スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミミズクと夜の王

(2008-07-26)
最近読んだ本の感想です。


・「ミミズクと夜の王」 紅玉いづき
第13回電撃小説大賞<大賞>受賞作らしいです。
気になったので読んでみました。
カバーイラストとか、あんまりライトノベルっぽくないね。
美しき魔物の王と、王に食べられる事を望む少女・ミミズクの話。
少々文章には改善の余地があるかとも思いますが、面白かったです。いい話。
ミミズクの純真さが愛しい。


・「ワーキング・ホリデー」 坂木司
元ヤンキーのホスト、ヤマトの前に、「息子だ」と名乗る少年・進が現れる。
ホストを辞めて宅配便会社でドライバー(しかし、車ではなくリヤカーの運転手である・笑)として働くことになったヤマトは、家出をしてきたと言う進と夏休みの間、一緒に暮らすことになる。
いやー、いいわぁこのほのぼの加減。まるで主婦みたいな小学生進と、元ヤン・元ホストのちょっと気が短くて口の悪いヤマトの親子が、可愛すぎる(笑)
たまには喧嘩もしつつも、何だかんだ言っていい親子やっている二人が可愛いです。
ほのぼのしたい人におすすめ。


・「夜叉桜」  あさのあつこ
読み始めてから気付いた。これって、「弥勒の月」を読んでから読んだ方が良かった?
もしかして続編だった?
そうか、しまったなぁ・・・
でもまぁ、「弥勒の月」を読んでいなくても、この本だけでも充分楽しめました。
あさのあつこの時代小説です。江戸が舞台。
人の強さ、弱さ、醜さ、美しさ。そういうものが描かれた、たまらなく綺麗で哀しい作品。
カバーの桜、てっきりイラストだと思っていたら、良く見ると写真なのね。綺麗。



さぁて、これから暑い中自転車こいで、図書館まで本を返しに行かなければならないのです。
返却期日が迫っている・・・
暑くて、もう外に出るのが嫌になっちゃいますね。


FoZZのニューミニアルバムの感想、今日の夜に書けたら書こうと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。