スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MY MIND WANDERS

(2010-12-01)
肝心の、聴いた感想を書いてなかったですね。
MY MIND WANDERS。
本当はもっと早く、感想を書くつもりだったんですが。思い入れが強すぎるんですかね、なかなか書けなくて(笑)

全体通しての感想としては、とにかく音が綺麗だなーと。
そして、ライブっぽいというか。
余分な音が入ってないせいでしょうか。ライブで聴く感じに近い。
光太郎さんも言ってたっけ。音数が少ないって。
ギター、ベース、ドラム、ピアノ。そしてその中心にタカハシさんの声。
シンプルだけど、薄っぺらいとかは一切ない。むしろ濃い。
とにかく、歌が、声が、美しく聴こえる。歌をとことんまで引き立てるアレンジ、というか…
本当に歌が生き生きとしてる。
私は音楽に関する知識は皆無に等しいので、上手く言えませんが…

あと、このアルバムは、ヘッドホンで大きめの音で聴くのが好きです。
是非試してみてください、たまらないですよ。

では、ここからは、一曲ずつ感想を書いてみましょうか。
あくまで、私の個人的な感想です。あしからず。

1.My Mind Wanders

アルバムタイトルにもなっているこの曲。
ライブで何度か聴いているけど、何故か何度聴いても覚えられない曲でした(笑)
聴く度に、「この曲なんだっけ…」と。
で、「この曲こんなに格好いい曲だっけ!?」とその度に思ってた(笑)
こうやって音源化したのを聴くと、これは1曲目に相応しい曲だな、と。
アルバムがこの曲で始まる、その始まり方が好きです。


2.オールライト

ようやく音源化したー!!
イントロが美しくてそれだけで泣きそう(笑)
歌詞が凄く好きな曲です。
「~just fine」という歌詞の所の、fineの時の少し掠れたような声が好き。
あと、「いつの時代も~」の前に入る、ギターの「ガッガッ」って音が好きです。


3.メトロ

やっと音源化したー!!その2。
この曲、個人的涙腺決壊ソングみたいです。
勝手にボロボロ涙が出てくる…
本当に好きです、この曲。音源化して本当に嬉しい…
テロリストの悲哀を綴った歌だとは知らなかったな。
Quipのインタビュー読んで、そうだったんだ!!と驚いた。
そうと知って、改めて歌詞を読むと、あぁなるほど…と思える。
そして、なんだか更に切なくなってしまってボロボロ泣いてしまった。
コーラスが綺麗ですね。


4.急に石が飛んできて/Rhapsody Falls/罪

別々の3つの短い曲を、一つに纏めたのかと思っていたけど、違うんですね。
もともと一つの曲なのに、歌詞がバラバラに付いちゃったんですね。
…何でそうなるんだろ(笑)不思議だ。
ラプソディーフォールズが好きなんですね、私は。
確か、初めてperidotsのライブを見たときに、この曲もやったと思うんです。
前後2曲はなくて、ラプソディーだけ演奏してた…はず。
その時に、「あ、この曲好きだな」と思ったのを、覚えてる。
そういう思い入れのある曲です。
「罪」が終わった後、最後の音がシュンと消えていくような感じが好き。


5.Last One

この曲の存在は知っていたけれど、聴いたことはなかった。
今回音源化して、初めて聴いた曲。
サビのメロディがかなりツボです。
「妄想だらけのままごとで/腹一杯にはならないだろう」というフレーズが、妙に頭から離れない。
これ、ライブで聴きたいわぁ!!


6.Head to Toe

YouTubeの弾き語りを聴いて、これはバンドアレンジが映えそうな曲だなぁと思っていたけど、予想通り。
いや、予想を超えた格好いい仕上がり!
ベースとドラムの音が好きです。
YouTubeにはない、長いアウトロもクセになる。
しかし何度見ても不思議な歌詞(笑)
この歌詞も妙にクセになるんだよなぁ。


7.Nothing Is Coming

やっと音源化したー!!その3。
この、少し暗い雰囲気がたまらないんです。
なんだかゾクゾクする。
peridotsは、芯の通った低い声も魅力的ですが、その低い声を楽しめる曲でもありますね。


8.夜のページ

やっと音源化したー!!その4。
ああ、この曲をCDで聴ける日が来るとは…
やっと、「夜のページを聴きながら眠る」という密かな夢が叶いました…
美しいです。とにかく美しい。
この曲を初めて聴いたのは、MUSIC FREAKSでの弾き語りだったかな。
一瞬で、その美しい雰囲気に呑まれましたね。
ちなみにこの曲も、結構な個人的涙腺決壊ソング。


9.Tokyo to Tokyo

この曲楽しい!!
収録曲の中で一番楽しい曲ではないかと。
歌詞を見て、英語の部分がカタカナ表記なのにちょっとビックリした(笑)
「つがいの鳥などいない」なんかのところのメロディが好き。
あと、歌詞が好きだなぁ。
歌詞の意味はよく分からない所が多いんですけど(笑)
なんだか心に引っかかるフレーズがいくつかあるんですよね。
「私は粉々で/貴方は一枚岩/言わないで答えを」
「一人きりになるには/更に深い穴を掘らなくちゃ」
「トカゲが現れて/時計を隠しちゃうから」
「望みを捨てて/私についてらっしゃいな」
こういうフレーズが、何故か分からないけど、心に残る。

そういえば、MY MIND WANDERSの中には、穴を掘っている曲が2曲ありますね。


10.Life

Tokyo~の次にこの曲が来るのが、凄く良いです。
6月の東京ワンマンでこの曲を初めて聴いたとき、「サビの高低差が凄いな~!!」と思ったんだけど、改めて聴いてもやっぱり凄かった。
高いところから低いところへ下がり、再び高音へ。
その、低音からふわっと高音に上がる感覚が好き。
あと、最後の「あぁあー」の裏声の使い方が好きですねー。
歌詞に突然レンジとかイチローが出てくるのが面白いな。


11.どこへ

この曲でアルバムが終わる、その終わり方がまた良いんですよね…
Tokyo→Life→どこへ
というラスト3曲の流れが個人的に凄く良いなぁと思います。
それにしてもラストの高音がすっごいわ…どういう喉してるんだ、ホントに…



えーっと、ざっと感想を書くとこんな感じです。
もっと細かい「ツボポイント」は、まだまだたくさんあるんですが書き出すとキリがないのでやめときます(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

すごくいいライナーローツですね・・・。
アーティストへの思い、それぞれの楽曲への思いがかなり伝わってきました。

その瞬間、瞬間をすごく明確に覚えてはって、それをきちんと言葉に変換されてることにも感動しました。
それぐらいそれぞれの楽曲との出会いが衝撃的だったんですね。

でも、ここまで書かれると、“もっと細かい「ツボポイント」”も聞きたくなりますやん(笑)

月曜日は、思いっきり涙腺決壊してください(笑)

こんばんは☆

素晴らしいreviewですね!!!
私はすっかり書くのを放棄してしまいましたが
全部書いていただけてもう満足です(爆

My Mind~のライブでの印象が強くなかったこととか(苦笑
実は低い声が魅力的だったりすることとか、
Lifeのサビの高低差がすごいとか、
もう挙げだしたらきりがありません・・・
うんうん、って思いながら読みましたよ~

さて、いよいよ明日ですね♪
楽しんできてください(^^)/

>supersonicさん

いやいやいや、褒めすぎです褒めすぎです!(笑)
照れます(笑)

本当に待ち望んでいたアルバムなので…
曲とアーティストに対する愛情は気持ち悪いくらいあります(笑)
peridotsに出会ったばかりの頃は、ここまで執心することになろうとは思ってなかったです。

細かいツボポイントは、細かすぎて誰にも伝わらないレベルになってますので…
細かすぎて自分でも上手く表現出来ないものも(笑)

あの声を、歌をライブで聴けるのが楽しみです。
多分泣くでしょう…

>tamago♪さん

レビューというほど、たいしたものじゃないです!
ただの感情の垂れ流しです(笑)

My Mind~、今まではライブで聴く度に
「あっ、こんな格好いい曲だったんだ!」
と、その都度新鮮な気持ちになれて、それはそれで楽しかったのですが(笑)
こうやって音源化して、聴き込んでからライブで聴くと、また違う印象になるんだろうなーと、楽しみです♪
Life、あとTokyo~も結構高低差ありますよね。
よくこんな曲をサラッと歌えますよね、本当に…

あ、ライブ東京も行くことにしましたー。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。