スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BEGIN AGAIN!

(2015-03-08)
3月7日 PERIDOTS BEGIN AGAIN! @下北沢GARDEN


今年初東京は、久々のバンドペリドッツのライブ!

昨年はバンドでのライブがなかったので、非常に楽しみにしていました!

席は前方指定席と後方立見席があったのですが、私は前方指定席で見ていました。
譲っていただいたチケットだったのですが、なんと最前列でして…しかもご厚意によりFIREさん側の席を譲っていただけて…
最前列で楽しませていただけました。本当にありがたいです。

今回は、鍵盤はなしの四人編成。
メンバーはいつものメンバー。
高橋さんと、光太郎さんと、FIREさんと、中畑さん。
最前列なので、4人ともばっちり見えました。
…とはいえ、ステージ上にFIREさんがいると、どうしても彼中心に見てしまうので、光太郎さんの姿はほとんど視界に入ってなかったんですけど…ごめんなさい光太郎さん…(笑)

何で4人の姿を同時に見ることができないんだろう?
FIREさんも見たいけど、高橋さんも見たいし中畑さんも見たいし光太郎さんも見たいのに!なんで同時に複数の方向を見ることができないんだ!と何度も思いました(笑)

時間になってメンバー登場。
高橋さんはいつも通り、白シャツに黒ネクタイ姿。

因みにFIREさんは黒(紺?)のTシャツ姿でした。
中畑さんは髪の毛伸びたねー。

最初は高橋さん、ギターを持たずハンドマイクで。

1曲目、concourse。
この曲を1曲目にやってくれるとは!
1曲目からもう既に感動。

2曲目はMy Mind Wanders。
指定席だけど、立ちたくてうずうず。立っていいものなのかどうか判らなくて結局立たなかったのだけど…
この曲は本当に楽しい。立って腕を上げたい衝動。
演奏中に、高橋さんが本当に楽しそうにニコッと笑っていたのが印象に残っている。

3曲目EXPO。
この曲を歌っているときの高橋さんも本当に楽しそうだった。
演奏しているメンバーも本当に楽しそうで、聴いている側もそんな演奏を見ること・聴くことができるのが本当に楽しくて嬉しくて。

どの曲の時だったかな、高橋さんが歌いながら腕を高く上げていた姿が印象に残っています。

4曲目はRush。
私、この曲のベースが大好きで!
FIREさんを凝視していました。
ただ、ベースが大好きであると同時に、ボーカルとドラムも好きなんですよ、この曲。
どこを見たらいいんだ私は、という感じで視線を忙しく動かしていました(笑)
Rush、本当に大好きな曲なので、聴けて嬉しかったです。

別に改めて言う事でもないですが、私は本当にFIREさんのベースが大好きなんですよね。
気持ちよさそうに演奏している姿が本当に素敵で、色っぽくって…
見惚れっぱなしでした…
演奏している手元、表情、体の動き。光太郎さんと向き合って演奏する姿や中畑さんと視線を合わせて演奏する姿。
どれをとっても本当に素敵で…もう、惚れ直しました…
大好きです、ほんと。

このあたりで高橋さん、ギターを持っていたかな?

メンバー紹介をしていたのはどこでだっただろう?
どのタイミングでだったか忘れちゃったのでここで書いておきます。どこでどのMCをしたのか曖昧なので、混ざっているかもしれません。

「昨年はバンドでのライブがなくてぶーぶー言ってたんですが、今年はこの謎のタイミングでワンマンができて、良い兆候だと思います」
とそんなことも言っていたかな?確かになんでこのタイミングで?という感じですもんね(笑)
「お馴染みのメンバーなので、紹介する必要もないと思いますが…」というようなことを言いながら、光太郎さんとFIREさんの顔を交互に眺めていた高橋さんの姿が何だか面白かったです(笑)
そんな高橋さんを見て、光太郎さんとFIREさんも笑っていました。
「一応紹介しておきますね」とメンバー紹介。

「ベース、FIRE。ボディペイントもFireさんです(炎の模様のボディペイントをしていたので)」
「ドラム、中畑大樹。髪を切る直前です」
そんな紹介をされた後、中畑さん、高橋さんに向かって一言「ギターストラップ、ねじれてるよ」と。
すかさず高橋さんに駆け寄ったのは光太郎さん、続いてFIREさんも駆け寄って、二人でギターストラップを直したり、ネクタイを直したり、シャツの皺を伸ばしたり(笑)
されるがままの高橋さん、「何から何まで…(笑)」と照れたように笑っていました。

最後光太郎さんの紹介。紹介されて深々とお辞儀の光太郎さん。それを見て、「演歌歌手みたい」と高橋さん。
「光太郎さんって、肌が綺麗なんですよ」とそんなことを言っていたのもこのタイミングだったかな?
そこから何か話が続くのかと思いきや、それで終わりでした(笑)

相変わらずMCは自由奔放で独特な高橋さん(笑)
ま、そのMCが好きなんですけどねー

あと、どのタイミングでかは忘れましたけど、高橋さんがステージ床のマイクか何かのコードを足で蹴飛ばして直していたら、再び光太郎さんが駆け寄ってきて、コードを綺麗に直していました(笑)
「B型なんで…」と高橋さん。
光太郎さんが高橋さんのお世話係のようでした(笑)

5曲目はオールライト。
高橋さんの力強く伸びやかな歌声、そしてそれに重なるバンドメンバーの楽器の音。
どこをとっても素晴らしくて、本当に最高だ…

Head to Toeが始まった瞬間、思わずニヤリ。
ドラムとベースが大好きな曲。
ほんとこの曲のドラムとベースが大好き。
もー、本当になんて格好良いんだろう!
FIREさんが中畑さんの方を向いて演奏している姿にドキドキ。FIREさんと中畑さんのリズム隊の二人が大好きな私です。

Nothing Is Coming、凄く格好良かった!
この曲をライブで聴くの、何だか久しぶり?
聴けて嬉しかったです!まあ、聴けて嬉しくない曲なんてないんですけれども(笑)
本当に格好良かったなぁ。
中畑さんが演奏しながら曲を口ずさんでいた姿が印象に残っています。
この曲の、高橋さんの低音~中音域の声は本当に格好良い。

このあたりで再び高橋さん、ハンドマイクになっていたかな?

続いては、新曲。
「夜が来る」という歌詞が繰り返し出てくる曲だった。
この曲、格好良い!早く音源化しないかなー。次のアルバムに入るんだろうか?
ほんと、カッコいい曲でした。バンド映えする曲。
この曲のベース、格好良かったなー。

曲が終わった後、光太郎さんがチューニングしている間、シーンと静まり返った会場。
高橋さんがぼそりと、なんだかちょっと照れたように笑いながら、「今の新曲です」と呟いていました。

歌は常に雄弁であるも聴けて嬉しかったな。
タイトルも歌詞も、これぞペリドッツ、という感じの曲だと思っています。
高橋さんの声に聴き入りました。

このあたりでMCを挟んでいたかな。

高橋さん、客席を見て、
「不思議な感じですね…。皆さん立たないんですか?あ、立てって言ってるわけじゃないですよ!!」
…そんな即座に否定しなくても(笑)
高橋さんが立っていいよと言ってくれたら立つのに(笑)
「そんな、立って!!と言うようなアーティストでもないですしね。でも、残念ながら今日は、座ってしっとり聴くようなセットリストではないです」と高橋さん。
…じゃあ、立っていいよと言ってくださいよ(笑)

「去年弾き語りで、何でやらないんだと文句を言われた曲をやります」
と言って演奏が始まったのは、予感。
この曲のバンドバージョン聴いてみたかったから聴けて良かった!
やっぱり凄く素敵な曲…。バンドバージョン、すごく良かったです。このバンドバージョンも音源化して欲しいくらい。
高橋さんの声が美しかった…。

続いての曲はTokyo to Tokyo。
楽しげなイントロが始まって、高橋さんが歌い始めた…と思ったら、すぐに「ちょっと待って!!」と演奏を止めていた高橋さん(笑)
会場は爆笑。
誤魔化して続けようかと思ったけれどできなかった、という感じの事を高橋さん、言っていたかな―。
面白かったです(笑)
改めて曲を最初から。
この曲は本当に楽しいな♪ニコニコしながら聴いていました。
この曲の低音が格好良くて好き。
曲の途中で光太郎さんが高橋さんに接近して、高橋さんがそれを見て笑っていたのはこの曲の時だったかな。
和気あいあいとした雰囲気が良かったです。

Teenagersも楽しかったー!
ハンドクラップも起きていて、凄く楽しかったです。
FIREさんと中畑さんがハンドクラップしている姿に何だか見惚れてしまった。
中畑さんは立ち上がってハンドクラップしていましたね。

次にやった曲は新曲。
なんだかメロディが面白い曲だった!
この曲好きだなー!!
洋楽っぽい雰囲気もある曲。途中のメロディで凄く好きな個所があったのだけど、口では上手く伝えられない…
とにかくツボでした。
そう言えば、この曲だったかな?中畑さんのカウントが「ワン・トゥー・スリー」ではなく「ひぃふぅみぃ」って感じだったのは。

どこへは何度聴いても、高橋さんの声の美しさにやられる。
ほんと、何なんだろう、あの声の美しさは。
最後の高音部分なんて、本当に圧巻。なんであんなに美しい声が出せるんだろう。

ホーム・ムーヴィーもしっとりと聴き入った。
本当に、なんて綺麗な声なんだろう。なんて綺麗な曲なんだろう…

どのあたりだったかなー、光太郎さんがチューニングしている間、シーンと静まり返った会場。
と、光太郎さんが、「喋れよ!チューニングしてるんだよ!」と突如キレキャラに(笑)
「逆ギレですか?(笑)」と高橋さん。「仕方ないだろ、チューニングしてるんだから!」と光太郎さん。
「順ギレですか(笑)」と高橋さん。順ギレ、という言葉を初めて聞いたよ(笑)
「チューニング遅いんだよ!」とFIREさんが光太郎さんにツッコむ(笑)
この一連のやり取りが面白かったなぁ。
じゃあ喋ります、という感じで喋り出す高橋さん。

何喋ってたんだったかなー。
「peridotsを何年もやってきて、ひとつ解ったことがあります。それは、どんな曲を作っても驚かれないこと。だからいろんな曲を作ります。真っ当な曲もそうじゃない曲も」
そんなことを言っていたのがここだったかな?
違うところでやっていたMCだったらすみません。
これからもどんどん、いろんな曲を作って行ってください!!期待しています!!今回やった新曲も、すごく良かったし。

高橋さんが喋り終えた後、「いつまで喋ってるんだよ!もうチューニング終わってるんだよ!」と再びキレキャラの光太郎さん(笑)

リアカーは、何度聴いても、何と言えばいいのだろう…
言葉では上手く説明できないですが、何と言うか凄く、心に沁みます…
ほんと、この曲のこの感じを、どう説明したらいいんだろう?
説明できないなぁ…
リアカーの時の光太郎さんのギターが何だか凄かったな。

リアカーからのメトロの流れがすごく良かったです。
遠征先で聴くメトロは、なんだかいつも、特別な感じがする。
単に好きな曲、と言うよりもすごく大事な曲です。メトロは。

「秋ぐらいにまたライブをやります」というようなことを言う高橋さん。会場から、えーっ、という声。
「疑われてる(笑)」と光太郎さんが言っていたけど、疑っているというより秋までライブやらないの?というような意味の「えーっ」じゃなかったかな?
「…アルバムレコーディングして、リリースがあって、ライブして…。順当な流れだと思いますけど…。それまでにもどこかで何かやれたらいいなと思いますけど、制作中ですから(笑)」
そんなことを言う高橋さん。
秋になる前にも、何かライブやってくださいよ~(笑)弾き語りでもなんでも、是非に!

「最後は新曲をやります」と、本編最後は新曲。
今年1月のジャニスでのイベントの際にも聴いた曲でした。
「雨に負けそうで~」というような歌詞のある曲。ジャニスでは弾き語りだったけれど、バンドだとこんな感じになるんだ。
ほんと、アルバムが楽しみ!!

アンコール。

アンコールで出てきて、準備している時だったかな、またシーンと静まり返っている会場に、光太郎さんが、「ほら、また」みたいな感じの事を言う(笑)
「お客さんには選択肢はないんだよ!?」と、光太郎さん(笑)
「こんな雰囲気になっているのは、僕のせいですよね…(笑)」と高橋さん。
と、光太郎さん、「でもこの人、歌は上手いんですよ!驚くほど歌が上手いんです!」と高橋さんを褒めだす(笑)

もー、高橋さんと光太郎さんのやり取り、本当に面白いわ(笑)
驚くほど歌が上手いのは、よーく知っていますよ~(笑)

アンコール1曲目は労働。
高橋さん、イントロでミスをした(笑)
すまなさそうに指を一本立てて「もう一回」のジェスチャーをしている高橋さんに吹き出す観客。
もー、どうしてこんなに労働でミスする確率が高いのかな、この人は(笑)
今回はバンドアレンジだし、間違える要素ないかなと思ったのに(笑)
二回目は上手く行った労働。今回のアレンジも良かったです。
ほんと、聴くたびに色んな表情を見せてくれる曲です。何度聴いても飽きない、色褪せない。
名曲、ってこういう曲のことをいうのかもしれないな。

「外、雨降ってましたか?光太郎さんって、驚異的な晴れ男なんですよ」
そんな高橋さんの言葉に、ボディービルダーのようなポーズで応える光太郎さん。キレのあるポーズですね、みたいなことを言う高橋さん。
「最後の最後に、俺のポーズのキレの話かよ!?」というようなことを光太郎さんが言っていると、中畑さんがいきなり次の曲のイントロを叩き始める。
それに合わせようとするものの、間に合わない光太郎さん(笑)「次は入るからな!!」と(笑)
このメンバーのこういう雰囲気、大好き(笑)

アンコール2曲目は、はじめから。
良い曲だなぁ。なんだかしみじみと聴き入ってしまった。
光太郎さんの言葉じゃないけれど、本当に歌が上手いなぁ、と。
なんて綺麗な声なんだろうなぁ。

演奏が終わって、メンバー手を振りながら退場。

退場後も鳴り止まない拍手。
ダブルアンコールはあるのかな?やって欲しいな…と願いを込めて、私も拍手を続けた。

と、しばらくして、舞台袖からダッシュで出てきた人影。光太郎さんだ。
続いて中畑さんとFIREさんも、舞台袖からダッシュで登場。ステージ上手側から下手側までダッシュして、二人ぶつかって笑い合っている中畑さんとFIREさん。
その様子がじゃれあっている子犬みたいで可愛かったー!(笑)もー、何なのあの人たち!格好良くて可愛いなんてずるいわー(笑)
最後に出てきた高橋さんも、その様子を見てニコニコ。
早くやろうよ!とギターを構える光太郎さん。

本当にこの人たちのこの雰囲気、大好きです!このメンバーが大好き!

今回のライブで、聴きたいなー、聴けたらいいなーと思っていた曲がありまして。
でも、本編でもアンコールでもやらなくて。今回は聴けないのかな…と、ちょっとしょぼんとしていたんですが。

その曲をダブルアンコールでやってくれました!

なんの曲かというと…

Lifeです!

もう何遍も言ってますが、何遍でも言いますよ~。
私はこの曲のベースが大好きなんです!!!!
この曲のベースが聴きたくて聴きたくて堪らなかったんです。

やってくれて嬉し過ぎました!

しかもFIREさん、イントロの時に前の方に出てきてくれて。
それが丁度私の真ん前で。
もう、勘違いでも思い込みでも痛い人でも何でもいいです。
あのイントロは私のために演奏してくれたのだと思っていますから!!(笑)
だって本当に私の真ん前だったんですもの!!
あー、もー、本当に格好良かったぁ!!最高でした!!大好きです!!

そのイントロの時に、高橋さんが「FIRE!コータロー!ダイキ!」とメンバーの名前を呼んでいました。
高橋さん、楽しくって仕方がない、というような表情。

本当に、本当に最高でした!

PERIDOTSは、最高で最強のバンドです!
私はこのバンドが大好きです。
演奏しているメンバーが本当に楽しそうで気持ちよさそうで…
お互いがお互いを信頼し合っている感じ。そして「peridots」というアーティストの事をよく解っていて、このアーティストの事が大好きなんだな、というのが伝わってくる感じ。
高橋さんの歌と、光太郎さんのギターと、FIREさんのベースと、中畑さんのドラムと。
四人の音の重なりが本当に心地良くて楽しくて。
最高、としか言いようがありません。何度最高といっても足りないくらい。最高で最強のバンドです。

そんな最高で最強のバンドのライブを観る事ができて、幸せです!

本当に、最高に楽しい時間をありがとうございました!

最後退場する前、高橋さんを讃えるように拍手をする光太郎さんとFIREさん。照れたように笑う高橋さん。
その照れたような笑顔が可愛かったなー。



セットリスト(終演後に、ステージ上にあったセットリストの書いた紙を見つけ、写メ撮ってきました)

1.concourse
2.My Mind Wanders
3.EXPO
4.Rush
5.オールライト
6.Head to Toe
7.Nothing Is Coming
8.よるが来る(新曲)
9.歌は常に雄弁である
10.予感
11.Tokyo to Tokyo
12.Teenagers
13.ANYWAY(新曲)
14.どこへ
15.ホーム・ムーヴィー
16.リアカー
17.メトロ
18.Beginning again(新曲)


・アンコール
1.労働
2.はじめから


・アンコール2
Life




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。