スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


音楽遍歴(1998~2007)

(2014-01-04)
なんとなく、自分の音楽遍歴を纏めてみようかな、と思い立ちました。

以前は、音楽に全く興味にない生活を送っていました。
あの頃の自分が、今の自分を見たら、驚くと思う。そしてきっと呆れるでしょうね。

でももし、もう一度過去に戻って、「音楽好きになる道」と「音楽を聴かない生活を続ける道」の分かれ道に立たされたとするなら。
きっと私は迷わず、音楽好きになる道を選ぶと思う。

音楽聴いてない方が、確実にお金は貯まってると思うよ(笑)
CD購入費、ライブチケット代、ライブに行くための交通費、購入したグッズやライブのドリンク代…今までにそういうものにつぎ込んだお金を計算したら、凄い金額になるだろうね…恐ろしい(笑)

では、音楽を聴かない生活を選んだ自分、というものを想像してみると…

多分、地元に引きこもった生活をしているだろうな。
休日にでかける場所といえば、地元の図書館や本屋くらいで。
後はずーっと家で本を読んでゴロゴロして。よれよれのどうでもいい服ばっかり着て過ごしてるんじゃないか?

一人で東京に行く、そんな経験もしてないかもしれない。
知らない場所に行くのは、人一倍苦手な性格だし。大阪や神戸にだって、滅多に行ってないんじゃないか。
一人で新幹線に乗ったり、夜行バスに乗ったり。そんな経験も、きっとしてないんじゃないか。そう思います。

もともと、非常に臆病ですぐに自分の内側にこもってしまうタイプです。
人と接するのが苦手で、知らない場所に行くのが苦手で。

そんな自分が知らない場所に一人で出かけ、一人で新幹線に乗ったり夜行バスに乗ったり、ホテルに泊まったり。
大阪、神戸、東京、名古屋etc…いろんな場所にでかけて行って。
そして、ライブ会場で、音楽を通じて知り合った方々と会って喋って。
(住んでる場所も年齢も職業も違う、普通に生活していたら出会うことのなかったであろう人たちと出会えるのって、本当に凄いな…と今改めて思った)

音楽を聴いていなかった頃の自分では、考えられなかったこと。

音楽を聴くようになったことによって、ほんといろんな経験をさせて貰えてるな、と思います。
そういう経験により、閉じこもりがちな自分の性格が、少しずつではありますが、外に開いて行っているような…そんな気がします。

音楽を聴いたりライブを観たりして感じた感動や喜びや楽しみは、お金には換算できなぁ、と思います。
辛いときに支えになってくれた音楽。力をくれた音楽。
そういった音楽に、出会えてよかった。そう強く思います。

すっかり前置きが長くなった…この長文癖は、治りそうもないです(苦笑)


では、私の音楽遍歴を振り返ってみます。
アーティスト名の後ろに()で曲名が書いてあるのは、出会った(好きになった)きっかけの曲です。

■幼少期~小学生
全く音楽に興味なし。

■1998年~2000年
98年の2月頃、ラルクに出会う。
たまたま見ていたテレビの音楽番組。そこで見たhydeさんの「黒髪」に惚れる(笑)
ああいう、バンドで歌っている人ってみんな茶色や赤や青や…いろんな色に髪を染めている人ばかり、というイメージを持っていたので(実際、あの頃テレビに出ていたバンドマンはほとんど髪を染めていたと思う)、真っ直ぐで艶やかなhydさんの黒髪は、珍しく思えて印象に残った。
今思うに、あれは私の初恋だ。hydeさんの黒髪に恋しちゃったのだ、当時小6の私は(笑)
同時に、曲も印象に残った。どうしてもその曲が気になってCDが欲しくなり、まずラジカセを購入。
そして、CDを買った。人生で初めて買ったCD。L'Arc-en-Cielの「winter fall」。
次のシングル「DIVE TO BLUE」が出る頃には、すっかりラルクファンに。
中学三年間は、ひたすらラルクを追いかけていました。
シングル三枚同時リリースだの、アルバム二枚同時リリースだの、シングル二週連続リリースだの、中学生のお財布には非常に厳しいことをやってくれるラルクでしたが、懸命について行きましたよ…(笑)
この頃の私は、音楽好きではなくただのラルク好き。もっと言えば、hydeさん一筋。
白状してしまえば、ギターとベースの区別がついていなかった。kenちゃんが持っている方がギターで、てっちゃんが持っている方がベース、という認識しかありませんでした…
(ちなみに、HONEYが発売されたころ、hydeさんが髪を短く切って、メッシュを入れツンツンした髪型にしてしまった時は、かなりへこみました…ある意味、失恋)

ラルク以外だと、B'zを少々聴いていました。


■2001年~2002年
相変わらずラルクは聴いていました。他にこの頃よく聴いていたのが、鬼束ちひろ。
彼女に最初に出会ったのは、ラルクが出演していたので見ていたMステ。2000年の秋ぐらいかな?
その時演奏された曲「月光」の歌詞や世界観に衝撃を受けて、何だこの歌!?と思った。
中学卒業間際に、友達に1stアルバム「インソムニア」を借り、2ndアルバムと3rdアルバム(いずれも2002年)は自分で購入。
3rdアルバム「Suger High」に収録されている「Castle・imitation」は、本当に何度も何度も聴いた。


■2003~2004年
音楽から離れていた時期。ラルクから離れ、それと同時に音楽を聴かなくなる。
2004年は、本当に全く、音楽を聴いていなかった。


■2005年
音楽と縁のない生活を送っていた05年の春、突然従妹から「ラルクってまだ活動してるの?」というメール。
聞けば、いきなりラルクに嵌った、とのこと。
昔、中学生の頃に私が、MDにやいて従妹に渡したラルクの曲を最近たまたま聴いて、「ユッキーのドラムカッコいい!!」と唐突にハマってしまったらしい。
そんな従妹に付き合っているうちに、一旦は完全に消えてしまったはずのラルクへの熱が再燃してしまう。
従妹のせい…いや、中学生の頃の私のせいで、再びラルクに連れ戻されてしまったわけです。
中学生の時はhydeさん一直線でしたが、この時はそうならず、kenちゃん格好ええ!!とkenちゃんの魅力に目覚めてしまう(笑)
ラルク以外の音楽も聴いてみたい、と思いだしたのも、中学生の時とは違う点。
でも、「いろんな音楽を聴いてみたい」と中古で色々CDを買ってみたりしたものの、好みの音楽とは出会えず。
「別に無理して、いろいろ聴かなくてもいいか」と思って探すのをやめた途端、自分の好みの音楽と出会えるようになった。不思議なものである。

椿屋に出会ったのも、この年。
最初は、ラルク目当てで買った雑誌でその名前を見かけ(シングル「紫陽花/螺旋階段」が出た頃)、「椿屋四重奏?綺麗な名前だな」と名前が印象に残った。
9月になり、CDショップで見かけた椿屋のアルバム「薔薇とダイヤモンド」のジャケットに強く惹かれる。
買おうかな、どうしようかな、と悩み、最終的に購入。日付をはっきり覚えている。10月23日、北野白梅町のJEUGIAで買った。
曲を聴いたら、これがもう、好みど真ん中で…あっという間に、彼らの虜となってしまった。

他によく聴いていたのは、レミオロメンなど。
レミオ、途中で聴かなくなってしまったけれど、この頃はかなりハマっていた。ラジオで聴いた粉雪がきっかけ。

人生初ライブは05年、学祭のYUIのライブ。
私は特にYUIファンではなかったのだけど、従妹がYUI好きだったので一緒に見に行った。


■2006年
実家がケーブルテレビに加入、スペシャやM-ONが見られるようになる。帰省した時は、飽きもせずミュージックビデオ番組を眺めていた。
ラジオ、特にFM802をよく聴くようになったのもこの頃。この二つにより、更にいろんな音楽と出会うようになる。

8月、従妹と一緒にHYDEさんのライブに行く。
従妹が某所で譲って貰ったチケットなのだけど、大阪城ホールで前から二列目くらいという非常にいい場所で観る事ができた。
HYDEさんのライブだけど、ギターのKAZさんに心を奪われていた。

椿屋のライブに初めて行ったのも、この年。初めてのライブハウス。
この時も従妹と一緒に。ライブハウスに行ったことがなくて、不安だったので従妹に付いて来てもらった。
どこで見る?と訊いたら、大学の軽音部でベース弾きだった従妹は、ベース側で観たい、と。
じゃあそうしようか、ということでベース側で観た。以降、私は椿屋のライブはほぼ毎回ベース側で見るようになった。
今の私は、楽器を演奏する手元を見るのが好きなんですが、それの原点はたかしげじゃないかなぁ。たかしげ、ほんとに綺麗な指だったもの。あの指を見ているのが好きだった。
そして私のベース好きの原点も、やっぱり彼だろう。今でも大好きなベーシストです。

この年出会ったのは、peridotsとAPOGEE。
この二組はほぼ同時期に出会い、同時期にCDを買い、初めてライブを見たのも同時期。

peridotsは、5月か6月頃、FM802で流れていた「労働」がきっかけ。綺麗な声と、「働こう」というフレーズが妙に耳に残った。
06年10月、ペリが802のMUSIC FREAKSでDJを始め、それを聞くうちにどんどん好きになっていき、11月頃にミニアルバム「PERIDOTS」を購入した。

APOGEEは、実家に帰省中にスペシャか何かで見た「ゴースト・ソング」のPVがきっかけ。PVも曲も、永野さんの声も気になった。PVの大城さんが男なのか女なのか、本気で悩んだ(笑)
その後、シングル「グッド・バイ」が出た頃にその曲をラジオで聴き、やっぱり気になるなぁ、となって、アルバム「Fantastic」を発売された後すぐに購入した。

その他、この年に出会ったアーティストは、アジカン(ワールドアパート)やplane(桜はまだ咲いている)など。


■2007年
この年行ったライブは16本。本格的に、私のライブ通いが始まる。

私がライブ好きになったのには、この年一番最初に行った、APOGEEのライブの影響が大きいと思う。
初めて、一人でライブハウスに行った。初のAPOGEEのライブ。
凄く楽しかったんですよね。で、ライブ楽しい!一人でもライブ行けるやん!大丈夫やん!と思った。
もしこの時のライブがつまらないものだったなら、そんなにライブ好きにはならなかったかもしれない。

初APOGEEライブの数日後、今度は初peridotsのライブ。無料招待ライブで、当選はがき一枚で2名入ることができたので従妹を誘った。
何でこの人、ミニアルバム1枚しか出してないのに、こんなに曲があるんだろう?と思った。まだそこまでペリに詳しくなくて、未発表曲が大量にあることを知らなかったんですよね。
その次に見た、6月30日のワンマンライブで、私はペリに完全にハマることとなる。
この時聴いたeyesに、息ができなくなってしまうほどの強い衝撃を受けた。歌を聴いて、息ができなくなって只々立ち尽くす、そういう感覚を初めて味わった。なんだこれなんだこれ、何なんだこの歌はこの人の声は、と本当に衝撃だった。あの瞬間、私は高橋さんの声に完全に囚われたのだと思う。
「ハグ会」をやったのもこの年でしたっけ(笑)懐かしい。

サカナクション、NICO Touches the Wallsにはこの年出会った。
サカナクションは、私の記憶が間違えじゃなければ、ライブ映像を繋ぎ合せてPV風にした映像(曲は三日月サンセット)が、デビュー前にスペシャで流れていたんですよ。それを見て、この曲気になるなぁと思ったのが出会いだったと。
その後、三日月サンセットの正式なPVが流れ出して、やっぱりこの曲好きだな、とデビューアルバムGO TO THE FUTUREを購入。
初めてサカナクションのライブを観たのがこの年の7月。こんなに格好良いライブをするバンドがいるんだ!!と吃驚した。あっという間に、彼らのライブに魅了されましたね。

NICOは名前だけは結構前から(06年初めくらいから?)知っていて、でも曲にはハマらなかった。
が、しかし。07年のMINAMI WHEELでNICOを見ることにしたので、その予習がてら購入したアルバム「Walls Is Beginning」を聴いて、その収録曲の「プレイヤ」に強烈にハマってしまう…なんで今まで、私はこのバンドを聴かなかったんだ!!と思いましたねー。

その他、この年にハマったアーティストは、FoZZtone(平らな世界)、岡野宏典(レモネード)、SOIL&"PIMP"SESSIONS(SATSURIKUニューウェイヴ)など。
SOILは、初めてハマったインストバンド。最近はそんなに聴いてないんですが(今も好きですが)、一時かなりハマった。エムオンかな?何かで流れていたライブ映像が滅茶苦茶格好良かったんですよね。SATSURIKUニューウェイヴを演奏してる時の、ベースの秋田さんがめっちゃ格好良いんですよ!私のウッドベース好きの原点は、多分この人。

自分が「ベーシスト好き」だとは、この頃はそんなこと全く思ってなかったですが、でも既にこの頃からベーシスト贔屓だったんだよなぁ…今思えば。
椿屋のたかしげ、サカナの草刈さん、NICOの坂倉さん、SOILの秋田さん…お気に入りのメンバーはベーシストが多い…
(でも全てのバンドでベーシスト贔屓ではないので、なんかしら自分の中であるんでしょうねぇ、好きなベーシストの基準が)


長くなるので一旦切ります。
音楽遍歴パート2に続く。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。