スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Kickass!!Badasses!!@高松

(2014-09-05)
8月22日 the Badasses Summer tour 2014 “ Kickass!!Badasses!! ” @高松ENTERTAINMENT DINNER Penta5on

P8220959-2.jpg



広島に続いて高松も行ってきました、アッセズツアー。そのためにとった夏休みですから。
高松に来たのは初めてかな。

高松といっても、中心部からは外れた郊外。
こんなところにそんなお店が?と思っていたら、ちゃんとお店ありました(当たり前)。

中に入ってみると、なかなか格好いいお店!
普段はレストランとして営業しているのだと思うんですが、店内にはかなり本格的なライブステージが。

ステージ後ろの壁にはアッセズのロゴマークが飾られ、店内にはメンバーのポスターやアッセズのポスター。
完全にアッセズ一色の店内。
もう、お店の方々のアッセズに対する愛情が半端ない感じでしたね。
スタッフの皆さんも明るくて良い方ばかりで。一気にこのお店を好きになりました。
ちょっと行ってこよう、と思って行ける距離じゃないのが残念なところ…近くにあったら常連になりたいくらいなんですが。

ドリンクも、メンバーそれぞれのオリジナルカクテルが用意してあったり。
私はgi-naさんのカクテル(ノンアルコール)を頂きました。これ、すごく美味しかった!
(何故FIREカクテルにしなかったのか?というと、私は炭酸が少々苦手だからです…。FIREカクテルは炭酸だった)

高松ではライブ後に、公開打ち上げを開催すると事前に発表されていたので、勿論そちらも参加しました。


広島に続き、高松でも最前列で見てました。
柵はあったものの、ステージとの距離は相当近いです。

そして、高松ではオールスタンディング!
広島で、立って楽しみたい!という欲求を募らせていたので、これは嬉しい。

まずはオープニングアクトとして、BooogalooLineのライブ。
ヒケタさんのギターのお師匠さん・タメさんのバンド。
緩さと格好良さのバランスが非常にいいというか。最初、もっと激しい感じなのかな?と思っていたんですが、そんなこともなく。
何と言ったらいいんだろう、「大人なロック」とでもいうような雰囲気で、楽しめました。


お次はバッドアッセズ。

店内の数か所にモニターが設置してあったんですが、そこにメンバーとバンドを紹介するオリジナルの映像が流れる。
BGMはB.B.Q.Sauce。
この演出、格好良かったなぁ!ほんと、お店の方の今回のライブに対する情熱と愛情が半端じゃない。

そしてメンバー登場。

例によって例のごとく、私はベーシスト氏凝視です。
この日のFIREさんは、黒のTシャツ姿でした。

ドリームキャッチャー(FIREさんのベース)に、ペンタゴンのステッカーが貼ってあった。
…うーん、個人的にはあのベースにはステッカー、貼らないでほしいなぁ、なんて思ったり。ほんと、凝った装飾の綺麗なベースなので、それを隠さないでほしいというか。貼るなら裏側とか。
まあ、FIREさんのベースを彼がどう使おうが、彼の勝手なんですけどね(笑)

セットリストは広島とほぼ同じ。
Dr.からライブスタート。
スタンディングなので、最初から跳ねたり腕上げたり、ノリノリで楽しみました。
椅子に座ってのライブは疲れなくていいけど、やっぱりこういう曲はスタンディングで楽しみたい!

お客さんもお店のスタッフさんたちも、みんな盛り上げ上手というか。凄く盛り上がっていました。
それに負けじとメンバーの盛り上がり方もすごく良かった!

MCでは何を話してたかなぁ。ライブが楽しすぎたせいか、MCに対する記憶がほとんどない(笑)
昨日の夜は花火をした、とかそんな話をしてたっけ?
ヒケタさんが中学生だか高校生だかの時、生徒会長をやっていた、というのはMCじゃなくてメンバー紹介の時だったかな?
トシが生徒会長ってどんな学校、とジーナさんが言っていたけど、確かに今のヒケタさんの姿からは想像できない…(笑)
金髪グラサンで悪そうな表情でギターを弾く彼が生徒会長…
どんな子供時代だったんだろうな~。子供の頃の写真、見てみたい。

で、先ほど書いた通り、いつも通りベーシスト氏を凝視していた私。
彼の頬にホクロがあるのに気付いて、「あ、FIREさんってこんなところにホクロあったんだ」と思って、何故かそのホクロばかり見ていたことが妙に印象深く残っています(笑)
我ながら、一体何に注目して見てるんだ…と今になっては呆れる思いです(笑)
何故かその時は、それが気になって仕方なかったんですよね。

勿論、演奏もちゃんと見ていました。
広島と同じく、ステージと客席の距離が近くて。目の前でベースソロを見せつけられた時は、やっぱり思考が飛びました。
格好良すぎるって、あれは。
呼吸するのも忘れるぐらい、見惚れてしまった。
演奏中の指の動き、表情、身のこなし。どれを取っても素敵に思えてしまう。心底、私はこの人の演奏に魅せられてるんだな、と実感しました。

ステージ上手側にサブステージみたいなのがあって、そこにウッドベースが置いてあるのが、開演前から気になっていたんですよね。黒いウッドベース。
弾くのかな、って、ずっと気になっていた。
何度か書いているかと思いますが、私はウッドベース好きです。
FIREさんがウッドベースを弾いているところは、映像でしか見たことなくて、是非実際にライブで見てみたいと思っていたんです。
彼のファンになってからずっと、彼がウッドベースを弾いている姿を生で見てみたい、と。

だから、FIREさんが上手側のその場所に移動して、ウッドベースを構えた時は、もう心の中で「うわぁぁぁぁ!」と大歓声ですよ(笑)
念願がかなった…!

ジーナさんはウドベの横のピアノ(キーボードじゃなくてピアノ)に移動。
高松だけのスペシャルです、とジーナさんが言って、曲は勿論、深海。
いやー、もう、滅茶苦茶素敵やった…うっとり…
ウッドベースを弾くFIREさんにただただ見惚れていました…。指弾きも、弓弾きも、どっちも素敵すぎる…色っぽかった…独特の色気がありますよね、ウッドベースを演奏する姿って…。
これを見ることができただけでも、高松に来て良かった、と思いました、ほんと。最高だ…

ウッドベース、ほんとに良かったです…
因みにこのウドベ、お店に元々あったものだそうです。
折角あるのだから使おうか、ということになったらしい。

お店にはほかにも、サックスなんかもあって、「サックスの練習してきて、来年はサックス吹こうかな」なんて、gi-naさん。
開演前、そのサックスをFIREさんが吹いていたらしいです。どこからかサックスの音がするなぁ、と思っていたんですが、あれFIREさんが吹いていたのか。

FIREさんはもとに立ち位置に戻り、ジーナさんはそのままピアノのところに残って、レディー・ガガのカバー曲を演奏。

カタルシスの時の、星山さんの笑顔が素敵でした。
ほんと、ニコニコしながら演奏してるよなぁ。少年のような笑顔とでも言うか。
ニコニコ笑顔で演奏は格好良い。

広島と同じく、Scream of butterflyの途中でメンバー紹介。
各メンバーのソロ演奏が、本当に格好良いんですよねぇ…
もう、「格好良い」としか言えなくなってしまう。それくらい、格好良い。
(特にベースソロを食い入るように見つめていたのは言わずもがな)

本編が終わって、アンコールはKeep knocking on the door。
楽しかった~!心底楽しくって、笑いながらノリノリだったと思います、私。
曲の終わりの方で、FIREさんのベースのヘッドについている羽根(ピアス)が頭に触れて(というか羽根で頭をポンッとしてくれた)、それが何だか凄く嬉しかったです。

アンコール2曲目では、タメさんも加わっての演奏。
曲は洋楽のカバーかな?
観客よりも誰よりも、演奏しているメンバーたちが一番楽しそうでした。心底このライブを楽しんでる、という雰囲気で。
みんな凄く良い笑顔で、楽しくて楽しくて仕方ないと言った感じ。
そんな姿を見せられたら、こちらだって楽しくないわけがないですよね。
こちらも思いっきり楽しませていただきました!
メンバーもタメさんも、最高の演奏をありがとう!本当に楽しかったです!


打ち上げも、凄く楽しかったです。
出てくるお料理(うどんと骨付きチキン)も凄くおいしかったし。
なんと、星山さん特製のカレーまで振る舞われました!
(ただこのカレー、辛いものが苦手な私には合わなくて…一口でギブアップしてしまいました。ごめんなさい星山さん。凄く本格的で、凝ったカレーでした。そのままお店開けるんじゃないか、というくらい)

またペンタゴンでアッセズのライブがあるのなら、その時も是非行きたい!
本当に楽しかったですし、お店の雰囲気も最高でした。
メンバーもお店のスタッフさんたちも、最高の時間を本当にありがとうございました!


セットリスト(広島と同じく、写メ撮ったセトリの丸写し)

Dr.
Roll over on your back
Goodbye
B.B.Q.Sauce
ヴィーナス
Black Vervet
深海
BORN THIS WAY
カタルシス

Scream of butterfly

Keep knocking on the door
アンコールもう1曲(曲名不明・写メ撮ったセトリに写ってなかった)



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。