スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


UNAGI in OSAKA

(2009-01-18)
昨日はAPOGEE永野さんのソロライブ、『UNAGI in Osaka』に行ってきました。
場所はdigmeout Art&DINER。
この場所に行くのは二度目だけど、そういえば前回行ったときも、APOGEEのライブを見に行くためだった。
今度は、普通に食事やお茶をするために立ち寄ってみたいな。雰囲気のいいお店なのです。

昨日は二回ライブが行われたけど、私が行ったのは、19時半開演のほうです。
永野さんの声を生で聴くのは、去年3月のワンマンライブの時以来。久しぶりだー。

以下、ライブの感想。

結構前のほうに座れたので、見やすかったです。近いなぁ。永野さんの表情もはっきり見えるよ。
永野さん、髪にパーマ当てていました。なんか可愛い。

ライブは、終始ゆったりのんびりとした雰囲気で。友人のホームパーティーに招待されて行ったら、その友人がギター弾いてくれました、っていうくらいのユルさ。
本当にライブというよりホームパーティー的な感じでしたよ。

セットリストは、
1、アヒル
2、A Perfect Sky
3、少年時代
4、恋におちたら
5、楓
6、笑えれば
(セーラー服を脱がさないで)  
7、Thriller
8、First Love
9、いかれたベイビー

アンコール
1、“Hello,my friend”
2、夜間飛行

これで合ってたかな?うなぎのライブなんで、もちろんうなぎで配信されたカバー曲がほとんどです。
永野さんの声はやっぱり綺麗。美声はええですのぅ。何唄っても映えるわ。
曲も当然よかったんですが、トークも面白かったです。

「カバーだからうなぎのカバ焼き。そのまんま。俺が決めたんじゃないよ!…誰が決めたかって?作家さんだよ。作家さんが『これしかない、キターっ!』って(笑)。俺もそれ聞いて『キター!』って(笑)」
「何故うなぎかというと、浜松だから。それだけ。略して『うなぎ』になるのがいいなぁと思って、『うたう ながの』まではすぐ決まったんだけど、『ギター』がなかなか出てこなくて、みんなで30分くらい考えた。こんなにすぐそばにあるのにねぇ」

少年時代を演奏したあとに、井上陽水さんを一度スタジオでお見かけしたことがある、って話になって、
「陽水さんといえば、サングラスとあの才気あふれる髪形でしょう?(笑)でも、そのときはニットキャップ被ってて、サングラスもしてなくて。スタジオとスタジオの間に休憩スペースがあるんだけど、そこでフライヤーの写真について言い合っている人がいて、『ここはこうしたほうがいいな』(←声まね)って声が聞こえて、あ、陽水さん!って(笑)。面白いからコーヒー飲みながら聞いてたんだけど。たまたま、APOGEEの大城もその場所に居合わせたらしくて、それによると『眉毛を入れるか入れないかが問題なんだよねー』ってずっと言ってたらしくて(笑)。陽水さんハンパねぇな、と思って。まだお話したことはないんですけどね。いつか一緒に飲みに行ってみたいですよね」
陽水さんの声真似が面白すぎました(笑)

「俺、すっとこんな声なんだよね。中学高校のとき友達とカラオケに行くと、みんなブルーハーツとかB'zとか、がーっと唄うんだよね。肩組んで(笑)。でも、俺がブルーハーツとか唄ってもね・・・。この声で、『情熱の真っ赤なバラを~♪』って唄っても、まっすぐな感じが出ないでしょう?どうしても切なくなっちゃう。宿命なんですよね。で、カラオケだとだんだんみんな疲れてくるんだよね。間ができる。そういうときにスピッツとか歌うと、女の人が褒めてくれるなーって。繰り返し繰り返しそれをやっていると、あいつはいやらしいやつだって、カラオケに呼ばれなくなった(笑)」
というトークのあと、楓。配信されたカバー曲の中で、この曲が一番好きです。なので生で聞けてよかったー!やっぱり素敵。美声にうっとりです。

でも、こんな声でもやってみれば案外はまる曲もあるんじゃないか、と、ウルフルズのカバー『笑えれば』を。
「トータスさんが歌えばトータスさん見たいな人を思い浮かべるけど、俺が歌うと、線が細い感じ?(笑)。結構良いでしょう?・・・え、CMに使えそう?ビールのCM?もしかしてタイアップの方ですか!?(笑)。ほかにも、今日スカウトに来た人います?(笑)」
お客さんに褒められ、まんざらでもなさそう(笑)

「新旧洋邦問わず、ってことでやってるんだけど、明らかに旧と邦が多い。一緒にやっている構成作家さんが、おにゃんこクラブとかですっごい盛り上がるんだよね。・・・えっ、聴きたいの!?聴きたい?・・・じゃあ、こっからちょっと探して。『セーラー服を脱がさないで』」
傍らの椅子の上に置いてあった歌本を取り上げて、お客さんに渡す永野さん。
「上半期ベストとかもやったんだけどねー。一番テンションの低い回だったけどね。放送事故か、ってくらい。・・・あ、見つかった?」
お客さんから歌本を渡してもらって、リクエストに答え、本当におにゃんこを唄いだす永野さん(笑)
「えーっと・・・?歌本って開く部分が見難いんだよね・・・。俺、目悪いんだよ・・・」
と、歌本に顔を近づけたりしつつ、「セーラー服を脱がさないで」をちょっとだけ演奏。
キー高っ(笑)。でも唄えちゃうんだ。
永野さんのイメージにそぐわないこと、はなはだしい(笑)。面白すぎる。爆笑です。

その後、洋楽もやろうと言うことで、永野さんの好きなマイケル・ジャクソンの『スリラー』を。
永野さん英語の発音綺麗ですよね。帰国子女なんですよね、確か。

「みんな、ドリンクとか取りに行かなくて大丈夫?取りに行かなくていいの?・・・なんだよぉ~取りに行かないのかよぉ~。こっちは飲みたくても飲めないのにぃ。(お客さんに「飲めばいいじゃん」と言われ)そっか、飲めばいいのか。じゃあビールくださーい!」とビールを注文し、飲み始める永野さん。
どんだけくつろいだライブなんだろう(笑)。本当にホームパーティーのようだ。

First Loveといかれたベイビーの演奏が終わると、一旦永野さんはビールを片手に退場。
しばらくしてアンコールで戻ってきた永野さん(もちろんビールも一緒に)、「ごめんトイレ行ってたー」って(笑)
「あと2曲くらいやれるそうなんで、何やろう?アムロちゃん?忘れたから今日はできない。ユーミン?じゃあユーミンやります」
と始まった、“Hello,my friend”、途中間違えちゃって、「酔ってきたかなー。早いよね(笑)」と。
「ユーミンでこの曲やるあたりで歳ばれちゃうよね。この曲は、APOGEEのドラムの間野が好きで、『コパチ、やってよ』って言うんでやってみました。リクエスト、ありがとう」

「APOGEE、去年は沈黙を守ってきたんですが、今年はガンガンやるつもりなんで・・・3月くらいにはシングルも出せると思います。詳しくは激重のホームページを見て(笑)。分かってるなら変えろってね。重いからみんなビクターの方見に行くんでしょ?『おしゃれなのは分かったから、早く変えろって』って思ってるんでしょ(笑)。今年の目標は、まず、ホームページを変える!(笑)」
ホームページが重いの、ちゃんと分かってたのか(笑)。重すぎてたまにパソコンフリーズしますからね。早めの変更、お願いします(笑)
「ライブも、3月か4月に大阪でやる予定なので・・・4月?え、何で知ってるの?フライヤー入ってたんだ。・・・それぐらいに決まりそうなので・・・えっ、もう決まってるのか!なんで曖昧にしてるの、俺!?日本人だから?違うか(笑)」

ラストに夜間飛行の弾き語りをして、本日のライブは終了。
永野さん、ビールを片手に、傍らの椅子に置いてあった帽子を被り、退場。
本当にアットホームな感じで、ほのぼのとした良いライブでした。楽しかったー♪

次はソロじゃなくAPOGEEのライブだな・・・と思うんですが、4月のライブには日程的に行けそうにありません・・・
とほほ・・・
APOGEEのライブ見たいよ・・・



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。