スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サクリファイス

(2008-11-13)
家のネットが復旧した途端、ブログの更新をしたくなくなるあたり、私は結構天邪鬼かもしれないと思います(笑)
いやいや、ちゃんとしますよ、更新。

今日は月が明るいですね。冴え冴えとした月で。
こんなに月が明るいと、田舎の夜道も安全です。
街灯がなくても見えるよ!凄いよ!月って偉大!


えーと、最近読んだ本の感想でも。
しばらく書いてなかったら溜まってきちゃった。

・「サクリファイス」 近藤史恵
自転車のロードレースが題材、と聞いて、暑苦しいスポーツモノだったらどうしようと思ったのですが(そういうのはちょっと苦手なので)、全然そんな内容ではありませんでした。
自転車の知識は全くないですが、作中でくどくどとそのルールやなんかを語られると醒める、でも全く説明がないとさっぱり理解できなくて面白くない。この作品では、さりげなく簡潔に要所要所で解説が入るので、ちょうど良いです。説明の入れ方がうまいね。
サクリファイス。意味は「犠牲」だったかな。
最後まで読んで、どうしてそんなタイトルなのかがわかる。これ以上この作品にあうタイトルはないだろう。
予想もしていなかった結末に、愕然。
いや、面白かった。これは本当に、面白い。


・「たとえば、世界が無数にあるとして」 生田紗代
部活動の盛んな高校。この高校では、帰宅部の学生は自動的に進路研究クラブに入れられる。
そんな進路研究部に入れられてしまった、4人の生徒。他の生徒たちの中から、どこかあぶれてしまって戻れない4人。
そんな4人の今と高校時代を、大してドラマチックでもなく、淡々と描いた作品。
この淡々とした感じが、結構私の好み。
もし私がこの高校に通っていたら、進路研究部に入れられる気がするな・・・


・「ヘビイチゴ・サナトリウム」 ほしおさなえ
中高一貫の女子高を舞台としたミステリー。
美術部の部員が自殺をし、その自殺の真相を巡る話なんですが。
うーん、あんまり私の好みではないですね。期待していたほど面白くなかったと言うか。
登場人物に好感が持てなかったのがその一番の原因ではないかと思います。
なんか・・・駄目だなこの登場人物たち。
真犯人は割と早い段階でわかっていたので、事件に結末にもそんなに驚かなかったし。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。