スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏は怪談で。

(2008-07-13)
蚊にかまれた場所、まだ微妙に痒いです・・・・
いつになったら治まるんだろ。


最近読んだ本の感想。


・「深泥丘奇談」 綾辻行人
綾辻の「つじ」が上手く変換できない・・・「辶」に「十」が本当なんですけどね・・・
えーとこの本は連作短編集です。読後感の悪い、じめっとした奇怪な話の詰め合わせ,と言う感じ(笑)
結構気持ち悪いよ。気持ち悪い話が嫌いな人は読まないほうがいいよ。
はまる人には、この気持ち悪さがはまると思いますが。それにしても読後感が気持ち悪い。ちなみに褒め言葉として使っていますよ、「気持ち悪い」は。貶している訳じゃありません。
しかし本の内容に似合わずカバーイラストは綺麗だな。鹿ちゃん。


・「ぬばたま」 あさのあつこ
図書館で借りた二冊が、期せずして二冊ともホラーになってしまった。別に怪談話を読もう!と思って借りたわけじゃないんだが。
山を主題にした、ホラーファンタジー的な話が4編、収録されています。
一番最初に収録されている話は、個人的にあまり合わなかったんですが、他の三編はなかなか私の好みでした。
特に、4編目の話が好きです。切なくて愛しく、美しい。どことなく幻想的。


・「狼王ロボ」 H・T・シートン
シートン動物記って、小説になるんだろうか?まぁ割と物語的な話が多いんで、小説と言うことにしとこう。
物語と言っても、動物が主人公の御伽噺ではなく、シートンが実際に動物たちを観察して書いた話だから、その描写は緻密。
また、シートンは画家でもあるので、シートンが実際に描いた絵が、本の中に収録されています。
久々に「狼王ロボ」を読みましたが・・・ロボ、カッコいい・・・
そしてその最期は切な過ぎる・・・。
一番最後の、カウボーイが死んだロボに掛ける台詞がもう、ね。切ない。
ロボを捕らえる為に、まず、ロボの妻であるブランカを捕らえ、ブランカをおとりにして罠を仕掛けるんですが、ロボは妻を思うあまり、普段なら絶対に引っかからない罠に、向こう見ずに踏み込んでしまうんですね。
シートンはロボを殺さず、生け捕りにして餌や水を与えるんですが、ロボはそれに一切口をつけず、やがて眠るように息を引き取るんです。
妻を殺され、自由を奪われ、手下たちには見捨てられたロボ。悪魔とまで呼ばれ、恐れられた狼王の最期は、あまりにも静かで、寂しい。
ちなみに、あとがきによると、シートンは商船会社社長の、10番目の息子だったらしいですよ。男の子ばかり、10人兄弟・・・。シートン家のお母さん、大変だったろうなぁ(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。