スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジョーカー・ゲーム

(2009-01-12)
今日は成人の日ですね。新成人の皆様、おめでとうございます。私のようなダメ人間になってはだめですよ(笑)
山梨県の成人式では、レミオロメンがライブをしたとか。
素敵な成人式ですね~。なんとも羨ましい。
思い出の成人式となったことでしょう。
私の成人式の思い出は、これといってありません。振袖姿の女の子がいっぱいで目の保養じゃ~とか、わけの分からぬことを思っていたくらい(笑)。自分も振袖着ましたけどね。


最近読んだ本の感想です。

・「ジョーカー・ゲーム」 柳広司
このミスの2位くらいに選ばれてましたっけ?
スパイを題材にした連作短編集です。
すごくカッコいい。スリルがあり、ハラハラしたり結末にびっくりしたり。
クールでそれでいて青い炎のような熱があって、すごく面白い。
このミスで選ばれるのも解る気がする。
表紙もカッコいいです。
今回は図書館で借りたけれど、文庫化したら改めて買おうかな。


・「高く遠く空へ歌ううた」 小路幸也
「空を見上げる古い歌を口ずさむ」の、続編的作品。
完全な続編というよりも、「空を見上げる~」の世界を引き継いだ作品とでも言うべきかな。
少年の一人称で進む文が多少読みづらいところもあるけれど、それとこの作品の世界観に慣れてしまえば、すんなりと面白く読める。
「空を見上げる~」もそうだったけど、この作品も、どこか懐かしいような感じがする。


・「七つの死者の囁き」 
アンソロジー本。有栖川有栖、道尾秀介、石田衣良、鈴木光二、吉来駿作、小路幸也、恒川光太郎という7人の作家が短編を書いています。私の好きな作家さんがほとんどなので、買って読んでみました。
ホラーあり、ミステリーあり、ファンタジー的なものもあり、それぞれの作家さんの個性が出ていて、いろいろなタイプの作品が楽しめました。
個人的には、小路幸也の「最後から二番目の恋」と、恒川光太郎の「夕闇地蔵」が好きです。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。