スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドリームバスター

(2008-05-24)
雨降りですねぇ。
どこにも遊びに行けないので、昼食後、ちょっと昼寝をするか、と思って横になったら、午後4時ごろまでぐっすりと眠りこけていました。
ああ、久し振りにゆっくり昼寝ができました(笑)
今日やろうと思っていた用事が全くできなかったけど!恐るべし睡魔!


最近読んだ本の感想でおま。

・「ドリームバスター4」 宮部みゆき
やっと読めました、ドリームバスター最新刊!このシリーズ好きなのです。
まあ、買ったのではなく図書館で借りたんですけどね・・・。そのうち買って、本棚にシリーズ全巻並べたい(1~3までは持っているのです)
巻を追うごとに、シェンのイラストが美人になっているのは気のせいか?(笑)
ちなみにイラストを描いているのは、十二国記のイラストも手がけている山田章博さん。この方のイラストは好きです。
あ、シェンというのは、ドリームバスターの主人公の男の子なんですが、このシェン、とてもカッコいいのです♪カッコよくて可愛いの(笑)
ちょっと口は悪いけど頼りになる、カッコいい男の子なんです。
シリーズはまだ続くようなので、楽しみです。


・「トキオ」 東野圭吾
「グレゴリウス症候群」という難病に冒され、死に瀕している息子。父親の拓実は、その息子・時生と、20年以上前に出会っていたという・・・
若い頃の拓実と、時を越えて彼に会いに来た時生の話。
この、若い頃の父親の拓実が、すっごいダメ人間でねぇ(笑)。もう、ダメ人間の典型みたいな。定職にもつかず、悪徳キャッチセールスのバイトをしてみるもののそのバイトもすぐにやめ、恋人に懇願されて警備員の面接に行くも、面接時間に遅れた挙句逆ギレして面接を受けずに帰ったり・・・と、本当にダメ人間。
そのダメ人間の拓実が、時生との交流や作中で起こるある事件に巻き込まれるうちに、最終的にはちゃんとした性格になっていくんですが。
時生がすっごくまっすぐな性格のいい子です。良い息子をもったねお父さん・・・(若い頃の拓実は、当然時生が息子である事は知らないのですが)
読後感が結構爽やかな作品でした。


・「朝霧」 北村薫
「円紫さんと私」シリーズの5作目。
シリーズが始まった頃はまだ大学1年か2年だった主人公が、「朝霧」では大学を卒業して、社会人に・・・。
「大きくなったねぇ・・・」と、親戚の子供を見るおばちゃんのような感慨を抱いてしまうのは何故だ(笑)
主人公と今の私、大して年齢変わらないのに。
きっとシリーズを通して読むうちに、主人公に親しみを感じるようになっているからだろうなぁ。
それこそ、親戚の子供の成長を見守るおばちゃんのような感じ。
いやもう、すっかり立派なお嬢さんになっちゃって・・・(笑)
主人公の文学少女っぷりは、いつまで経っても変わらないようですけどね。こんな子実際にいるのだろうか(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。