使いたい、そんなお年頃です(笑)

考えてみれば、peridotsのワンマンには何度か行ってるけれども、アルバムリリースを伴ってのワンマンは、これが初めてなんだよね。
今までは、リリースなしでのワンマンだったから。

MY MIND WANDERS、何度も何度も繰り返し聴いてます。
ただ、買ってから数日は聴くことが出来なかった。
家に届いた日に、一度だけ聴いて、それから数日間は全く聴いてなかった。聴けなかった。歌詞カードすら全く開かなかった。
中途半端に聴きたくなかったんですよ。
聴くなら、最初はしっかりとこれを聴くためだけに、それだけのために時間を取って、じっくり聴きたかったから。
じっくり向き合いたかったから。何かしながら聴く、とかは出来なかった。
届いてから5日後ぐらいにようやくその時間がとれて、聴くことが出来た。

一度ちゃんと聴いちゃったら、もう完全にスイッチ入っちゃいましたね。
馬鹿みたいに何遍も何遍も聴いてます。ながら聴きもできるようになりました…と言いつつ、聴き入っちゃって作業が出来なくなってしまうので、やっぱりながら聴きには向かないようです(笑)

ずっと、ライブで聴いてたメトロやオールライトといった曲たちを、こうやってCDで聴けることが嬉しくてたまらないんです。
このCDを手に出来たことが、嬉しくて幸せで。

peridotsが活動を始めてから8年、でしたっけ。
私がperidotsと出会ってからは、4年少々。
ようやくの1stフルアルバム。

ライブでしか聴けない曲たちを、CDで聴ける日を、本当に待ち望んでいた。

アーティストがいればCDが出て、それを聴けるのが、新譜を手に出来るのが当たり前、という風に思っているけど、本当はそうじゃないのかもしれない。
CDにならずにこの世から消え去ってしまう曲は、おそらく数多くあるんだ。
いくら素晴らしい曲だとしても。
たくさんのファンから音源化を望まれても。
アーティスト自信が音源化を望んでいたとしても。
それが叶わず消えてしまう曲はたくさん、ある。

peridotsの曲だって。
どこかの段階で、もしもタカハシさんが「もういいや」と投げ出してしまっていたなら、今私たちはこのCDを手にすることは出来なかった。
メトロもオールライトも夜のページも、音源化されることはなかった。

CDを手に出来る、ってことは、思っている以上に有り難くて尊い事なのかもしれない。

歌い続けてくれてありがとう。
音楽を辞めないでくれてありがとう。
そう言うことしかできない。

こんな素晴らしいCDを手にすることが出来て、本当に幸せだ。

タワレコのインタビューにあった、
「僕とPERIDOTSに関わる人たちの執念と魔法の塊」
という一文が印象に残っている。

このアルバムに関わった全ての人に、感謝を。

ありがとう。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。