スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Nagasa・Oneman 8 band Ver.@広島

(2014-02-26)
2月22日 長澤知之 “Nagasa・Oneman 8 band Ver.” @広島BACK BEAT 




三日連続ライブ三日目、及び二日連続FIREさん二日目(笑)

長澤君のツアー大阪公演が楽しすぎて、どうにかもう一公演くらい行けないものか?と考えて、22日の広島なら行けるのでは…?という考えが浮かんでしまった。
どのみち22日は東京から大阪まで新幹線で行くのだし、その距離が少し延びるだけやん?と。
開演時間が17時と早めだったので、終演後に家に帰ることも充分可能。

そんな風に思ってしまったんですよねぇ…暴走してます、はい。大暴走。
幾つかの予定のキャンセルと変更をし、東京行きの二日前にライブチケットを急遽購入。

そして東京から広島まで、飛んでしまいました…(笑)馬鹿です本当に。

観光する時間は全くなく、ライブを観るためだけに広島に来たという感じになってしまった。いつかゆっくり来たいです。

会場のBACK BEATは小さいハコ。キャパ180~200くらいらしい。
客席の天井はさほど高くないのに、ステージ上の天井はやけに高いという、面白い造り。
ステージ前に柵はなく、ステージが狭いため、奏者の立ち位置がステージの前の方で、かなり近くで観る事ができます。
整理番号遅めだし、先に物販覗いたりドリンク交換してたので、後ろの方で観る事になるかなーと思っていたんですが、中に入ってみたらベース前にスペースが。私のために空けてくれてるかのように(笑)迷わずそこに。
前から3列目くらいの、視界を遮るものがほぼ何もない状態で堪能することができました。

堪能したのは勿論ベース弾き(笑)ですが、ステージの幅が狭いのでメンバー全員しっかり見えましたよ。

ではライブの感想です。ネタバレ注意。

ほぼ定刻通りの開演。

FIREさんは黒いTシャツの上にシャツ(大阪と同じの)を羽織り、サイドに豹柄のラインが入った黒いパンツに、黒ブーツでした。
最初グラサンをかけていたけれど、一曲目が終わったあとではずしてました。

セットリストは大阪と一緒かな?
でも、大阪でやっていた「俺のアレ」は、広島ではやってなかった。大阪でやっていない曲をやっていたかどうかは不明…知らない曲も多いので。
終演後すぐに移動だったようなので、一曲削った可能性もある?と思ったり。
移動のこともあってか、サクサクと進行していった印象です。

今ツアー、私が見るのはこれで2公演目。
どういう風に進行していくかある程度掴めてるので、その分、大阪よりも余裕を持って見れた感じです。

一曲目は、あんまり素敵じゃない世界。
この曲の西川さんのギターソロ、やっぱり格好いいな!
演奏している途中で、唐突にFIREさんが吹き出したんたが、あれはなんだったのか。
もしも、昨日東京のライブ会場にいた人が、何故か今日もライブ会場(しかも広島の)にいる事に気づいて吹き出してもらえたんだとしたら、光栄ですけどね(笑)ま、真相は不明です。

「皆さん元気ですか?元気な人、手をあげて。……後ろの方、みんな死んでるな(笑)逆光で見えないだけ?元気ですか?(あまり反応のない後方)…闇に向かって喋ってるみたい…(笑)」
ま、無理に反応しなくていいですよ、的なことを言う長澤くん。

今日は天気が良くて来やすくて良かったですね、てな事をMCで、長澤君。
大阪公演の時は雪で大変でしたからねー。

広島で、バンド編成でライブをするのは、初めてだそうです。

MCをしている長澤君を見ているときのFIREさんの表情が、非常に優しい雰囲気で、その表情にときめきましたよ…
穏やかに見守ってる感。そして時々MCを聞いて笑う、その笑顔がたまんないですね。

大阪公演で、長澤君のイントロのギターが格好良いなと思った曲、追憶だった。
この時ばかりは長澤君を凝視。長澤君のギター、ほんと素敵だ。
で、この曲、ベースも格好良い。色っぽい。


長澤「定期的にバンドメンバーは変えるんですけど、今回一新しました。メンバー紹介は後でするんだけど…話しかけたいので、FIREさん」
FIRE「FIREです。日本人です(笑)」
長澤「グラムロックみたいな恰好がにあっしゃい…(←かんだ)…にあっしゃいますね」
FIRE「にあっしゃいますよ~(笑)」

この後変なポーズを取っていたFIREさんが可愛かったです(笑)
長澤君、大阪公演で「(バンドメンバーと)仲良くなるために、どんどん話しかけて行こうと思う」というようなことを言っていたけど…どうでしょう、だいぶ仲良くなれましたか?(笑)
音の纏まりというか、そういうのは、大阪公演より増していたような印象を受けましたが。バンドメンバーと長澤君と、お互いのペースを、より掴めてきた感じなのかなー、と。

無条件幸福の時だったかな?FIREさんの足の動きが非常にツボだった曲がありまして。
あれは良い。あのステップは良い…!(笑)

ステージ上にみっつ、大きなヴィジョンがあって、曲によってはそこに映像が映されていた。抽象的な光や模様の映像など。それが曲の雰囲気に合っていて良かったです。

死んだ後の世界に何があるのか、想像しながら書いた曲…だったかな。かなりうろ覚えなんで全然違うこと言っていたらすみません。制約があるんで歌詞を変えたりした、とかそんなことも言っていたような。そんな曲紹介のあと、フラッシュバック瞬き。
フラッシュバック瞬きの時も、映像が流れていた。
この曲やっぱり好きだな。メロディや言葉の乗せ方が好きなのと、長澤君の歌い方も好きなのと。あと、ギターも格好良くて良いなぁと。
この曲の時、今回もFIREさん、コーラスじゃないところで歌を口ずさんでいて、その姿にまたしてもグッときてしまう。
この曲以外の時でも、結構、コーラス以外のところで歌を口ずさんでいて、その度になんだかドキドキしてしまいました。私はどうやら、バンドメンバーがコーラス以外のところで歌を口ずさんでいる姿が好きらしい。

大阪で格好いいなと思ったけど、その時はタイトルがわからなかった曲、たぶん幻覚という曲かな?
最初ゆったり目で、サビでいきなり音がガツンと来るのがめっちゃ格好いい。

誰より愛を込めて、大阪ではなかったコール&レスポンスがあった。名古屋からやりはじめたのかな?
ある人に、「長澤、コール&レスポンスって知ってるか?」と言われたそうで。
あんまりそういうの好きじゃなかったんだけど、こうやって一方的に喋ってるのもどうかと思うし、とそんな感じのMC。
曲の前に少し練習。長澤くんが歌ったあと「愛を込めて~」と観客が続く。「綺麗な声ですね」と長澤くん。

大阪公演では、CDに入っているNabowaが演奏しているこの曲と、ライブで演奏されるこの曲との、その演奏の違いに対して違和感を強く覚えてしまったのだけど、広島ではその違和感が全くなかった。
曲の前に、長澤くんが「CDに入っているのはNabowaバージョン、今日やるのは広島バックビートバージョン」と明言してくれたからかも。
別のものだ、と気持ちを完全に切り替えられた。広島での、この会場だけの演奏を純粋に楽しめました。
「君のためにギターソロを」の後の西川さんのギターソロ、格好良かった!
間奏での、各メンバーのソロも最高でした…!
ステージ前方に出てきてベースソロを弾くFIREさんの姿に釘付け。ほんと格好いいなー!
コール&レスポンスも良かったです♪なんだかすごくハッピーな気分になりました。

MCをしながら、もぞもぞ動いている長澤君。
ギターをかけたままの状態で、Tシャツの上に羽織っていた黒いカーディガンを脱ごうとしているらしい。
ギターは下ろさず、もぞもぞ器用にカーディガンを脱いでいく。その様子が面白くてクスクス笑う観客。脱皮、という感じでした…(笑)
長澤君の着ていた白いTシャツ、可愛かったなー。

その直後にFIREさんも羽織っていたシャツを脱いで黒いTシャツ姿に。こちらは、ベースを袖にいたスタッフさんに預けて普通に脱いでました。

MCで、PV集の話を。物販で買ったPV集を掲げて見せる観客に、「おお、それそれ!」と嬉しそうな長澤君。
買ってください、と宣伝。
しばらくそのPV集の話をした後、妙な沈黙があり、そして長澤君、ものすごく唐突なタイミングで西川さんに話しかけた。
あの時の西川さんの表情、面白かったです(笑)完全に気を抜いていたのに、急に長澤君に話しかけられて、えっ!?という顔をしていました(笑)
「…このタイミングで!?」と西川さん言っていたけど、おそらく、あの場所にいた長澤君以外の全員が「このタイミングで!?」と思ったに違いない(笑)

長澤「西川さんは、PV作られたことはありますか?」
西川「ありますよ」
長澤「どんな感じで出たんですか?」
西川「ちょっと裸で」
長澤「絶対嘘だ~(笑)ちょっと裸、『ちょっと』って!(笑)」

どの曲の時だったか忘れたけど、ステージの床の上に、ミラーボールが回っているときの様な光が。
でも、ぱっと見た感じ、どこにもミラーボールが見当たらない。
一体この光はどこから?と探してみたら…あった。ステージの上の、高い天井に取り付けられていた。そこにあったのか!とちょっと吃驚。ミラーボールって、だいたい観客席の天井についてますよね。面白いなー。
で、そのミラーボールに向かって照明が当てられていて、照明の色によってミラーボールの光も色が変わっていて。ステージ上方の壁にカラフルなミラーボールの光が映っていて綺麗でした。

FIREさんの、演奏中の身体の動きというか身のこなしが非常にツボだった曲があって。その姿は目に焼き付いてるんだけど、どの曲の時だったのかすっかり忘れてしまっている、という(笑)
これもどの曲だったか忘れたけど、手拍子をするかわりにベースのネックを叩いていて、その仕草が格好良かったなー
私はとことん、彼の演奏している姿が好きなのだなーと思います。演奏中の指の動きは勿論、曲に合わせて体を揺らしたり、頭を振ったり、ステップ踏んだり、そういう動きがいちいちツボ。演奏中の表情やコーラスしているときの表情も好き。
今のFIREさんの髪型好きだなー。黒髪だし、長さも好み。

前日のライブとは全く違った雰囲気のFIREさんの演奏に、酔いしれていました…

本当に全然雰囲気違うんですもん。どっちも格好良いですけど。
マーバンでの演奏の雰囲気はマーバンのライブでしか見られないし、長澤君のライブでの演奏の雰囲気は長澤君のライブでしか見られない。
ペリのライブではペリのライブならではの雰囲気になるし、ヤイコのライブではヤイコのライブならではの雰囲気になる。
ライブによって様々な雰囲気を見せてくれる、だから好きなんです。そのライブでしか見られない雰囲気を見たくて、色んなライブに行ってしまう。
ほんと色んな演奏を聴かせてくれて、色んな姿を見せてくれる…見れば見るほど、もっと見たくなってしまう。

…気持ち悪くてほんと申し訳ないです(苦笑)


ライブ後半は盛り上がる曲が集中している印象。盛り上がりましたね!

長澤君が一度、ギターのネックをマイクスタンドにこすり付けるようにして音を出していて、それが格好良くておおっ!と思ったり。
長澤君とFIREさんが向かい合って演奏しているときに、FIREさんが長澤君のギターの弦を一度軽く叩いていて、その姿にときめいたり。

今回のツアーでP.S.S.O.S.を聴けたことが、本当に嬉しいです。
長澤君との出会いの曲なので、思い入れが強いんです。
そしてその曲を、自分が好きな演奏家が演奏してる、というのがね…不思議な感慨深さ。

歌詞に「愛を歌う」と出てくる歌、タイトルが解らないんですが、大阪で聴いたときにこの曲好きだなーと思って。
改めて広島で聴いて、やっぱり好きだなーと。

EXISTERが凄く格好良くて凄く楽しい!
盛り上がった!この曲ほんとバンドでのライブに映える曲だなー
ジャンプしながら演奏しているFIREさんが格好良かった!

マンドラゴラの花では長澤君の声に聴き入る。
そして本編ラストはSTOP THE MUSIC。楽しい時間はあっという間だ…

アンコール。
メンバーはツアーグッズのTシャツに着替えてました。西川さんはシャツの上にTシャツ重ね着。FIREさんは、グッズのタオルも掲げて見せてた。
大阪では雪の影響で届かなかったツアーTシャツ、実物初めて見たけど、格好良いデザインだなー!普段着ていても、全くおかしくないデザイン。襟が広めにあいているのが良いですね!

長澤君は白いTシャツのまま。
西川さんが、あれの正式名称なんていうんだろう…パーティーなんかの飾りつけで使う、キラキラのやつ、レイみたいな、あれを長澤君の首にかけてた(笑)

長澤「こんなところでメンバー紹介をします。今、これ(キラキラ)をかけてくれたのが、ギターの西川進さん」
西川「うぇーい!!」

出た、うぇーい(笑)大阪ではやたらうぇいうぇい言っていたのに、広島ではここまで一回も言ってなかったので、もう言わないのかと心配した(笑)
うぇーい聴きたかったので言ってくれて良かったです(笑)
その後紹介されたFIREさん、タナジュンさんもそれぞれ、うぇーい!言ってました(笑)

アンコールの曲はGOODBYE,HELLO。
楽しくて楽しくて、おそらく私は満面の笑みを浮かべながら聴いていたと思うよ。
演奏しているメンバーも楽しそうだった!笑顔で演奏してました。
もっともっと、聴いていたかったなぁ。ずっとあの楽しい空間にいられたら、どれだけ幸せだろうか!

GOODBYE,HELLOが終わって、メンバー退場。
FIREさん、最前列のお客さんとタッチしてた。いいなー羨ましー(笑)
退場していくときのタナジュンさんの笑顔が素敵だった。ニコニコしながら最前列のお客さんとタッチ。いい人そうだなぁ、タナジュンさん。

鳴り止まない拍手に、しばらくして、長澤君一人再登場。

「何にも考えずに出てきちゃったけど」と長澤君。

男性のお客さんが、この曲やってください、とリクエスト。でもこの幸せな空気の中で、その曲はちょっとね、と長澤君。
次に何か曲名を言った女性のお客さんを指差し、長澤君、「今度結婚するんだよね?」と。「手紙を貰ったんです」。

別の女性客が、「結婚したーい」と言うと、長澤君「結婚するの?…結婚したいの?知らねーよ!(笑)結婚、したいねぇ」なんて言う(笑)

で、その結婚する女性がリクエストした曲を、弾き語ることに。タイトル、君だけだ、だったっけ。
「人がたくさんいるところではやりたくないから、ここでやります。音源化してない曲だけど」と。

いやー、もう、ものすごく幸せで暖かい空気に包まれました!
あの空間にいられたことが、あの空気をあの場所にいた人たちと共有できたことが、本当にハッピーでした。
ありがとう、長澤君!
長澤君がステージを去った後も、結構長い間、拍手が鳴り響いていました。その拍手がまた、温かい。

急遽決定した無茶な遠征でしたが、行ってよかったです。

大阪のJANUSという大きめの会場と、広島BACK BEATという小さい会場、その二つの会場で見ることができたのも良かったなー。
やっぱり会場によってだいぶ雰囲気変わりますね。

どちらも本当に楽しかったです!



セットリスト。だいたい大阪と同じ?これ以外にも何曲か、やってます。曲順は適当。


あんまり素敵じゃない世界
明日のラストナイト
追憶
無条件幸福
フラッシュバック瞬き
幻覚
誰より愛を込めて
ハレルヤ
黄金の在処
24時のランドリー
P.S.S.O.S.
EXISTER
マンドラゴラの花
STOP THE MUSIC

・アンコール
GOODBYE,HELLO

・アンコール2
君だけだ



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。