スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


港町ポリフォニー2014

(2014-09-19)
9月7日 港町ポリフォニー @kiito

出演:ペ・ド・グ/ショピン/森は生きている/Predown/YankaNoi/ゑでぃまぁこん/三田村管打団?/WATER WATER CAMEL/CANTUS/湯川潮音/トクマルシューゴ


去年に引き続き、今年も行ってきました、港町ポリフォニー。
私事ですが、この日は私の誕生日。誕生日にライブを見る、というのが、ライブに行き始めた頃からの密かな夢でした。
それが今年叶って嬉しいです。

開演は11時でしたが、私が到着したのは12時頃。
なので、開会宣言とショピンのライブは見ることができず。


■森は生きている

私が到着してしばらくしてから、森は生きているのライブがスタート。
名前はよく耳にしていて、一度聴いてみたいと思っていたので、今回聴くことができて良かったです。
結論から言うと、好みでした!
色んな音に包まれる感覚が心地良かった!
もっと長い時間見てみたい、もっといろんな曲聴いてきたい、と思いました。
CD欲しいなぁ。


*****

森が生きているのライブ後、おなかが空いたので、お店ゾーンをうろうろ。
牛カツサンドとサングリアを購入。これを昼食に。
美味しかったです♪

あと、日本酒モヒートというのが売っていて、気になったので呑んでみました。
なかなか呑みやすくて美味しかったです。
あとは、おやつでドーナツを買ったのと、食べ物以外では公式グッズのマスキングテープと、出店していたお店でポストカードを購入。
音楽だけではなく、食べ物や雑貨も満喫しました。


■Predown

ライブを観るのは二回目のPredown。
CD欲しい欲しいと思いつつ、まだ買えてないんだけど…
あの透明感のある歌声、やっぱり凄く美しかった。
うっとり聴き入ってしまう歌声。
会場の雰囲気ともよく合っていました。
やっぱりCD欲しいなぁ…


■YankaNoi

ライブ見るのを楽しみにしていたヤンカノイ。
アルバムリリース後、初のライブで、更に関西では初ライブだそう。
メンバーはユミコさんに田中馨さん、トクマルさんに岸田さんと、ほぼトクマルバンドのメンバーのため、初めて見るにもかかわらず初めての感じがしない。
でも、演奏される音楽は当然トクマルさんの音楽とは違っていて。
ヤンカノイというバンドの音楽。
これがまた凄く私の好みで!めっちゃ良いじゃないですか~!
ライブ見ながら、よし、CD買おう!と決意したのでした。
あ、あと、「ヤンカノイ」ってどう発音したらいいんだろう?と思っていましたが、その謎が今回とけました(笑)


■ゑでぃまぁこん

初めましてのゑでぃまぁこん。
歌声が凄く心地良くて、目を閉じて聴いていました。
このまま眠れたら、さぞかし心地いいだろうなぁ…とそんなことを考えながら。
この音楽に包まれながら眠れたら、幸せだろうなぁ…と。そのくらい心地良かった。


■三田村管打団?

座っていたお客さんたちが次々立ち上がり、大盛り上がりでした。
なんて楽しそうな音楽!
その楽しい音楽をBGMに、私は塗り絵に没頭していました。
今回、チケットが塗り絵になっていて、会場に用意してある色鉛筆で塗ることができたんですよね。
その塗り絵をしていました。
耳では音楽を捉えつつ、目は塗り絵に集中。
なかなか面白い色合いに仕上がったのではないかと思います。


■WATER WATER CAMEL

去年の港町ポリフォニーで見て以来、ライブを観るのは二回目のWATER WATER CAMEL。
これがまた、ほんとに心地良くて!
再び目を閉じて、夢見心地で聴き入っていました。
ほんと、あのまま眠ってしまいたかったです。退屈だから眠たいとか、そういうのでは決してなく。
心地良すぎて、この音楽に包まれながら眠りたい…とそう思ったんですよね。
でも寝てしまうのは勿体ないので目を閉じつつもしっかり起きて音楽を聴いていました。


■CANTUS

女性のアカペラコーラスグループ。
人間の声って、こんなに美しいんだ…と思わずポカンと口を開けて聴き入っていました。
混じりけのない、本当に純粋な歌声。物凄く透明な水の様な、神秘的とすら思える美しさ。
声の重なりが本当に美しくて。これはこの世のものなんだろうか、という気分になりました。
心が洗われる、というのはこういうことを言うんだろうな…本当に美しい歌声でした。


■湯川潮音

ライブを観るのは初めての潮音ちゃん。
サポートのチェロが、徳澤青弦さんでした。
青弦さん、お名前はよく耳にしていたのだけど、実際に拝見するのは初めて。
白シャツに眼鏡に黒髪、という、何とも私のツボを押さえた方でした…!(笑)好みだ…
風貌だけじゃなく、演奏も好みで。ついつい青弦さんばかり見てしまいました。
勿論、潮音ちゃんの歌声も素晴らしかった!
最後にやっていた曲が好みだったなぁ。
潮音ちゃんがチューニングしているとき、「変わりにMCしてください」と青弦さんに紙を渡して、青弦さんがその紙に書いてある潮音ちゃんの言葉をかわりに読む、というのをやっていて、それが面白かったです(笑)


■トクマルシューゴ

トリはトクマルさん。
今日一番のお目当て。
セットリストはうろ覚えなので省きます。
バンドメンバーもトクマルさんも、いつもと変わらぬ演奏。
いろんな楽器が登場し、それらを演奏していく姿は何度見ても凄い。
ただ、トクマルさんの声がいつもと違う…?
いつもより低い声というか…トクマルさんの声に含まれる、あの独特の甘さがなくって。
それに、何だか声を出すのが苦しそう…?
どうしたんだろう…?と思いながら聴いていたのだけど、ライブ後半のMCで、
「わたくし、39度の熱を持っております…。そのためユニークな声になっています。今日のためだけの、特別な声です」
39度!?普通なら立っているのも辛いくらいの高熱じゃないですか!?
そんな状態でライブをするなんて…歌声以外は、ほんといつもと変わらない素晴らしい演奏で。
客席も凄く盛り上がっていて、熱気に包まれていた。
熱演、という言葉に相応しい演奏。それをそんな、高熱の状態でやっていたなんて…
本編の後、鳴り響くアンコールを求める熱い拍手。
トクマルさんには早く休んでほしい。無理しないでほしい。…でも、あんな素晴らしい演奏を見せられたら、アンコールを求めずにはいられない。もっと聴きたい…!そんな思いで私も拍手をした。
やがてメンバーとトクマルさんが再びステージに現れ、湧き上がる歓声。我慢しきれなくなったように次々立ち上がる観客。
ほんと、熱演だった。素晴らしい演奏だった。
曲の途中で、トクマルさん、「熱があるって言ってるのにアンコールさせるなんて!!」と。冗談ぽく言っていたけど、本当はかなり辛かっただろうな…
パラシュートのギターは、何度聴いても凄い。なんであんなの弾けるんだろう?
でも、歌は高音部分が全然出ていなくて。出ない声で、それでも何とか歌おうとしているトクマルさんの表情を見ているのは、少し苦しかった。
トクマルさん、本当にお疲れ様でした…

塗り絵のチケットの写真を撮影して(私は塗り絵だけして撮影はしてもらってないんだけど)、それを繋げてアニメーションにする、という企画もやっていて、そのアニメーションが最後に流れた。
BGMは、トクマルバンドの生演奏。
このアニメーションもすごく良かったな~

最後の最後まで、本当に楽しめました!
これからもずっと続いていってほしいイベントです。
音楽もフードも雑貨も、満喫できました。最高の誕生日になりました!ありがとう!


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。