スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大哺乳類展

(2010-06-11)
拍手ありがとうございました!

さて。
5日に東京に行ったもうひとつの目的。

それは、大哺乳類展を見に行くこと!

上野の国立科学博物館で開催されている特別展です。

2月にQUIET ROOMを見に東京に行った際、ライブを見に行く前に上野をぶらぶらしてたんですね。深い理由もなく。
その時に、この「大哺乳類展」の看板を見つけまして。
あ、これ見たい!!と思ったものの、その時はまだ開催期間前で、残念に思っていたんですよね。

まさか開催期間内に、再び東京に行くことになろうとは、その時は思ってもいませんでしたよ(笑)

今回Peridotsのライブで東京に行くことになって、そういえばあの大哺乳類展は開催期間いつまでだー?と思って調べたら、ぎりぎり開催期間内!
こりゃ行かねば!!ということで。
行ってきました。

もう、根っからの動物好きなものですから。
動物オタクの域に達してると思います(笑)
こんな素敵な企画、行かずにどーするよ!?ってなもんです。

会場の国立科学博物館に着いたら、まさかの30分待ち(笑)
正直、そこまで混雑してるとは思わなかったわー。
待ってる間、周囲の老若男女全てが関東弁を喋っていることに、軽く疎外感を覚えました。
誰も関西弁喋ってへんー(当たり前だけど)

中に入ると、哺乳類の剥製や骨格標本が、いっぱい展示されています!!
すっげー!!
古代哺乳類の化石とかもありました。
わー!凄い!

動物園に行けば、生きて動く動物を見ることが出来るけれど、でもそんなに近寄れないじゃないですか。
こういう展示だと、すごく間近で、動物の体を観察できる。
もう、生きてはいない動物たちだけれど。
その体のつくり、大きさ、体毛の一本一本、つぶさに見ることが出来ます。

もう、絶滅してこの世に存在しない生き物の姿も、見ることが出来る。

ホッキョクグマの大きさなんて、動物園で見てるだけじゃ分からないね。
あそこまで巨大だと思わなかった・・・
ツキノワグマが子供みたいだ・・

研究目的とはいえ人間の私利私欲のために殺されて剥製や標本にされて、そんなものを見て楽しむのは残酷だという考えも出来るかもしれないけれど。
でも、守るためには知らないといけない。
彼らがどういう生き物なのか。どういう風に暮らしているのか。今どういう状況に置かれているのか。
どれだけの生き物が、この世界に生きているのか。
それを知らなければ、守ることは出来ない。そもそも、守ると言う考えが生まれない。
どれだけの生き物が人の手によって絶滅の道を辿ったのか。どれだけの生き物が人の手によって絶滅にさらされているのか。

そんなこと、普段考えないでしょう。

何が出来るかなんてわからないけれど。
知ることによって何かが出来るかもしれない。

大哺乳類展、6月13日までは陸のなかまたちと題して陸上哺乳類の展示をやっていますが、今度7月からは、海のなかまたち、つまり海洋生物の展示が始まるみたいですよー。
わー・・・それも見に行きたい・・・

万が一、開催期間中にまた東京に行くことがあれば、見に行きます(笑)


大哺乳類展を見終えた後は、まだ時間があったので常設展も見物。

いやー・・・私、国立科学博物館で一日過ごせると思います。
楽しすぎる!!
もう、ここに住みたい!って勢いです(笑)
冗談ではなく、住めると思いますね、あそこに。

日本館に行けば、古い時計やら望遠鏡やら展示してあって、古い物好きとしてはたまらん!!いくら見てても飽きない!!
地球館に行けば、恐竜の化石やら動植物の標本やらがたくさんあって、これまたいくら見てても飽きない!!

いやー、楽しすぎる。
満喫しすぎて、自分が何を一番の目的に東京まで来たのか忘れそうになりましたからね(笑)


鉱石が展示してあるコーナーで「苦土かんらん石」を見つけて一人喜んだりしていました。だいぶ阿呆ですね。
ん?ああ、つまりですね。
苦土かんらん石の綺麗なやつが、宝石のペリドットになるわけですよ(笑)
そういうことです。だいぶ阿呆なんです。
まあ、展示してあるのはあくまで苦土かんらん石でしたが。うっすら緑色。宝石とまではいかないですね。


日本館は1階のみ、地球館は1階~B2階までしか見られなくて、全展示制覇はできなかったので、生きているうちに必ず、もう一回以上は科博に行きます(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。