スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Echoes & Walls 2014 -Alone-神戸

(2014-09-15)
8月31日 peridots Echoes & Walls 2014 -Alone- @神戸 BO TAMBOURiNE CAFE

P8311118-2.jpg




Aloneツアー個人的最終日の神戸。
ボタンバリンカフェでの公演は、初年度から参加していて、皆勤賞です。
好きな会場。
三宮でちょっとのんびりしすぎて、開場時間に間に合わないかも?と思いましたが、無事間に合いました。
前から3列目辺りで見てました。

去年は外から歩いて登場した高橋さん。
今年も外から歩いてお店の中に入ってきました。思わず「いらっしゃいませ」と言いたくなる感じ(笑)
…開場時間まで、どこで待機してるんだろうなぁ。道にボーっと立ってたりするんだろうか(笑)

ステージ位置について、簡単な挨拶をしてライブスタート。

1曲目は夜のページ。
この曲は本当に、声の強弱の付け方が素晴らしい…静かに始まって、途中で一気に盛り上がる。そしてまた、静かに波が引いて行くように曲が終わる…
それと、「浄化して」という歌詞の後の残響の素晴らしさったら!一瞬静寂になる、その前の声の残響。この日は特にその残響が素晴らしく感じた。

ヘッドホン聴けたのがすごく嬉しかった!
ライブで聴くのは久々?
こうやって、最近の曲やライブの定番曲以外も聴けることが、すごく嬉しい。

メトロは、何度聴いても本当に良い曲だなぁ…と聴き入っていたら、間奏のギターで妙な不協和音が…(笑)
高橋さん、何度か弾きなおそうとするものの、何度弾いてもその妙な不協和音が鳴って、高橋さん、「うぇぇっ!?」と変な声を発する(笑)
どんなコード押さえたらあんな変な音が出るんだろう(笑)謎だ。
やがてちゃんとした音が鳴って、そのまま歌い続ける高橋さん。

「何かが起きますね、神戸は…神戸は何と言ったって、初回でグッズが届かないという事件がありましたからね(笑)」

あれは大事件でしたね(笑)

まだ東京公演が残っているけれど、実質、今日がファイナルみたいなものです、と高橋さん。
東京はちょっと特別だから、みたいなことを。
(やっぱり東京では少し違った事をするのかな、ゲストが出たりとか?と思っていたら、やはりゲストが出演したそうですね。河野さんと順平さんのお二人が東京公演でゲスト出演したそうで。順平さんいいなー)

例によってどこでどのMCをしたか覚えていないので、ここで纏めて。

「ここにいる皆さんくらいになると、弦ペリドッツも見に来ていると思いますけど。(客席を見渡して)…見たことのある顔ばっかりなんですけど(笑)なんか怖い(笑)」

今年は弦ペリドッツが神戸で、Aloneも神戸で、大阪での公演がないので、大阪の人に怒られるんじゃないか、とそんなMC。
当初は弦ペリドッツを大阪の会場で予定していたけれど、調整がつかず神戸になったのだ、と。
「大阪から神戸ってどのくらい?30分くらい?じゃあ、いいか」
…いいのか?(笑)
私は大阪も神戸もどっちも遠いのでどっちでもいいですが(笑)(多少大阪の方が近くて行きやすいけど)

「こういう衣装で良かったな、と思います」と高橋さん。「リーゼントとか狼の被り物だったら大変だなぁと」
狼・・・はあれは衣装なのか?あれはああいう生命体なんですよね?(笑)
「さっきもその辺ぶらぶらしていて、何人かの方に声を掛けられたりしたんですが。僕に全然気づかない人がいて。僕の方が、『あ、お客さんだ』と気付くという、不思議な現象が起きていました(笑)俺ってオーラないんだな…お客さんの方が、オーラがあった(笑)」

その、高橋さんに気付かなかったお客さんって私じゃないよな!?とちょっとギクッとしました(笑)
道で高橋さんと擦れ違っても、気付かない自信がある…
高橋さんって、街にすんなり溶け込んじゃいそうだから…
でも、今回は私ではないはず。…はず!(笑)

「昨日もMCで、気に入らないことがあったら会場変えるって言ったけど全部がそうじゃない、という言い訳をしてたんだけど。神戸は、ずっとBO TAMBOURiNE CAFEでしょう」
高橋さんがそう言ったときの、カフェの店長さんのホッとしたような笑顔と、大きな拍手が印象的でした。

曲に戻って。
鳥は、低音部分と高音部分、どちらも堪能できる。
低い声も高い声も、どちらも素晴らしいんですよねぇ…何度も書いているけれど、本当に、なんであんな美しい声が出せるんだろうか。

Timepieceに収録されている新曲の時間旅行と、収録される予定だったけど収録されなかったかいじゅうがあらわれたを続けて。
時間旅行は、「おじさんにウケが良いんです」と。
「ペリドッツチーム、おじさんばかりなんですけど、みんな『良いね!』と絶賛で。でも発表してみると反応が薄くて、おじさんにウケるんだ…と(笑)」
私はおじさんではないですが、この曲、好きですよ。
でも、おじさんにウケるというのも解る気がする。主人公はおそらく、高橋さんと同年代の男性ですよね。だからそれくらいの年齢の男性の共感を呼びやすいのかな、と。

かいじゅうがあらわれたについては、
「ブログやフェイスブックに歌詞だけ載せてるんですけど。家族構成が、頭に浮かぶんですよね。二人兄弟で、四つくらい上にお姉ちゃんがいて。おばあちゃんはいるけど、おじいちゃんは死んでるな、とか。…気持ち悪いですか?(笑)」

いやいや、全然気持ち悪くないです。むしろ、なるほど、といった感じ。

今の時期にぴったりの曲をやります、と夏の後の美しい季節。
「この曲は、個人的には微妙だったんだけど…河野さんがYouTubeでこの曲を見て、良いね、ってなって弦ペリドッツでやることになって」
音源化も近いです、みたいなことを言っていたかな。
是非是非、音源化希望!
それにしても、高橋さん的には微妙な曲だったのか。綺麗な歌詞の、素敵な曲だと思うけどなぁ。

andanteは声の伸びが素晴らしかったなー。
目を閉じて聴くと、本当に心地いい。
歌詞に「風」という言葉が出てくるけれど、本当に風が吹き抜けて行っているような、そんな感じがした。

歌は常に雄弁であると某月某日4時の流れが、個人的にすごく良かったです。
雄弁の弾き語り、好きだ。歌詞が凄く真っ直ぐに響いてくる感じで。
そこからの某月~。あの圧倒的な歌声。ほんと、こういう曲を作って歌いこなせる人というのは、稀有な存在なんじゃないかと思う。

そこからのSmileも凄く良かったなぁ…
本当に、なんでこんな素晴らしい歌を歌えるんだろう、この人は…

リアカー、Lifeと曲が続き、本編ラストは、長かった一日が終わろうとしている。
一日の終わり、このライブの終わりに相応しい選曲だと思った。

本編が終わり、毎度のように、その場にとどまったまましばらくアンコールを待つ高橋さん。

アンコールの前だったか、後だったか、「どうでもいい話をしましょうか」
と高橋さん。

今日、移動中に、スタッフの女性の靴が汚い、と指摘した、という話に。
「『汚いのは構わない、それを汚いと思わないのが問題だ。そんなに汚い靴の女性見たことない』って言ってたら、今日、リハの合間に、新しい靴を買いに行ってました(笑)余計なこと言っちゃったかな、って」
…高橋さんて、たまに悪気なく毒舌だからな…怖い人だ…(笑)


そしてアンコール。

「今からアンコールでやる曲を、皆さん予想してみてください。皆さんの予想を裏切れたら僕の勝ちです」
そんな感じのことを言う高橋さん。

えー、何だろう?あの曲?それともこの曲かな?

なんて想像しながら演奏が始まるのを待っていたけど、演奏された曲は私が想像していた曲とは違っていた。
My Mind Wanders。

わー!この曲をやるとは!見事に予想を裏切られました…!
バンドではお馴染みの曲だけど、それを弾き語りで聴けるとは!
力強い、その歌声。
次なる一歩を踏み出そうとしているような、また新たなステージに踏み出す決意のようなものがあったような、そんな印象を受けた。
この曲を歌っているときの高橋さん、凄く楽しそうだった。歌うことが楽しい、そんな表情。

彼にはこれからもずっと、歌い続けて欲しい。歌っているときのその笑顔を見せて欲しい。
そう思わずにはいられないです。
高橋さんが歌っているときに時折見せる笑顔が好きです。

何度も思っていることだけど、改めて、このうたうたいに出会えてよかった、と思いました。


終演後、みんながセットリストの紙を写真に撮っていたら、それを見た高橋さんが「なんの撮影会…(笑)」とボソッと呟いていたのが面白かったです。

神戸ではTシャツを購入。
「もうすぐ誕生日なので、メッセージ書いてください」と頼んだら快く書いてくださいました。
ありがとう高橋さん!





セットリスト


夜のページ
ヘッドホン
メトロ

かいじゅうがあらわれた
時間旅行
夏の後の美しい季節
andante
歌は常に雄弁である
某月某日4時
Smile
リアカー
Life
長かった一日が終わろうとしている

My Mind Wanders


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。