スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4円と400円じゃえらい違い

(2008-06-28)
TSUTAYAで買い物をしたら、合計金額は1006円でした。
私は1010円を店員のお兄さんに渡しました。

さて、お釣りはいくらでしょうか?

店員のお兄さん「1010円お預かりしましたので、お返しが400円です!」

お兄さんは爽やかにそう言い切って、私に4円のお釣りを渡してくれました。

4円と400円。100倍だ。
一瞬、「えっ、400円くれるの!?」と期待しちゃったじゃないか(笑)。
言い間違いはしても、お釣りは間違えません、お兄さん。
多分、自分が言い間違いをしたことに気付いていなかっただろうな、あのお兄さん。絶対に気付いていない雰囲気でした。
私はお釣りを受け取りながら、思わず吹き出しそうになりましたけど。なんとか自制したので吹き出さずにすみましたけどね(笑)


集英社文庫から、「シートン動物記」シリーズ全3巻が3ヶ月連続刊行。
本屋に行ったら1冊目の「狼王ロボ」が出ていたので、迷わず購入しました。
狼王ロボの恐ろしげなイメージとは違う、えらく可愛らしいカバーイラスト(笑)。二頭の狼が描かれていますが、一頭はロボ、もう一頭はロボの奥さんのブランカかな?

シートン動物記は子供の時の愛読書。小さい頃から動物オタクの私は夢中になって読みましたよ。
大人になってから、もう一度読んでみたいと思って探したんですが、子供向けのものしか売っていなかったんですよね。ファーブル昆虫記は大人向けのものも売っていたんですが。何故かシートン動物記は見つからず。
なので今回の文庫化は嬉しい限りです。

シートン動物記の中で好きだったのは、銀狐のドミノの話と、コヨーテのティトーの話だなぁ。
動物が知恵で人間を出し抜くような話が好きだったようです。
あとは野良猫の話も好きだったな。名前なんだっけ・・・ロイヤル・アナロスタン?そうそう、確かロイヤル・アナロスタンだ。

この話が理解できる人は、今すぐ私と友達になれますよ(笑)

集英社文庫のシートン動物記は、以降、7月18日に「ぎざ耳ウサギの冒険」、8月21日に「愛犬ビンゴ」が発売されるらしいです。
「ぎざ耳ウサギの冒険」も、「愛犬ビンゴ」も、どんな話だったか覚えていない・・・
銀狐ドミノの話とコヨーテのティトーの話と野良猫の話も収録されると嬉しいな。

シリーズ全三冊を購入した人には漏れなくミニクリアファイルセットがプレゼント!らしいです。
私は勿論全巻買うつもりですが(笑)


そういえば、集英社文庫と角川文庫の夏のキャンペーンが始まってますね。
集英社のナツイチは、携帯ストラップが一冊購入ごとにもらえます。本屋さんで、その場でもらえますよ。「狼王ロボ」もナツイチの対象だったので、ストラップ、貰いました。なかなか可愛い。全8種類あるみたいです。

角川はいつもと同じく、ブックカバープレゼント。こちらは2冊読んで応募するともれなくもらえます。
とりあえず、夏の100冊に選ばれているものから、読んでみたいものをリストアップ。
全部読めるかは分かりませんが、ブックカバー、いくつか貰うぞ~!スヌーピーのブックカバー、可愛いなぁ。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。