スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MINAMI WHEEL 2009 10月31日

(2009-11-02)
さて、今年のMINAMI WHEELは、結局10月31日と11月1日の二日間、行ってまいりました。

実を言えば、10月30日の夜になんばHatchで行われた、「MINAMI WHEEL 2009 EXTRA -MIDNIGHT STRANGER-」に、一番行きたかったんですけどね・・・
→Pia-no-jaC←が出演してたので・・・
でも、金曜日にオールナイトのイベントに行くことなんて、できるはずもなく。何とかして行けないかと往生際悪く考えた末、どう考えても無理と言う結論に至り、諦めました・・・
あー、なんばHatchでピアノジャック、見たかったよー。

で、まあそんなわけで、当初の予定通り、10月31日と11月1日の参加と相成ったわけです。

では、まずは10月31日の感想を。

あ、今年のミナホは、初めてライブを見るアーティストばかりでした。 
15:15~ back number @CLUB QUATTRO

まず一番最初に見たのは、back number。
この日一番の、お目当て。やっとライブを見ることができました。今年の春にハマって以来、ずっと見たかったんですよ。
セットリストは、春を歌にして、重なり、3曲目は私の知らない曲、で最後に西藤公園。
4曲。ちょっと物足りない。もっと聴きたかったなぁ。海岸通りが好きなので、聴きたかったです。
でも、初めて生で聴いた春を歌にしては、すごく綺麗で、やっぱりいい曲だな・・・と聴き入りましたよ。
重なりはすごくカッコよかったし。重なりの、サビに入る前の「ジャッジャッ」と言う音が好きなんです(伝わりますかねこんな表現で)。それが聴けて、最高。
3曲目は、「君のスカートの裾のゆれ方がいつもと違う」?うろ覚えですが、そんな感じの歌詞のある曲でした。
ラストにやった西藤公園、すごく良かった!この曲、実はあまり聴いていなかったんですが、改めて聴いたらめちゃくちゃいい曲じゃないですか。歌詞もメロディも、心にしみる。
ライブが終わったあとも、西藤公園がずーっと頭の中で響いていました。
一箇所、マイクを通さずに歌っていたのが、印象的でした。

メンバーに関しては、ボーカルの清水さんは、予想通りの面白い人でした(笑)
いいキャラしてるわーこの人。MCが面白すぎる。
「今日はトップバッターと言う大役を任されたわけですけど・・・無理です!乗り越えられません。皆さんの協力が必要です。別に手拍子が欲しいわけじゃないですよ?見つめてください。子供を見つめる親のような視線でね」
「今からチューニングと言う間に耐えてください。人と人との付き合いの仲にも、試練を乗り越えていくことは必要なんですよ(チューニングの間、ずーっとしゃべってる)・・・チューニングの片手間に喋ってるやつに、人と人との付き合い方について語られたくないかも知れませんけどねー」
「FM802の皆に拍手を!彼ら彼女たちの頑張りがなければ、皆さんも、ミーたちもね、ここにいれなかったかもしれない。あれー、今の(=ミーたち、)気に入ってるんだけどウケないなぁ。もう言いません」
まあ、かなり大雑把なニュアンスですが、こんな感じのことを喋ってました(笑)

あ、あとですね、ベースの小島さんの髪の毛がサラサラで見惚れました。
サラサラ直毛、好きなんです。



16:15~ WEAVER @OSAKA MUSE

クアトロからMUSEに移動して、二組目はWEAVER。
ピアノボーカル、ベース、ドラムのスリーピースバンド。神戸のバンドなんやねー。
VMCだったかスペシャだったかでPVをみて、気になったので見てみることに。
最近、ピアノの音が好きで、ロックなピアノを聴いてみたかったのもあって。
ピアノカッコよかったです!ピアノロック、良いなぁ。綺麗な音で、尚且つすごくロックですごくカッコよい。
ベースの人が、すごく楽しそうに演奏していたのが印象的でした。
ドラムさん、髪型や顔立ちが可愛らしい感じで、一瞬女の子?と思ってしまった。男性ですよね(笑)
彼は喋らなかったんですけど、たまに客席に向かってニコッとしてたのが可愛かったです。
曲は「白朝夢」、好きだなぁ。あと、白朝夢の後だったか?にやっていた曲が好きな感じでした。
ちなみに、入場規制がかかっていたようですよ。


WEAVERが終わったあと、一回BIGCATへ。17時台のBIGCATはシークレット枠だったので、一応誰が出るのか確認しようと。
確認だけして、一瞬で立ち去りましたけど(笑)
次はAtlantiQsでplentyを見るか、クアトロでavengers in sci-fiを見るか迷ったんですが、plentyは絶対入場規制かかってる!と判断し、クアトロへ行くことに。
実際、入場規制が掛かっていたようです、plenty。



17:15~ avengers in sci-fi @CLUB QUATTRO

BIGCATから超特急で向かったクアトロ。到着したのがちょうど15分くらい?
もう始まってるかな?と思ったのですがまだ始まっていなかったので、一安心。
というか、その後なかなか始まらない(笑)。綿密にサウンドチェックをしていました。結局始まったのは、17時25分頃。
踊れる感じで楽しかったです。というか、お客さんがすごく楽しそうで、それを見ているのが楽しかった。
盆踊り状態でしたね(笑)。楽しそう~
1曲目にやっていた曲、聴いたことのある曲でした。ラストにやっていた曲が結構好きだなー。新曲と言っていた曲も良かったです。
そういえば、ライブ前にアンプが壊れたらしいですよ。昨日まではちゃんと使えたのに、と、ぼやいていました(笑)



18:00~ chaqq @BIGCAT

なんとなく見ることにしたバンド。
到着したら既にライブ始まっていました。1曲目の途中ぐらい。
スリーピースバンドでした。
ふと、この日それまでに見たバンドがすべて3人組であることに思い至り、ちょっとおかしくなった。
本当に偶然、そうなったんですけど。
ドラムさんのMCがとても面白かったです(笑)。ノリがお笑い芸人みたいでした(笑)



19:00~ カラーボトル @AtlantiQs

入場規制掛かりました。
人でいっぱいの会場内。
ライブ前に、FM802のDJ大抜卓人さんが登場。タクトさんの番組のオススメアーティスト枠、って事だったらしいです。
タクトさんがバンドの紹介をしてから、カラーボトル登場。
いやー盛り上がりましたね!
ステージを、所狭しと動き回るボーカルさん。何度も客席側に体を乗り出したり、天井に触ったり、ステージ横の棚?いや棚じゃないかもしれないけどそこに登ったり。
曲はぜんぜん知らなかったんですが、そんなことは全く関係なく楽しめました!本当に盛り上がりましたよ~。
ボーカルさんが「この会場小さいよね!?もっと大きいところでやりたい!」と言い出すから、BIGCATでやりたい!とか言い出すのかと思いきや、
「大阪城ホールでやりたい!」
って。あ、そこまでデカイんだ!?(笑)予想以上にでかかった(笑)
大阪城ホールはいきなり規模が大きすぎるにしても、もっと大きい会場で見てみたいなと思いました。
あ、そういえば何故かボーカルさんのステージドリンクが、パックの麦茶でした(笑)
あと、ボーカルさんギターさんにキスしてたよ、ね?前の人の頭でよく見えなかったんだけど、キスしちゃってましたよね、あれ(笑)


20:00~ アンダーグラフ @BIGCAT

本当は、20時台は、somaに出ていたRe-Trickが気になってたんですが・・・
soma駅から遠い!(笑)。EAST AREAだから5分スタートだし。
20時半ごろには、駅までぴゃっと行ってぴゃっと電車に乗って帰らなきゃダメだったんですよ。
そのためsomaは断念し、駅からも程近く20時ちょうどスタートのBIGCATへ。
アンダーグラフ、一度見てみたかったし、まあいいかな、と。
ここまで一切休憩を挟まず動き回っていたため、さすがに疲れ、ライブが始まるまで床にへたり込んでいました(笑)
1曲目はツバサをやっていました。この曲、実は結構好き。
この曲以外もいい曲でしたねー。曲もいいですし、ライブもカッコよかった。
なんだよーカッコいいじゃんかよー、と。
終わったらできるだけ早く帰るため、会場後ろのほうにいましたが、もっと前で見たかったなー。
今年、結成10周年らしいです。
10周年という節目の年に、どうしてもミナホに出たかったんだ、と言っていました。



帰宅時間の関係により、私の10月31日のミナホはここで終了。
トリ(21時台)のアーティストは見ずに帰りました。
もし、最後まで見れたとしたら、HaKUを見に行きたかったんですが・・・

帰り道、心斎橋のOPAの前で仮装集団がたむろしていたので何だ?と思ったら、ハロウィンだったのですねー。
自分の中に全く浸透してない行事なもので、すっかり忘れていました(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

偶然見つけてしまいお邪魔します
はじめまして

私もカラーボトルとアンダーグラフ行きました
カラーボトルは最前列で見たので、ほんまにすごかった
自分の頭の上をボーカルの竹森君が通ってるような感じでした

本当にあの曲数でワンマン並みに盛り上げるパワーは凄すぎ

パックの麦茶はちゃんと終わったら持って帰ってましたよ
しかしカラーボトルのライブ何度も行ってますが紙パック麦茶??なぜ??と始める前から気になって・・・

アンダーグラフのラストの「心の瞳」かっこよすぎです

>トマトさん
コメント、ありがとうございます!
カラーボトルとアンダーグラフ、行かれたんですね。
カラーボトル、最前だったら、本当に真上にボーカルさんという感じだったでしょうね!
私は真ん中辺りにいましたが、それでもかなり近かったですから。
麦茶、何ででしょうね?(笑)
一瞬、パックのお酒に見えて焦りましたが、よく見たら麦茶だったので思わず笑ってしまいました。
ちゃんと持って帰ってたんですね。置きっ放しにしたら邪魔になりますからね(笑)

アンダーグラフ、あんまり曲は知らなかったのですが、いい曲ばかりでした。
今度ちゃんとCDも聴いてみたいと思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。