スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春の遠足ツアー 大阪

(2013-04-23)
4月20日 thd MARCY BAND 春の遠足ツアー2013 @心斎橋Club ALIVE!
出演:Day of Acid Rain(O.A)/Bang-Doll/the MARCY BAND


完全にFIREさんの追っかけと化してます、すみません…(笑)
もう、自分がどこまで突っ走る気なのか解らない…
こうなったらとことん突っ走ろうと思います…(笑)

会場のclub Alive!は初めての会場でしたが、JANUSの近くだったので迷うことなくすんなり到着できました。
ライブハウスに行くのに、別のライブハウスを目印にする。ライブ好きにはよくあること…かな?

会場に貼ってあるポスター見てると、V系バンドのライブをよくやってる感じなのかな。

FCチケット→一般チケットの順での入場で、私は一般チケットでしたが、すんなり前の方に行けてしまった。

開演前に何気なく会場の後ろを見たら、青髪のベーシスト氏がいらっしゃったのでビクッとしてました(笑)
不意打ちは心臓に悪い(笑)


それではライブの感想です。
予定より約30分遅れでの開演。


■Day of Acid Rain

オープニングアクト。
四人組で、ボーカルのみ女性。
ボーカルの女の子の、ゴシックというか?ファッションに関する知識が乏しいものでなんと言ったらいいか解らないんですが、フリルのブラウスに黒いスカート、よく似合ってました。
開演前に会場内で見かけた髪の長い男性、見るからにバンドマンっぽいなぁと思っていたら、このバンドのドラマーさんでした。
4曲やってたかな。普段私が聴かないタイプの音楽ですが、歌も上手かったし良かったです。
音楽専門学校(OMSかな)の卒業生で、その縁で今日のライブに呼んでいただいた、とそんなことを話していました。


■Bang-Doll

登場時のBGMが、ミュージッ○ステーションのオープニングの曲で思わず笑ってしまった(笑)
そのBGMと手拍子に合わせて、メンバーさん登場。
こちらはギターのみ女性の四人組。
ベースの方、背が高くて格好いい。
普段聴かないタイプの音楽だったせいかなんなのか、なんだか非常に愉快な気分になってしまって、思わず笑ってしまいそうになった。悪い意味ではなく、よい意味での笑い、ですね。
なんなんでしょうね、自分の知らないものに触れられたのが面白かった、というか。
盛り上げるの上手だし、楽しかったです。
ボーカルの方が身軽だったなー。よくそんなに動き回って歌えるなぁ。
この会場、ステージと客席を仕切る柵の前がステージより一段高くなっていて、客席→柵→一段高い場所→ステージという感じになってるんですが、その一段高い場所に飛び乗ったり、ステージ上でバク転(?)してたり。
そんだけ動き回ってるから、汗びっしょりでした。
ボーカルさんが喋り始めたので曲が終わってMCの時間なのかなーと思っていたら、
「まだ曲は終わってません、途中です」って。
え、そうなの?(笑)
いつもこんな風に曲の途中で喋るんだ、ドラムがカウント入れたら曲に戻りますので、
というようなことをいっていたけど、喋ってる途中でカウントが入り、MC強制終了(笑)
お弁当がどうのこうの、という話をしていたのだけど、結局お弁当がどうしたのか判らないままです(笑)
ドラムさん、男前だ。ドラムさんの二の腕の筋肉のつき具合が素敵でした(笑)
楽しかったなー。


■the MARCY BAND

当然のようにベース側で見てました(笑)
私ライブ見るの初めてだし、曲もほとんど知らないのに、こんな近くで見ていいのかな…と気後れしつつ。
アルバム「ONE」だけは持っているのと、YouTubeにあるライブ映像を見たくらい。
いやー、でもね、すごく楽しかった!新参者であるとか曲知らないけど大丈夫かな、という気持ちは一瞬で吹き飛びました。
格好いいし、楽しいし!
曲知らなくても、そんなことは一切関係なかったです。

ちなみに、FIREさんの服装は黒のTシャツに、黒と青のチェックのパンツにブーツ、でした。
髪の色合いとパンツの色合いが似てる、というか同じだ。

まあ、概ねFIREさんしか見ていません(笑)
目が離せないんですよね…。
たまには他のメンバーも見てますけど。でも気付いたらFIREさんの方に視線が向いてる、という…(笑)

青い髪、綺麗だったなー
青銀色。綺麗な色だなぁ。

前日の名古屋では、MADさんがダブルブッキングしちゃって出演できなかったそうで。お帰りなさい、と。
名古屋でサポートドラムで出てくれた女の子にはみんな優しいのに、私には冷たい…とgi-naさんが愚痴ってました(笑)

アルバム「ONE」の収録曲からは、ONEと明日の歌をやっていたかな?
ONEをやる前、峰さんのチューニングがなかなか終わらなくて、それを散々いじられてました(笑)
しばらくチューニングして、音を鳴らしたら、何だか妙に和風っぽい音(笑)
またチューニングやり直してる峰さん。
「中卒なんで…こだわりとかじゃなく、アルファベット読み間違えた…皆さん、子どもは高校まで行かせた方がいいですよ」
などと峰さん。
次に音を鳴らしたときはちゃんとチューニングがあって、やっと曲へ。

MARCYさんは、EARTHSHAKERでデビューしてから30年だそう。
30年。凄いなぁ…!
5月にソロアルバムを、6月(EARTHSHAKERのデビューした日)にEARTHSHAKERのアルバムが発売されるそうです。
「EARTHSHAKERはずっと続けていくつもりだけど、体力がどうなるかねー、年だから」なんて仰ってたけど、いやいや、お若いじゃないですか!
そんだけ格好よかったらまだまだ行けますよ!

そのソロのアルバムからも何曲か。
ソロの曲も格好良かったです!ソロアルバム気になるなー。
FIREさんが作った曲をやったあと、FIREさんが軽く曲紹介というかこういう曲です、というのを説明してちょっと照れたように笑ってたのだけど、肝心な部分が聞き取れなかった…

「やっぱり大阪は落ち着くね。一応大阪出身だから。枚方です」とFIREさん。
「俺も大阪だよ」と峰さん。
あ、そうなんだ。
大阪の、どこって言ってたっけ、市内のどこかの区の名前を言ってはりました。
此花区?違うかも。うろ覚え。
「○○病院」と生まれた病院の名前までいってました(笑)
それを受けてFIREさん、「俺、枚方市民病院」と。

峰さん、「この中で(その二つの)病院の関係者の方ー?(誰も手をあげない)こういうときは手をあげないと!病院関係者の方?(手をあげる観客)嘘つき!」

「俺も、おじさんが堺に住んでたよ」と話に入ってくるMADさん。
おじさん…?(笑)
「堺のどこ?」と峰さんが尋ねたら、何故か、公園の中にプールがあって~、とプールの思い出話をし始める。あれ、おじさんは?結局堺のどこにおじさんがいたのか不明(笑)

で、そのプールに老若男女がいて、という話から

MAD「ろう、にゃく…?」
峰「老若男女? 」
老若男女、老若男女と繰り返す峰さん。滑舌いいなぁ!

そんな二人のやり取りに、「早く次の曲やろうよー」とgi-naさん(笑)

MADさんが脱いで、次の曲へ。
YouTubeで見たライブ映像では概ね上半身裸でドラム叩いてはるんで、予想はしてたけどやっぱり脱ぎはるんですね(笑)

先程も書きましたが、ステージと客席を仕切る柵の間に一段高くなってる場所があって、時々その上に飛び乗って演奏されるんですよ、皆さん。
私、結構前方で見てたもので…ただでさえかなり近い距離で見てるのに、そこに乗られると、ほんとにもう、かなり間近で!
近すぎてどぎまぎ。
で、そこに乗って演奏してると、ちょうど私の目の高さと、ベースを演奏する手(右手)の高さが同じになるんですよ。
目の前で、本当に目の前で、ベースを弾いているFIREさんの手が見られるという…!

いや、なんというかもう…

眼福。

ですね。

楽器を演奏してる手の動きって、何であんなに色っぽいんだろう…!
しかも、めっちゃ手(指)が綺麗だし…!ほんと、すごく綺麗な手をしてはるの。
どきどきしっぱなしで壊れそうでした。
いや、完全に壊れました(笑)

あと、演奏中にニコッと笑われるとね…その笑顔が素敵すぎてどうしていいか解らなくなりますね…(笑)

すみません。なんかもう、本当に大好きです。
FIREさんが自分の目の前でベースを弾いてるという、それだけで幸せです。

もー、何でこんなに好きなんだろうね?自分が気持ち悪いですよ(笑)
すみませんほんとに。

YouTubeで見て、ライブでも見てみたいなと思っていたWow yeah!、やってくれたので嬉しかった♪
楽しい!格好いい!
伏し目がちで歌ってるFIREさんの表情が好きです。


アンコールでは、まずgi-naさんが登場。ドラムに座る。
次にMADさんが出てきて、gi-naさんがドラムを叩いてMADさんが歌いながらメンバー紹介、それに合わせてメンバー登場。
峰さん、「足が好きな変態」とか紹介されてた(笑)今日も対バン相手の女の子に足の指の長さを訊いてた、とかって。足フェチなんでしょうか(笑)

途中でMADさん客席に降りてた。その様子をiPadで撮ってるFIREさん。
MADさん、もうすぐ50歳らしいですが…全然見えない…
なんか皆さん年齢不詳な感じですよね…(笑)

アンコール曲は愛を飾ろう。
いやー、もう楽しくて楽しくて!最高でした。
例の一段高くなってる場所で、結構長い時間演奏してくれて。
四人その場所に並んで演奏してたり。演奏してる方もすごく楽しそうなんですよね。その楽しそうに演奏してる姿がすごく素敵でした。

演奏が終わったあとはそこに五人並んでお辞儀。

最後はお客さんとハイタッチしてました。
私はハイタッチし損ねましたが。手を伸ばせば、FIREさんともハイタッチできたと思うんですが…峰さんもこっちの方に来て皆さんとハイタッチしてたし、手を伸ばせば充分届いたと思うのですが。
どうしてもこういうとき、一歩退いてしまう。引っ込み思案な性格ゆえ…。損な性格だよなぁと思います…。
でもMARCYさんとはハイタッチできました。MARCYさんの方が手を伸ばして下さったので。MARCYさんいい人だ…!

本当に凄く楽しかった!行って良かったですほんと。
またライブ見に行きたい!

ただ、ベース側の前の方、という位置は、音を楽しむのには不向きですね。
最初から、この場所だと耳がダメになるな、と覚悟した上でその場所にいたので、別にいいのですが。
終演後は完全に耳がおかしくなってました。
MCもあまり聞き取れないことがあったしなぁ。
ま、目の前でベースを弾いてる手を見れたので、本当になんの文句もないんですけどね(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。