スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


The Sound of Music

(2009-07-28)
なかなか梅雨が明けませんね。すっきりしない。
そんな中私は「パソコンに触りたくない病」に罹っております(笑)
パソコンの前に座るのが億劫で仕方ない。パソコンに触りたくない。
何でしょうねー?まあそのうち治るとは思いますけど。

というわけでだいぶ遅くなってしまいましたが、FoZZtoneのニューアルバム、「The Sound of Music」の感想を。

とりあえず一言言わせて貰うと、

「NAME」が名曲です。

これは良い。名曲。
この曲は、CD発売前に、ラジオで聴いたのかな。そのときに、「これ良い曲!」と思って。
その次にスペシャか何かでPV見て、鳥肌たって。
CD買ってからじっくり歌詞を見ながら聴いて、やっぱりぞわぞわ、鳥肌。本当に名曲だと思う。

僕の名は
誰かに呼ばれる度に
心を生かしているよ

君の名は
誰もが讃える為に
心にかざしておくれ

気高く生きていたいと
思うよ 僕もそうだよ

って、歌詞が凄く良いと思うんだ。
好きなんだよー、この曲の歌詞。

あ、あとNAMEのPVの渡會さんの表情が個人的に好み。

NAMEと同じくらい気にいっているのが、「NIRVANA UNIVERSE」。
カタカナ表記の場合、ニルヴァナユニヴァス、と表記するらしいですが(笑)。涅槃世界。
この曲はメロディがツボ。私こういうメロディ好きだよねーという、まさにそのど真ん中を行くようなメロディだ。

この2曲以外も、もう本当に、良い曲ぞろいじゃないか!凄いじゃないか!と言った感じで。
名盤といって差し支えないのではないのかと。
ロックだよね。在り方がロック。
くるくると表情が変わるくせに、底にぶれない真っ直ぐな芯が通っているような。ふざけているようでもあり、でもこれ以上ないくらい真摯でもあり。
ロックだ。音楽だ。

音楽、その音楽。

どこか人を食ったようなタイトルの「死んだというのは聞かないが」から、どこか人を食ったような歌詞の「JUMPING GIRL」の、ライブだと物凄く楽しそうな曲の流れが、凄く好き。
優しい雰囲気の「ホールケーキ」も、凄く綺麗で素敵。
「I play the guitar」は、《軽音楽部の男子高校生4人が、部屋でわいわい騒ぎながら楽しげに演奏している》といったイメージ。最後に入っている会話「もう一回やらせて!」「ダメ」がなんか面白くて好きです。
「日本語版のみボーナストラック」という、これまた人を食ったような注釈の付いた「のぞみ」も、良い曲だなぁ。
FoZZの曲には、そういえば「ひかり」というのもあるよな。新幹線?(笑)

あと、ブックレットの写真やレイアウト、紙質などが非常に私の好みで、このブックレットだけでも買った価値はあったな、と。

ああ、ますますFoZZtoneのワンマンライブ行きたくなってきちゃった・・・
でも、大阪公演は平日なんだよなぁ。どうしよう・・・行きたいなぁ・・・
ライブでNAMEを聴きたい!!




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。