スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Echoes & Walls 大阪

(2010-06-03)
6月2日 peridots “Echoes & Walls” @umeda AKASO


peridotsのアコースティックワンマンライブ大阪公演、行ってきました。
平日なのでちょっと、いやかなり無理して行ったんですが、無理しただけの価値はありました…
仕事休もうかとも思ったんですが、結局仕事してから行くことに。

会場にて、東京から来た友達と会いました。2月のQUIET ROOMの時にご一緒した方。

アコースティックで全席指定だったのですが。
椅子が…

丸椅子…(笑)

後ろの方の席は、背もたれのある普通の椅子だったのですが、前~真ん中の席は、丸椅子がズラーッと並んでるわけですよ。
いや、なんか、予想外だなこの光景は(笑)
学校の理科室の椅子が、あんな感じの丸椅子やったな…と、妙な懐かしさが…
あ、私は丸椅子席でしたよ(笑)
前から8列目くらい。

では、ライブの感想です。


小走りな感じで登場したタカハシさん。なんか唐突に出てきた感じでした(笑)
黒シャツに、ゆったりした感じのジーンズという服装。

1曲目は鳥。
イントロを弾いた後で、「こんばんはペリドッツです」と、囁くような声で挨拶。
鳥の弾き語り、聴きたかったんです。QUIET ROOMの時はバンド編成でしたから、今度は弾き語りが聴きたいなーと。
やっぱり、最後の高音部分が綺麗だ。

「まさかの背もたれなし(笑)。居眠りしたら、ひっくり返っちゃう」

ああ、タカハシさんもそこはツッコミますか(笑)
開演前に友達と「これ、うっかりしてるとひっくり返るね」というようなことを、まさに話してましたよ。

2曲目は"shoulder"。
この弾き語りは、聴くの初めてかな。弾き語りやとこんな感じになるんや・・・!
シンプルな中にタカハシさんの声が美しく響く。

3曲目はfollow the stars(in your heart)。
沁みる・・・ほんといい声、いい曲。

「この曲は、最初、サビ以外ラップにしようと思ってて。(ラップ風にちょっと歌う)でも、大人だし、冷静だったから、考えて『・・・ない!』って。大人でよかったです」

ラップ!?この名曲がラップ!?
や、それはホント、タカハシさんが大人でよかったです!!
ラップとか歌われたら、私泣くわ(笑)(私はラップが苦手なので)

あ、そうそう、今回は1曲終わるごとに何かしら喋ってた感じです。喋らずに2曲続けて、とかも多少はあったけれど。
曲は本当に凄くて、もう、うっとり聴き惚れて、感動してるのに、しゃべりだすと途端にがっくーんと脱力させられると言う・・・(笑)
感動すればいいのか、脱力すればいいのか、どっちやねん(笑)
本当に気が抜けるわ、この人のMCは・・・面白くて好きだけど・・・
歌ってる時と喋ってる時のギャップが、また魅力なのか?(笑)

どこで言っていたのか忘れたけど、「弾き語りが好きだって言う方もいらっしゃって有り難い。僕はこの曲は弾き語り、この曲はバンド編成って作っているわけではないし、弾き語りアーティストだと思っていない。だからこの話が出た時に大丈夫かなと思った」という感じのことを。だいぶ言い回しは違うかも。まあ、ニュアンスで。
「弾き語りの何がいいって、こうやってダラダラ喋れること。バンド引き連れてだと、こんなことしてたら段取りもなにもなくなっちゃう」ってな事も言ってた。

あと、これもどこで喋ってたか曖昧だけど、「大阪久しぶりです。この辺は、スラムっぽい感じなんですか?(笑)さっき奇声をあげてる人がいたけど」
スラム(笑)まあ・・・AKASOのある周辺は、確かにいかがわしい雰囲気漂いまくってますからね・・・(笑)
いかがわしい通りです、あそこは(笑)

そういえば、"shoulder"をやった後だったかfollow the starsをやったあとだったか、水を飲んで、「今この瞬間に口内炎が出来た気がする」とボソッと呟いていたのが、個人的にツボでした(笑)
そんな急に出来んでしょう、口内炎は(笑)

「peridotsの曲では珍しく楽しげな曲をやります。歌詞は暗いけど(笑)」と、4曲目はアイ・ウォント・トゥ・ビー・トビー。
トビーはトビー・マグワイヤのトビーだそうです。Peridotsトリビアだって(笑)
イントロちょっと失敗して、苦笑。
この曲、最初のハミングが好きです。あと、「テロリストになって世界中にヒアシンスを植えたい」ってところと。
ちゃんとした歌詞が知りたいなぁ。聴いてるだけじゃ、歌詞がよく聴き取れないところがあるから。

「やるつもりはなかったけど、セットリストを作ってる時にスタッフからリクエストされたので・・・(リクエストを)呑んだ。久しぶりにやるから間違えるかも」
そういって始まったのは話をひとつ。
わ、本当に久しぶりにライブで聴いたよ!!リクエストしたスタッフさん、ありがとう!!
最後の「ラララー」のところ、ほとんどマイクを通さずに歌っていた所があって、すごく良かったなー。マイク通さずとも、こんなにも響くんだ・・・

「憂鬱な曲を続けてやります。全体的に憂鬱だけど(笑)」
始まったのは、ナッシング・イズ・カミング。
・・・ゾクッとした。一番ゾクッとした瞬間かも。そのくらい、鳥肌が立った。
切々と歌うその姿、その声。
いや、もう・・・どう言葉にしたって、その瞬間感じたことは伝えられない。
とにかく、声が歌詞がメロディが、心に刺さってきて。凄い・・・
下から斜め上に向けて照らす照明が、ステージ後ろの幕に斜めに走る光のラインを作り出していて。それがまた美しくって。
なんだかもう、感情を揺さぶられすぎて、思わず涙が。

「去年の9月くらいから、YouTubeに次々と曲をアップすると言う嫌がらせみたいなことをやっていました(笑)あれは溜めてたわけじゃなくて、出来た曲をアップしていった。最初は違う企画で、今までの曲をやろうと思ってたんだけど。Peridotsにとって、曲が出来るって言うのは、詞ができるって言うこと。メロディはたくさんあるから。詞が出来た時に、新しい曲が出来たって。あの頃は、次々と曲が出来ていた時期なんです。でもある日友達に、『おまえ、最近詞がつまらなくなったって、2ちゃんに書かれてるぞ』って言われて。ズッ、って(笑)二回転半くらい、ズッコケた。受身を取っていたので、今ここにいるわけですが」

そのYouTubeの曲の中から、自分でも気に入ってる曲を、とHead to Toe。
あー、この曲タカハシさんが好きって言うのは、なんとなく分かる気がする。
私も結構好きな曲です。ギターの音と、面白い歌詞と、気に入っています。

8曲目はオールライト。
大好きな曲だ・・・弾き語りで聴いても、やっぱりいい・・・
身じろぎもせず、時折呼吸すら忘れ、じっとその声に聴き入る。
素晴らしいよ、本当に。
そして、嬉しくて嬉しくて、幸せで幸せでたまらない気分になった。Peridotsのライブに来れて、本当に嬉しい、って。

オールライトが終わって、タカハシさんギターを下ろす。水を飲んだ後、
「・・・呼び込んでから、お茶飲むべきでした。キーボード村田さん、どうぞ」
と、ここでキーボードの村田さん登場。
ハンドマイクで、キーボードの伴奏ということは・・・
「eyesという曲を」といいかけ、村田さんのほうを見て何故か吹き出すタカハシさん。
おーい、今なんで吹き出したの(笑)
「eyesという曲をやります」と言い直して、eyes。
この曲は・・・もう、圧巻としか言いようがない・・・
何度聴いても圧倒される。低音から高音まで響くその声。その声で歌い上げる世界。
凄まじい。
凄い、ではない。凄まじい。
時折怖くなる。美しすぎて。怖い。魂まで響く声が、歌が。
怖い程美しい。

続いて、もう一人のゲストを、とギターの光太郎さん登場。
三人で演奏したのは。Smile。
再び鳥肌が・・・YouTubeの曲の中で、好きな曲トップスリーに入る曲なので・・・
今日こうして聴けるとは・・・
いや、もう、言葉が出てこない、本当に。感動とかそんな安易に語れない感情。
また、涙が滲む。

「村田さん、またあとでー」と、村田さんは一旦退場し、光太郎さんはエレキギターに持ち替える。
始まったのは、労働。
何度もライブで聴いている曲。いろんなアレンジで聴いてるけど、それらとはまた違った雰囲気になっていた。
エレキが入っていたのはイントロとサビとくらいで、あくまでメインはタカハシさんの声とアコギで。
名曲だよなあ・・・

光太郎さん再びアコギに持ち替えて、リアカー。
最後の、残響と言うか余韻と言うか、凄く綺麗だった。音がなくなった空間に、タカハシさんの声の余韻が響いて、それが美しかった。

「むらっちゃん、むらっちゃんって言ったことないんだけど(笑)」と、村田さんをもう一度呼び出す。
三人で演奏したのは、春風吹かれたら。
もう何も考えず、ただただ聴き入る。綺麗な曲だ。

「次で最後の曲です。・・・まだアンコールあるけど(笑)。皆さんも分かっているでしょう、コンサートってそういうもんです」

本編最後の曲は、どこへ。
いや、ほんとにもう、なんにも考えられない状態。
半ば放心したような状態で、聴いていた。他のお客さんたちも、身じろぎひとつせず、聴き入っている。
それにしてもこの曲の高音部分、美しいな・・・
本当になんで、あんなに美しい声が出せるんだ。
これに聴き入らずにいられるわけ、ないでしょう・・・

曲が終わり、タカハシさん、お辞儀して退場。
そして、まあお約束ですがアンコールを待つ拍手(笑)

しばらくして、アンコールで出てきたタカハシさん。
腕時計をちらちら見つつ、「皆さんこのあと、どっかいくんですか?」と。

自分でやっていて自分で泣きそうになる曲を2曲続けてやります、といって、まずは長かった一日が終わろうとしている。
途中で、というか始まって割とすぐ間違えちゃって、「この曲間違えると思ったー!」と苦笑してた(笑)

続いては、季節感を全く無視してやりますと、秘密。
優しいラブソング。
なんだか、この曲を聴いている間、ものすっごくキュンとしてた・・・
なんかもう、こころが満たされて。幸せな気持ちでいっぱいで。
私普段、ラブソング聴いてキュンとすることなんてないのに・・・(笑)

タカハシさんは、「この曲は、一箇所だけなんです。僕は君のことが本当に好きなんだよ、というその一箇所に、ウッとくる。当たり前のこと言ってるだけなんだけど」って。

「本当はこの場で、何月何日にフルアルバム出します!とかって言う予定だったんだけど・・・Peridotsのことなので遅れてしまって・・・」
「こんな中途半端な次期に、ライブをやってお客さんが集まってくれることを、当たり前だなんて思っていない。こんなにたくさんの人が来てくれて、本当に有り難くて、そんなことを今日ずっと思いながら歌ってたということを感じてもらえれば・・・今更言うなって感じだけれど(笑)」
細かい言い回しは覚えていないですけれど、こういうニュアンスのことを言っていました。
最後のほうは、照れ隠し?

私は、あなたが歌っていてくれることが嬉しいよ、タカハシさん。
リリースがなくても、今どうなってるのか全く伝わってこなくても、こうやってちゃんと歌を届けてくれる。
歌ってくれている。
その声を自分が聴くことが出来る。
それが、本当に嬉しくて嬉しくて仕方ないんです。

最後は、村田さんと光太郎さんも再登場。
村田さんと光太郎さんは、グッズのTシャツを着ていました。「着たよー」と言って、ちょっと上着を広げて見せていた。
「僕が3色案を出して、その中から2色選ぶということだったんだけど、行き違いがあって3色とも作ってしまいました。こういうライブTシャツって、ライブの時しか着ないんでしょう?そうじゃなくて、普段にも着れるようなデザインにしています」と、タカハシさん。
確かに普段着に出来るデザイン。可愛い。

「さっき、リリースの発表が遅れるって言ってたの、全部僕のせいです」と、いきなり謝罪する光太郎さん。
「いや、そんな、いきなりそんな懺悔。ハハハ(笑)」って、笑いながらもタカハシさん恐縮してる?
「どのアーティストが悪いとか暴露しちゃいましょうか。いや、冗談ですけど(笑)」って、ん?一瞬黒コウキが出てきたような(笑)
時々ですが、ニコニコしながら怖いこと言いますからね、タカハシさんは(笑)

ラストの曲は、メトロ。
最後にこの曲・・・
泣くなと言われても無理。勝手に涙が滲む。
頭の中に鳴り響く声。心の奥底まで震わす声。
この声が聴けただけでも、私が生まれてきた価値があったんじゃないか、今生きている価値があったんじゃないか、そんなことすら思う。
本当に、私は、彼の声を聴くことが出来て、Peridotsに出会うことが出来て、良かった。
ステージに彼がいて、歌っていて、それを聴くことが出来る。本当に幸せだ。歌っていてくれてありがとう、タカハシさん。

タカハシさんが退場した後も鳴り止まない拍手。
ダブルアンコールあるのかな?と思いつつも、私は電車の時間があるのでダッシュで会場を後に。
出口付近にいたスタッフの男性が、鳴り止まない拍手を聴いて「さすがだな」と呟いていたのが、通り過ぎざま耳に入った。

あとで友達に聞いたところによると、時間の関係か曲はなくて挨拶だけだったそうです。
「詳しくは言えないけど、また今年中に大阪でライブをやる」と、そう言っていたと。
!!本当に!
嬉しいです!待ってます!
またあなたの声を聴きに行きますから!!

私はと言うと、ダッシュしたおかげでギリギリ電車に間に合いました(笑)私が飛び乗った3秒後くらいにドアが閉まって発車しました。電車の本数少ないから必死。
比喩ではなく本気で走りましたから。駅まで。普段運動しない人間が急に走ったりするもんじゃないです。
息が切れて死ぬかとおもたわ(笑)


セットリスト。
いまいち曲順に自信がなかったのですが、多分これで良いみたいです。


01.鳥
02."shoulder"
03.follow the stars(in your heart)
04.アイ・ウォント・トゥ・ビー・トビー
05.話をひとつ
06.ナッシングイズカミング
07.Head to Toe 
08.オールライト
09.eyes
10.Smile
11.労働
12.リアカー
13.春風、吹かれたら
14.どこへ


・アンコール・

長かった一日が終わろうとしている
秘密
メトロ


グッズのTシャツ、私は買わなかったのだけど、今更になって欲しくなってきたよ・・・
東京公演で買おうかな・・・
って、はい。東京公演も行く気満々ですので(笑)
はは。どこまで惚れ込んじゃってるんでしょうね、あの声に(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは☆
今回ある意味堂々とネタバレできるので(苦笑)レポ読ませていただきました!
やー、もう、どれだけすごかったかってのがガンガン伝わってきましたよー。
すさまじい、ってのはほんと分かるような気がします・・・

いろいろあるのですがキリないので(汗
新曲(=YouTubeの曲)でいうと、1曲目に「鳥」歌うところからしてすごいですよね。
まあ確かに最初にあがった曲ですけど、そして2月のときも最初に歌ってましたけど、
あの半端ない高音ももはやどうってことないんでしょうかねえ・・・
あと、私はもう「Smile」がダントツで好きなので、もううらやましいです(涙

リリースも、そして大阪でまたライブもとのことで、
なかなかに精力的でうれしいです(笑・何様
そうです、あの歌を聞かせてくれれば、もうそれだけでいいんです。。。
次いつ聞けるかな・・・

うらやましい・・・

わたしもAKASOに行っていました!
3列目左はし付近にいました。
本当に素晴らしいライブでした。
東京にも行かれるのですね?
ああ、うらやましい・・・楽しんできてください!

No title

>tamago♪さん

土曜日はありがとうございました!

こんな長々とした感想を読んでくださって、ありがとうございます。
やー、本当に凄まじいと表現できる声です。ホント・・・
鳥にしろ、他の曲にしろ、何であんなに軽々と、綺麗な声で高音が出せるのか・・・
別に女性っぽい声ではなく、あくまで男性の声であの高音ですから・・・
Smileは私も大好きな曲なので、聴けて良かったです・・・
早く、tamago♪さんが生で聴ける機会が訪れますよう!!

次いつライブやるのかな・・・
大阪ではやるって言ったみたいですけど、はてさて。

No title

>Rinkoさん

3列目ですか!結構前ですねー!
あ、私も左端のほうにいました。列はもっと後ろでしたが(笑)

チケットを取ったものの、東京まで行こうかどうか悩んでいたのですが、
大阪のライブを見て吹っ切れました。
悩んでる暇があるなら行ってしまえ!と。
行ける時に行っちゃえ!と、行ってきました。
東京も素敵なライブでした!若干グダグダでしたが・・・(笑)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。