スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう春?

(2009-02-21)
昨日のミュージックステーションにlego big morlが出ていましたねー。
長身だ長身だとは思っていたけれど、本当に背が高いですね、こうやって見ると。
他の出演者と並ぶと、長身が際立つなぁ。平均180センチって。でかい。
あ、legoのライブチケット取りましたよ。5月の心斎橋クラブクアトロ。5月だからまだ少し先ですが、楽しみ。


最近読んだ本の感想!

・「平台がおまちかね」 大崎梢
出版社の新入営業社員の青年が主人公。
日常の謎系の連作短編ミステリです。
主人公が出版社の営業職ということで、出版社や本屋さんの裏側についてもちょっと知ることができます。
成風堂書店シリーズのあの子が、ほんのちょっと出てきてましたね。成風堂書店シリーズと同じく本屋が舞台だから、どこかで出てくるんじゃないかと思いましたが、そういう形で登場するとは。


・「幸福な食卓」 瀬尾まいこ
ある家族の、再生の物語だと思います。
どこか壊れちゃってるんだけど、読んでいても、なんとなくほのぼのとしているというか。
別にこういう家族のあり方もいいんじゃないか、とも思うけれど、やっぱりどっかずれてるんだよね。
登場人物はみんな優しい人ばかりだ。
優しくて愛しい、そんな物語。
なんとなくだけど、小川糸の「食堂かたつむり」を思い出した。ちょっと根底に流れる雰囲気が似てる、かも。


・「日暮し」 宮部みゆき
講談社文庫で、上・中・下の3冊に分かれて出ています。
「ぼんくら」に登場した、同心・井筒平四郎や彼の甥っ子・弓之助が登場する歴史ものミステリです。
「ぼんくら」の続編的作品。「日暮し」だけ読んでも十分楽しめると思いますが、やっぱり「ぼんくら」を読んでから「日暮し」を読んだ方が良いと思います。
宮部みゆきはやっぱり文章の書き方や人の心情の書き方が上手いです。
この人の文章読むと、なんか安心する。こんな文章が書けるようになりたいものです。


そういえば、一昨日かな?鶯の鳴き声を聞きました。今年初めて。
今年はいつもの年よりも早く鶯の声を聞いた気がするなぁ。まだあまり上手く鳴けていなくて、「ケキョケキョ」という感じの鳴き声でしたが(笑)
昨日の晩御飯はふきのとうの天麩羅でしたよ。
もう、春なのですかねぇ。
でも今日は結構寒くて、時折雪のような霙のようなものが降っていましたけどね。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。