スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SOUNDS GREEN 2009

(2009-09-25)
FM802 STILL20 SOUNDS GREEN 2009 @大阪城野外音楽堂
出演:→Pia-no-jaC←、GOING UNDER GROUND、さかいゆう、河口恭吾、大橋トリオ、cutman-booche、秦基博

行ってきましたー。今年4回目の大阪城野音。
今回は、雨、降らなかったよ!!(笑)。4連続雨降ったらどうしようかと、それだけが心配でして。
本当に良かった、雨降らなくて。
残念ながら気持ちのいい快晴とは行かず曇り空でしたが、緑に囲まれ素敵な歌声に包まれ、本当に素敵なイベントやなぁと。
こんな素敵なイベントを行ってくれてありがとうございます、802!

それでは感想を。
あ、ちなみに私は前から7列目くらいの左よりの席にいました。

☆→Pia-no-jaC←
今回のお目当てその1、→PJ←さん。おかえりー!
オープニングアクトです。一応、オープニングアクトです(笑)
オープニングアクトとは思えないほどの盛り上がりっぷりでございました♪
初っ端からテンション高っ、てね(笑)
セットリストは、

1.メインストリート・エレクトリカルパレード
2.台風
3.第九
4.うさぎDASH
5.jack

オープニングアクトで、5曲もやるとは全く思っていなかったので、少々ビックリしましたよ。
え、そんなにやって大丈夫なん?って。
今までに見た、「オープニングアクト」と冠するアーティストの中で最長時間、最多曲数です、間違いなく。盛り上がりも一番。
我慢できずに立ち上がってノリノリでした!手拍子しすぎて手が痺れました!(笑)
服は白いツナギでした。わーい、ツナギ初めて見れたー♪
ステージ上での馬とびも、初めて見れました。広いステージやからやってくれるやろうと、思ってましたけど。
HIROさん最初帽子被ってたけど、演奏始まった瞬間に落ちてましたね(笑)
うん、まぁ、確実に落ちるやろうとは思ってたけど(笑)
HAYATOさんは椅子蹴っ飛ばしてたし。あんまし無茶なことして、また腰痛めんとってくださいね?
1曲目のときに、HAYATOさんが後ろ手でピアノを弾きながら、こっち(左のほうの客席)に向かって満面の笑顔でピースしてたのが、可愛かったです。その笑顔が可愛くてたまりません(笑)
客席、盛り上がっていて、ほんまに盛り上げ上手やなぁと。
うさぎDASHでみんな笑顔なのが、うれしくて楽しくて。うさぎは楽しい曲ですね~。ね?楽しかったでしょう?
もう、本当に楽しい!最高でした!
あ、そういえば。私、jackの時に「カホーン、ヒロ!」って言う時のHAYATOさんの声が、何故かすごく好きなんですけど。ほか喋っているときはそんなに思わないのに。何故なんだろう(笑)
最後退場するとき、HAYATOさん、バナナを客席に投げてました(笑)
その間、HIROさん、先に退場するのかと思いきや、ステージ端でHAYATOさんが来るのを待っていました。その姿に、なんか和みました。

HAYATOさんのブログ読んだら、やっぱりペダル、破壊してたんやね・・・なんかおかしいな、とは思ってたんやけど(笑)


☆GOING UNDER GROUND
初めてライブを見ました。
野外向きのバンドだなぁ、と言う印象。外の空気に合ってるね。
聴いたことのある曲も何曲かあったなぁ。
ベースのお兄さんが格好よかったです。ああいう雰囲気の人、好きです。

あ、ゴーイングがやってるときに、ステージ袖で秦君がライブを見ていて、それに気づいた私の周囲の秦君ファン(たくさんいた)が一瞬沸き立っていました(笑)。ちょうど、ステージ袖が良く見える位置やってんね。


☆さかいゆう
曲は、ラジオとかでちょっとだけ聴いたことがありました。
シルキーで綺麗な声です。
なんか、熊のぬいぐるみが動いている感じで可愛かったです。
1曲目がラストに差し掛かったときに、ピアノを弾いた拍子に帽子が落下して、焦って被りなおして、「狙ってやったんじゃないよ!」とアセアセしながら言っている姿が可愛かった(笑)
客席から聴こえる「可愛い」の声に、「可愛いって言わないで!」とも(笑)
曲は3曲やっていました。


☆河口恭吾
曲は知っていますが、ライブは初めて見ました。
いやー、まさか、あんなに爽やかに朗らかに、下ネタを話す人だとは思っていませんでしたよ!(笑)
歌っているときは爽やかなのに。
喋れば飛び出す放送禁止用語(笑)。しかもやたら楽しそうに。
「ここはラジオでまるっとカットされるでしょうねー。今ので、ファンが半分くらい減ったと思いますねー」って、面白すぎる(笑)
曲よりそのMCが印象に残っちゃって(笑)
でも、下ネタ言っても、ぜんぜんいやらしい感じがしないですね。あくまで爽やかな雰囲気。


☆大橋トリオ
本日のお目当て、二組目。ライブ見られるの、楽しみにしていました。
初めて生で見る大橋さん。細くて背が高い。ハットが素敵です。
魅惑の低音ボイスは、生で聴いてもやっぱり素敵でした。ええ声や・・・
地声も低くて、渋い感じで格好良い。男前な声やね。
大阪城野音でやるのは2回目です、って。
知らない曲も多いので、セットリストは分からないですが、3曲目にA BIRD、4曲目にBAUMKUCHENをやっていたはずです。
どちらも大好きな曲で、ぜひ生で聴きたい!と思っていたので、聴けて本当に嬉しかったです!!
やっぱり生で聴くのはいい。CDで聴くのとは違う。
特に、BAUMKUCHENが、本当に良かったです。サビの部分にうっとりと、聴き入ってしまいました。低音が耳に心地よい。

乾きだす時の砂よ
憧れを追い越しても
戻れない月の夜に
響く月の調べみたいに

この箇所が特に好きです。良かったです。心にじわっと響いてくる感じ。
ああ、ワンマンも、行ってみたいなぁ・・・でも平日・・・行けないか・・・
もっとたくさん、聴いてみたいなぁ・・・


☆cutman-booche
ライブを見るのは2度目。
前回見たときの印象が良かったので、今回見れるのを楽しみにしていました。
夕暮れ時が似合うバンドだと、勝手に思っています。前回見たときが夕暮れ時で、そのときの雰囲気がすごく良かったので。曲と、夕暮れ時の雰囲気が、合っていたんですよねー。
今回も夕暮れ時。
気持ちの良い歌声に、ゆらゆらと、身をゆだねていました。心地よい。
そういえば大阪の人やんね。焼肉だかホルモン焼きだかの、キョロちゃん?ってお店が美味しいから、行ってなーって、そんな宣伝をしてはりました(笑)


☆秦基博
トリは秦君。会場にいる人の半分以上は、間違いなく秦君ファンだったと思われる今回のイベント(笑)
本当に良い声してるよね。声量もあって、歌も上手い。あの声は生で聴くと、たまりませんね。
思わず惚れそうになる(笑)
1曲目に、鱗、やっていました!この曲好きなので、聴けて嬉しかった!
この曲が聴けただけでも大満足です。好きなんです。
結構、私、秦君の曲知ってるなぁ。デビューして間もない頃から、802で聴いているからかな。
SOUNDS GREENに出演するのは2回目で、前回はオープニングアクトだったと。そのときが初の大阪でのライブで、「初めて大阪に来ました」と言ったら、大ブーイングだったと、そんなことをMCで言っていました(笑)
秦君はアンコール2曲ありました。
1曲は、ゲストに冨田さんを迎えて、一緒にやっている曲を。
ピアノの音と、秦君の声と、そして秋の虫の声が一緒になって、すごく綺麗でした。
沁みますね。


本当に、いい声のアーティストばかりで、すごく気持ちよかったなぁ。
これからもこのイベントは続けていって欲しいです。





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。