スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハルカトミユキインストアライブ

(2014-06-03)
6月1日 ハルカトミユキ インストアライブ @タワーレコードNU茶屋町店


ハルカトミユキのインストアライブに行ってきました。
3rd ep発売記念のインストアライブ。

ライブ前にCDと、同日発売のDVDを購入し、整理券ゲット。
観客は、男子6:女子4くらいの割合でしたかね?
男性が多い印象でした。

開演は19時だったけど、開演前に、
「皆様、早くから集まっていただいたので、特別にライブではやらない曲を公開リハーサルとしてやりたいと思います」
とスタッフさん。

おお、公開リハーサル!
インストアライブでそんなのあるの、初めて。

ハルカさんとミユキさんが登場。

「公開リハーサルとして、長い待ち合わせという曲をやります」
とハルカさん。

好きな曲!聴けて嬉しい~
リハーサルなので、曲の途中で「マイクの音上げてください」など指示する場面も。

演奏が終わって、
「今日は、3rd ep『そんなことどうだっていい、この歌を君が好きだと言ってくれたら。』の曲を、アコースティックでやりたいと思います」
とハルカさん。
喋るハルカさんを残し、一人先に控え室に戻ってしまうミユキさん。マイペースだなぁ…(笑)
そんなミユキさんを見送り、
「……19時からやります」と言って、ハルカさんも控え室へ戻る。


19時になり、再びハルカさんとミユキさんが登場。
ライブ本編のスタート。
私のいた位置からは、二人の姿はチラチラ見える程度。

ハルカさん、髪が黒っぽい。赤毛や茶髪を見慣れているので、黒髪新鮮だなぁ。真っ黒、というわけでもない感じだけど。後ろで髪をひとつに束ねていて、可愛かったです。

ミユキさんは、CDとDVDを持って、ジャケットを観客の方に向けながら登場。
台の上にCDとDVDを立てて置こうとして、「それは無理だと思うよ」とハルカさんに突っ込まれていました。
諦めて、寝かせて置くミユキさん。

「先日、5月28日に3rd epを発売しました。長いのでタイトルはもう言いません(笑)」
ハルカさん、自分で長いって言っちゃった(笑)

1曲目は、その日がきたら。
「玉ねぎの皮を剥くみたいに、自分をはがして行って、最後に残った大切なものについて歌った」と、そんな曲紹介(かなり表現は曖昧ですが)
「その日が来たら、自分は何を考えるんだろう、みんなは何を考えるんだろう、そんなことを思いながら作りました」と。

アコースティックでこの曲を聴くのは初めて。
ハルカさんとミユキさんの声の重なりがすごく綺麗だった…!!
ハルカさん、ちょっと高音が出にくそう?と思ったところが少しあったけれど、途中からはそう感じることもなくなった。

ミユキさんのMC。
「こんばんは、ハルカトミユキです。一応説明しときますけど、こっちがハルカで、こっちがミユキです。二人のユニットで、ハルカトミユキです。『トミユキ』『トミユキ』という人がいなくならない限り、言いつづけます!」

という、ミユキさんの主張でした(笑)
…ごめんなさい、告白しておきますと、私も一番最初にハルカトミユキの名前を見た時、「ハルカ・トミユキ」さんという男性シンガーソングライターかと思ってました…(笑)
やっぱりそういう勘違いする人、多いんだな…

2曲目は赤くぬれ。
「弾き語りのデモをミユキに聴かせると、イメージを伝えてくれるんですね。ピアノの音が欲しい、とか。この曲の時は『ギロチンの音が欲しい』と言われました。で、本当にギロチンの音が入っています。CDでは、ギロチンの音を聴いて楽しい気分になってください」
とハルカさん。
ギロチン…!?凄いこと言うな…(笑)

ハルカ「ギロチンって言ったよね」
ミユキ「言ったねー」

のほほんとした口調で、出てくる単語は非常に物騒(笑)

ハルカ「今日はギロチンの音はありません。ミユキが、グロッケンの音で可愛らしく盛り上げてくれます」
グロッケンの前でニコニコしているミユキさんが可愛かったです。

この曲、歌詞が好きです。
グロッケンを使ったアコースティックアレンジも良かったです。

演奏後、「この曲はダンスナンバーなんです」とハルカさん。
バンドでのライブでは盛り上がってくれ、と。
「処刑ダンス、というのを考えてるので、皆さん、やってください」と。処刑ダンス…!?どんなダンスだろうか…(笑)
あと、CDに入っているハンドクラップが下手すぎる、という話をしていました。
どうしても音がずれる、と。

ハルカ「あれ、わざとずらしているんじゃないんです。そういう所も聴いてみてください」
ミユキ「いい味出してたよー」

MCの順番前後してるかもしれませんが、
「インストアライブはお客さんとの距離が近くて緊張する」というハルカさん。

ミユキ「そうなんだー」
ハルカ「…そうなんだー、なんて言ってますけど、本当はこっちの方が緊張してると思いますよ」
ミユキ「緊張してます、って言ってる人の方が、緊張してないんだよー」
ハルカ「いや、緊張してるよ!」

というやり取りが何だか面白かったです。
この二人、ボケとツッコミの役割がはっきりしてるから良いわぁ(笑)

3曲目は385。
「38度5分、という意味です」とハルカさん。
大学生の時に作った曲で、大人になりたくない、大人が嫌いだ、とそういう歌だと。
38度5分の熱のあるぼんやりした頭で考えたような歌詞、とそういうことも言っていたかな。

ハルカさんの声が凄く綺麗で、目を閉じてその声に聴き入った。
透明で、鋭くて、美しい声。

ハルカ「飛ばされた3曲目については、説明しなくてもいいの?」
ミユキ「かたくてやわらかい?皆さん、大阪の人ですよね?FM802さんで、MUSIC FREAKSという番組のDJをやっていて、今日が放送日なんです。今日は、番組でepの曲の全曲解説をやろうと思っていて。東京のインストアライブでは、epの3曲目に入っているかたくてやわらかいという曲について解説したんですが、今日はラジオでやるので、ここではやりません!だから、リクエストメッセージ、たくさん送ってください!」
ハルカ「かたくてやわらかいにリクエストを送って、と」
ミユキ「全曲!みんな、全曲好きだと思うよー」
ハルカ「ミユキの熱い曲解説が聴きたい人は、リクエスト送ってください」
ミユキ「今日はリクエストたくさん来るね~!」

なんてやりとり。
実際この日は、たくさんのリクエスト・メッセージが番組に届いたようです。

あと、epのタイトルについて、ハルカさん、
「知らない人もいるかもしれないけど、短歌になってるんです。5・7・5・7・7になってるんですね。今までのepも。『なんだこの長いの!』とよく言われるんですけど『5・7・5・7・7だよ!』とその度に言っています」
と解説。
歌詞にしろタイトルにしろ、ハルカさんの言葉の選び方、凄く好きです。

ラストの曲は青い夜更け。
この曲好きだ。聴いていると、本当に夜更けの群青色の中にいるような、そんな気分になる。
そして、その群青色の中にいつまでも身を沈めていたくなる。

ステージを去る前、再びCDとDVDを手に持ち、客席の方に向けて、
「CDだけじゃなく、DVDも発売しました!買ってね!」と宣伝するミユキさん。

ライブのあとはサイン会。こちらも参加してサイン頂きました。
間近で見るハルカさんとミユキさん、二人ともすごく可愛かった…!
ハルカさんは可愛いというより綺麗、という感じかな。細くて顔小さくて、羨ましいです。
ミユキさんは可愛いです。何回か言ってますが、どうも私、ミユキさんのことが可愛くて仕方ないんですよね(笑)何なんだろう、この感情は…謎だ。なんだかとにかく、可愛い。


11月にワンマンがあるとのことなので、是非行きたいです。日曜日だし。
ハルカトミユキも出演する、7月の空中ループのイベントのチケットも取ったので、こちらも非常に楽しみ!


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。