スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


卒業改め留年ライブ

(2014-02-24)
2月21日 the MARCY BAND サンキューMAD!! PLANET OF THE MONKYS~卒業~ @渋谷La.mama




東京2Days二日目、及び三日連続ライブ二日目です。La.mamaにてthe MARCY BANDでした。

ドラムのMADさんの卒業ライブ、の予定だったんですが…
なんと、直前になってMADさんがインフルエンザで出演できないと。このタイミングでインフルエンザって!ある意味凄いね…(笑)

というわけで、卒業改め留年ライブということになりました。

出演できないMADさんの代わりに、

natsume
酒井友太

kenT

という四名のドラマーが出演。
MADさんのおかげ、といったらMADさんに悪いんだけれども…スペシャルなライブを見ることができました。

ライブ前にメンバーが登場し、MADさんがインフルエンザになった旨の説明と謝罪。
ステージに一列に並んで頭を下げるメンバーの姿が面白かったり(笑)

単位が足りないので卒業できません、留年です、と。

リハの日に、最初に連絡を貰ったのはジーナさんで、よほど慌ててたのか泣き顔の顔文字がいっぱい並んでいたらしく(笑)
電話したら「どうしよう~」(←ジーナさんによる声真似、非常に情けない感じの声だった・笑)って(笑)
取りあえず病院行きなさい、と。

で、リハに三番目に到着したのが峰さんで、到着したらジーナさんとFIREさんが深刻そうに「どうする?」と話し合ってて。
「どうしたの?誰かインフルエンザ?」と峰さん、言ったらしい(笑)大正解!って。
メンバーも吃驚したでしょうし慌てたでしょうね…

その代わり4人のドラマーが叩いてくれます、と。
「二日前にドラム叩いて、って言われたら、皆さん叩けますか?」なんてことを峰さん。

普通ライブ前のリハって短い時間でやるものだけど、今日は全部通した、とそんなことをライブ中のMCで言っていたかな。二回公演ですよ、と。
そりゃそうですよね…一緒に合わす時間もほとんどなかっただろうし。
でもそんな風に急に決まって練習する時間もあまりなかった状況とは思えない演奏でした、皆さん。凄いなぁ…

で、改めての卒業ライブは行うと。いつやるかはまだ未定。
皆さんお忙しいんでなかなか集まれないと。
「MADさんがツアー出てる時に入れちゃおうか。ダブルブッキングで出演できないので、卒業できない」「強制留年?」「卒業はできないけど、出演もできない(笑)」
なんて話を、ライブ中のMCでしてましたっけ(笑)
卒業できるのかな、このままずっと叩いてるんじゃない?とかって。

で、「MADさん見てるかなー。草葉の陰から」「骨壺の中から。骨壺開けて出てくるんじゃない?」なんて、散々な言われようされてましたね(笑)

「次のドラマーをどうするか」という会議も全然纏まらない、と。呑みに走っちゃうから途中から只の飲み会になっちゃうらしい(笑)
「あの技術をとるか、それともキャラをとるか」が問題らしいです(笑)
某エアーバンド(ごーるでんなんちゃら)のドラマーなんていいんじゃないか、あれくらいのキャラが必要だ、とか。
面白いヤツみつけてきてドラム習わせようか、とか。
そんなことをライブ中のMCで言ってました。


ライブのことに話を移します。あ、セットリストは全然わからないので書けません…
その、謝罪会見(笑)が終わった後、メンバーは一度退場して、その後改めて登場、ライブスタート。

4人のゲストドラマーは順番に登場し、各人三曲ずつの演奏でした。

最初はナツメさん。
ナツメさんは、去年5月のマーバンのライブで一度見てます。
相変わらず美人でした!
ほんとスタイルが良い!細くて背が高くて、顔小さくて。こんな美人に生まれてみたかった…(笑)

ナツメちゃんは、去年のツアーでMADがダブルブッキングで出られなかったときに叩いてもらいました、とそんな紹介。
「毎度お騒がせだねあいつは(笑)」とかって言ってましたね(笑)

3曲が終わって、ナツメさん前へ。
「スタイルが良いから、俺と並ぶと、こんなんだよ」とマーシーさん、ナツメさんの横に立って。
ナツメさんのほうが背が高い。本当にスタイル良いなぁ…
それを見ていた峰さん、
「明け方の六本木で見るような光景だよね」と(笑)
ジーナさんも同意して、「犬とか買ってもらっちゃってる感じだよね」

今後のライブの告知をして、ナツメさん退場。
ステージを去る前に、ジーナさんとハグ。「いいなぁー!」と羨ましがる峰さん、「あなたは別料金!」とジーナさん(笑)

「今日は、ドラマー以外にもスペシャルなことがある」とジーナさん。
でも他のメンバーが「なにそれ?」みたいな反応をするので、ちょっと焦ってたのが面白かったです(笑)「スペシャルあるじゃん!!」って。


二人目のドラマーは酒井友太さん。うーた、と呼ばれていました。
「美人のあとがこんなのですみません!」とうーたさん。
ジーナさんとFIREさんは前から知っていたけど、峰さんは今回初めて会ったそう。
FIREさんの後輩だとか?
「音は聴いたことなかったんだけど」とFIREさん、「絶対大丈夫だから!って言ってたのに!?」と峰さん。凄いやつがいると聞いてたから、とFIREさん。

峰さん、結構うーたさんをいじってた印象。いじってたというかいじめてたというか(笑)嫌な先輩風(笑)

うーたさんとの演奏が1曲終わって、
「凄いなー、全然間違えないもん!」とマーシーさん。どうやら自分は間違えちゃった様子(笑)
「今日はドラマーが一番しっかりしてる」と。

うーたさんも最後に告知。
うーたさんのやっているインストバンドが、例のエアーバンドと同じところからCDを出すらしく、
「○○(エアーバンドのドラマー)に、よろしく言っといて!マーシーバンドがドラム探してるって」と言うマーシーさん(笑)


三組目は楓さん。
映像では見たことがあるけど、実際に見るのは初めて。
格好良い、イケメンだと、マーシーさんや峰さんがやたら褒めてた。

楓さんの時に、「さっきスペシャルなことがあるって言ったじゃない」とジーナさん。
なんと、もう一人ゲストが。去年、FIREさんがライブに出れなかったときに、代打で演奏してくれたベーシストの方(お名前失念)が登場、彼がベースを弾くと。
そのあいだFIREさんどうするの?と問われ「見てていい?」とFIREさん。
もちろん見てるわけはなく、マイクを手に取り、「歌います」とセンターへ。ここで歌うの初めて、と。
モニタースピーカーに片足をかけポーズを取ってるFIREさんを見て、「こういうボーカリスト、NANAに出てこなかった?(笑)」と峰さん。FIREさん細くてスタイルが良いんで、そんなポーズもなかなかサマになってた。
で、何故かやたら弱々しく苦しそうなウイスパーボイスでMCを始めるFIREさん。「体が弱くてすぐに息が切れてしまうボーカリスト」を演じはじめる(笑)「格好良いかな、と思って」という事らしいです(笑)
今日は来てくれてありがとう、とかなんとか、そういうことをウイスパーボイスで言っていた、と思う。かすれ声過ぎて、あと笑いすぎてあんまりちゃんと聞き取れてません(笑)
歌はかすれ声ではなく、がっつり歌ってました。曲は勿論Wow Yeah!!です。
ただ演奏中もふざけっぱなしでしたが。お客さんに絡んでみたり、間奏中に変な動きをしたり、ステージ上動き回ったり。ヴィジュアル系っぽいねちっこい歌い方というか?そういう歌い方をしてみたり。
FIREさん、ベスト型のパーカーを羽織っていたのですが、途中でそのパーカーのフードをすっぽり被ってた。フードを押さえながら歌うFIREさん。その格好を見て、ああ、こういうボーカリスト、いるなぁと思う私。見たことある感じ(笑)
で、間奏で再び「体の弱いウイスパーボイスのボーカリスト」登場(笑)
ステージ上にしゃがみこんだりしてた(笑)FIREさん、体つきがほんとほっそいんで、それもサマになってると言えばなってるような(笑)
で、「これマイク入ってる?入ってる?(←かすれ声)あ、入ってるわ(←普通の声)」なんてやったり(笑)
ああ、もう。笑い死に、及び萌え死にするところでした…
笑いすぎて、そして萌えすぎて、膝から崩れ落ちそうになりました…(笑)
あかんわー。あれはあかんわー(笑)あの映像欲しい。永久保存したい(笑)
FIREさん、めっちゃ楽しそうでした。

当たり前の話ですが、ペリのライブでは、あんなFIREさんの姿、絶対見れないわけで。
追いかけてて良かった、と思いました(笑)ここでしか見られない姿。
これ見れただけでも、今回、東京まで見に来て良かった、と思いましたね、ほんと。
ハンドマイクで歌うボーカリスト・FIRE氏、というレアなものを堪能できました。

おふざけはともかく、ハンドマイクで歌うFIREさんの姿、ほんとサマになっていて。
この人ボーカリストとしても通用するんじゃないか、と思いました。
あ、でもベース弾いてコーラスしてる姿が見たいので、ボーカリストに転向はしないでください(笑)

最後、動き回りすぎたせいで、マイクのコードが足に絡みついちゃってるFIREさん。
それをほどいて自分の立ち位置に戻った後、「あー面白かった!」と(笑)
「シダックスに来たみたい」と。カラオケのノリですね(笑)

「すごいねー、歌えちゃうんだね。なんでもできるねー」とジーナさん。
「地方の、深夜のスナックのカラオケみたいだ」とマーシーさん。

「ベース持ってないから、エアベースしながら歌うんじゃないかと思ってた」とマーシーさんに言われ、
「ここ(普段ベースで隠れてるところ)丸出しだからめっちゃ恥ずかしいですよ!」とFIREさん。
マーシーさん、「もっと恥ずかしいことしてるから大丈夫だよ」と(笑)

その後、汗かいちゃったと、パーカーを脱ぐFIREさん。

マーシーさんとジーナさんが、真似をしてウイスパーボイスで喋ってたら、お客さんから「聞こえません」と冷静なツッコミ。このツッコミが面白かったです(笑)

そしてすっかり存在が霞んでしまった、ゲストの楓さん…(笑)

次の曲からはFIREさんはベースに戻りました。

あ、もちろんベーシストFIRE氏も堪能いたしました!いつものことながら、ほぼ、FIREさんしか見てません(笑)
結構近い位置で見ることができて、最高でした…
格好良かった…
もう、それしか言うことがないです。格好良かった。
どこがどう格好良かったのか、説明しようと思ってもうまく言葉が出てきません。好きすぎて説明できないんですよ(笑)
何をしてても格好いいなと思ってしまう。病気だ(笑)
彼が演奏している姿が大好きだと、ほんとそれだけですね。ドキドキしっぱなしでした。

最後のドラマーは、高校生ドラマー、ケント君。
彼の演奏、見てみたかったので、本当に楽しみで!
MADさんにはほんと申し訳ないんだけど、ケント君が出演すると知って、かなり嬉しかったのは事実です…(笑)

高校二年生だそうで。
黒目勝ちな目が可愛い!髪の毛サラサラ!ほっそりとした体つきでスラッとした手足。めっちゃ可愛いやん…
モテそうだなぁ、彼…(笑)

「可愛いー。今日、うち泊まる?」とジーナさん。
それに対し「怖いー。生々しいー!」と峰さん。
生々しいって、私そういうキャラなの?と応じるジーナさん(笑)

その間も黙々とセッティングしてるケント君(笑)

ケントが留年したら洒落にならないよね、なんてことを、MCで。

「担任の先生、何て言うの?(ケント「クニイ先生です」)クニイ先生にみんなで謝りに行こう」とマーシーさん。

「車の中で、『クニイ先生だから、クニーでよくない?』とか言い出すんだよ(笑)」と峰さん(笑)

せっかくケントが来てくれたんだから、と、まずはマーシーさんのソロアルバムの中から、授かりし命と共に。
うわー本物だー!本物だー!と興奮しながら聴いてました。
正にPVのあの感じ。めっちゃ格好いい…なんだこれ…!?
ケント君の演奏、あれは凄いわ。あの、華奢な体つきで可愛らしい顔立ちの少年が演奏しているとは思えないような、迫力ある音。
凄いな…これはほんと、凄い。見ることができて良かったです。
曲中のデスボイスは、ジーナさんがやってた。
で、この曲、ベースもめっちゃ格好いいんですよ…
ドラムも見たいしベースも見たい。いったい私はどこを見たらいいんだ!?という感じでした…

MC中、ケント君を10年後のマーバンのドラマーに、とお客さんからの声。
「ちょっと待って、俺10年後約束できないよ!?」とマーシーさん。
大丈夫でしょ、とジーナさん。
その場合、10年後までのドラマーはどうしたらいいんだろう…(笑)

演奏中、ケント君がドラムスティックを一瞬パッと手から離して、すぐにキャッチする、という動きをしていて、それが格好良かったなー。
あと、スティックをクルクルっと回しているところを、生で見ることができて良かったです。あれちょっと生で見てみたかったんですよね。

ケント君をゲストに迎えた3曲が終わったところで、本編終了。

ケント君と一緒に、メンバーも退場。
でも、割とすぐにアンコールでステージに戻ってきた。外が寒いので、早く中入ろう!と入ってきたらしいです(笑)

アンコールも引き続き、ケント君のドラムで。
曲なにやってたっけー。夜をぶっとばせ?なんせとにかく楽しかったな!

アンコール終わって、退場するメンバーの皆さんとタッチできました♪
ステージに続く道の横にいたので。
今回は逃げませんでした(笑)(こういう場面になると、すぐ身を引いてしまってタッチし損ねる性格…)
ケント君ともタッチしちゃった~。ケント君ほんま可愛いです。

で、すぐさまダブルアンコールでステージに戻ってくるメンバー+ケント君。
アンコールで出てきたときより、更に早い(笑)
寒い寒い言いながら、戻ってきました。よっぽど寒かったんでしょう。

最後は、愛を飾ろう。
曲冒頭の、ドラムの掛け声は、もちろんケント君がやっていました。ぎこちない感じで可愛かった(笑)

ほんと楽しかった!今回限りのスペシャルなライブ。参加できてよったです。

さて、改めての卒業ライブは、いつになるんでしょうね…?
こうなったら、そちらにも参加したいですが…行ける日だといいなぁ…

そして、そのときはちゃんと卒業できるのか!?また留年、なんてことにならないですよね(笑)




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。