スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫鳴り

(2010-10-14)
拍手・メッセージありがとうございました!


最近読んだ本の感想です。


・「続巷説百物語」 京極夏彦 

巷説シリーズ二作目。再読。
短編が繋がって最後の話に終結する、という形をとっているので、短編としても楽しめるし長編の面白さもある。
ラストの話が切ないです・・・


・「後巷説百物語」 京極夏彦

巷説シリーズ三作目。
舞台は明治。
一白翁こと山岡百介が、過去の話を語る、というような形がとられている。
再読して改めて気付いたけれど、この作品、京極堂シリーズとリンクしてるんですね。
あんまり書くとネタバレになるので書きませんが、京極堂シリーズのほうにも登場する名前が不意に出てきたりしてます。


・「猫鳴り」 沼田まほかる

モンという名前の猫と、その周りの人々の物語。
一部から三部に分かれています。
一部は、モンの子猫時代。とある中年の夫婦がモンを飼う事を決意するまでの話。
二部は、やり場のない混沌とした思いを抱える中学生の話。
三部は、モンの老年期。モンが息を引き取るまでの話。
一部と二部は、猫ではなく人が中心の話になっている。
三部は、猫と人の話だ。老いたモンと、それを見守る籐治。この第三部が一番心に残った。
先ほど書いたとおり、モンが死ぬまでの話。その死は、とても悲しい。でも、とても清々しくもあった。


・「前巷説百物語」 京極夏彦

巷説シリーズ四作目。これももちろん再読。
又市が「御行の又市」になるまでの話。
百介と出会う前の話だから、当然百さんは出てこないです(実は、ほんのちょっとだけ出てくるけど)。
若い、作中の表現で言えば青い又さんが新鮮だ。
又さんもだけど、林蔵も若いね。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。