スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本いろいろ

(2009-03-16)
拍手くださった方、ありがとうございました!励みになります。

なんか毎回毎回ライブレポが長くてすみません。
もっと短いほうが読むほうも書くほうも楽だとは思うんですが、なんかついつい長くなってしまって(笑)
もう短くすることを諦めてます。
あ、Peridotsのライブレポの中にあった「妙な誤字脱字」は修正しましたので(笑)
もしかしたらまだ間違っているかもしれませんが。
タイトルからして間違ってたからね(笑)。Worldの綴りが変でしたね(笑)。そんな簡単な単語の綴り、間違えるなよ、自分。
ああ馬鹿が露呈してしまったわ(笑)


今日は本の感想。
冊数が多いので短めに。
最近読書ペースが落ちている気がする。

・「ブラックペアン1988」 海堂尊
チームバチスタの栄光でお馴染みの作者の作品。今回、この人の本は始めて読んだ。
私にはあまり医学物は合わないかもなー。読むのに時間がかかった・・・。
それでも最後まで読みきれたのは、やっぱり面白いからだろう。

・「親指の恋人」 石田衣良
普段は全くと言っていいほど恋愛物は読まないんだけど、読んでみた。
軽くさくっと読める本を読みたいと思ったんだけど。まあわりっとさらっと読めたけど。内容は暗いね(笑)
中村さんのイラストが可愛らしいなぁ。

・「草祭」 恒川光太郎
恒川作品に流れる幻想的で、怪異的で、どこか切なく、儚く、淡く美しい雰囲気が、やっぱり私は好きだ。
どことなく、「蟲師」に流れる雰囲気とも似ているかも。
こういう世界観が好き。

・「火村英生に捧げる犯罪」 有栖川有栖
火村シリーズの短編集。ショートショートくらいのとても短いものもあり、ちょっと長めのものもあり、集録作がバラエティに富んでいて、面白い。
今回はちょっぴり、アリスが探偵っぽくなっている作品もあります(笑)

・「夜を守る」 石田衣良
これは結構好き。
池袋シリーズと似た雰囲気がありつつも、池袋シリーズよりのほほんとしていると言うか、穏やかというか。マイルドな感じ。
ガーディアンの4人、基本へたれだからね(笑)
シリーズ化しないかな?

・「カレンダーボーイ」 小路幸也
1968年と現代とを行ったり来たりするようになってしまった二人の男。彼らは、過去の世界で、三億円事件によって心中に追い込まれた少女を助けようとする。
途中までは面白かったんだけどなぁ。ラストがなぁ。もうちょっと、この世界での三億円事件の真相とか、里美ちゃんを助けるシーンとか、詳しく書いてほしかったなぁ。なんか消化不良な感じ。
都合よく話し進みすぎだろーと言うシーンも多々あり。
なんか微妙だなぁ。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。