スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JACKPOT TOUR 2013

(2013-03-11)
3月9日 →Pia-no-jaC← →Pia-no-jaC← 5th Aniversary JACKPOT TOUR 2013 @Zepp Namba



→Pia-no-jaC←のワンマンライブに行ってきました!
昨年はワンマンライブに行けなかったので、ワンマンは久しぶり?
従姉妹と、従姉妹のお友達と三人で行ってきました。

椅子のあるZeppは初めてだ。

席は後ろの方でした。今回のZepp Nambaソールドアウトしてたんですね。

ではライブの感想。ネタバレ注意。


予定よりも遅れての開演。

登場する前に、HIROさんによる開演前の挨拶&注意事項のアナウンス。
毎回あるから今回もきっとあるだろうなとは思ってはいたけど、いきなり始まるから吃驚するよね(笑)
そのアナウンスの中で自己紹介してたんだけど、やたらハイテンションなHIROさんの自己紹介のあとの、「あ、もう一人のHAYATOでーす」という至って冷静なHAYATO さんの自己紹介。二人のテンションの差がおかしすぎる(笑)

アナウンスが終わって二人が登場。
HIROさんの服が派手な緑色のジャケットとパンツ(笑)演歌歌手かコメディアンかジャニーズか、っていう感じの(笑)
あと二人ともストール巻いてましたね。
演奏の邪魔にならないのかなー?HIROさんは途中で外してましたが。

後ろの方の席でしたが、ステージは見やすかったです。
二人ともよく見えました。

セットリストは全く覚えてない(苦笑)
1曲目がエリーゼのためにで、2曲目が木星だったかな?

とにかく初っぱなから大盛り上がりでした!

HAYATO さんの演奏しているときの背中って格好いいですよね…!
あの背中は惚れ惚れします。ちょうど背中が見える位置で、見とれましたよ~
あとやっぱり演奏しているときの指の動きが凄い!なんであんなに早く動かせるんだろう!?圧倒される。

無意識のうちに、ピアノの低音部分を耳で追っていることに気付いて、心の中で苦笑。前は主旋律ばかり追っていたのになー。
ベース好きに目覚めた影響が変なところで出ている。

この曲ピアノの低音が滅茶苦茶格好いい!と思った曲があったのだけど、あれどの曲だったかなぁ…

HIROさんの迫力ある演奏も勿論格好いい!
あんなに叫んで、よく喉が潰れないもんだなぁ。

Paradisoが物凄く格好良かった…!!
圧巻、圧倒。
いや、凄まじかった…なんでそんなに格好良い演奏ができるんだ…!!
大袈裟ではなく惚れ直しました。呑みこまれた。
この曲の時の照明がまた、凄く格好良かった。
演奏が終わった後の観客の拍手ったら。演奏に圧倒されているのがありありと伝わる拍手。そしてざわめき。

演奏はめちゃくちゃ格好良いのに、MCは本当に面白くって、いつものことながら思いっきり笑わせてもらいました。
ほんと、下手な漫才コンビよりよっぽど面白いと思う。
演奏にしろMCにしろ、それ以外の演出も全て含めて、ほんと「エンターテイナー」だなぁ、と。
お客さんを楽しませよう、そして自分たちも思いっきり楽しもう。そういう姿勢が大好きだ。

「今日初めてライブ見る人?」とHAYATOさん。お客さんに挙手させる。

HAYATO「けっこういるなぁ!8割くらい?」
HIRO「それは言い過ぎやろ」

8割はおおげさとしても、初めての方結構多かったですねー。→PJ←のライブがたくさんの人に見てもらえるのは嬉しいなぁ。本当に、楽しいものね。

この曲は初めて聴く曲…?あれっ、でもこのフレーズはどこか聴いたことがあるような…?という曲があって、一体なんだろうこの曲は?と思っていたのだけど、そのあとのMCで、

HAYATO 「ツアーでは毎回、今までやったことのないことをやろうと思っていて。今回は、『EAT A →Pia-no-jaC←』ということで、自分達の曲を崩してしまおう、ということでやってます」
さっきやった曲は、気づいた人もいるかもしれないけど、組曲『 』です、と。
ああ、そうか!組曲のフレーズか!全く雰囲気が異なる曲になってたけど、確かにあれは組曲だ。

他にも何曲かやるよ、次の曲で早速、と。「この曲かな、と思った人は、多分その曲です」とHAYATOさん。
始まった曲、何だか艶っぽい雰囲気の曲というか、しっとりしつつも格好良い曲。
一体何の曲だ?と考えながら聴いていたけど、途中で解った。台風だ!!
わー、なにこの台風!めっちゃ素敵やん!!元々の台風も大好きな曲だけど、この台風もかなり好み!
元の台風とはガラッと違った雰囲気で、あの曲がこんな風に!!凄い!!と驚嘆です。
いやー、本当にこの台風、かなり気に入ったんですけど。音源出して欲しい。
『EAT A →Pia-no-jaC←』でアルバム作りません!?欲しいんですが。

途中で一回、着替えタイム。
先にHIROさんが着替えに入って、その間HAYATOさん一人で演奏。
トイピアノとか弾いてた。赤いトイピアノ、可愛い。

しばらく演奏した後、「クラブHAYATOへようこそ!踊ってもいいですよ!」と、
のぶPさんによるDJと(PA卓のとこらへんにいらっしゃった)HAYATOさんの演奏、そして照明でZeep Nambaがクラブの様に。うひゃー、格好良い!

着替え終わったHIROさんが出てきて、今度はHAYATOさんが着替えに入り、HIROさんの演奏。
「鳩ぽっぽ」のメロディを演奏…ん?メロディって言っていいのか?(笑)とにかく「ぽっぽっぽー はとぽっぽー」とカホンを叩いていらっしゃいました。

着替え終わった後の服はお馴染み黒のツナギ。

シャカシャカ大作戦、今回はHAYATOチームでしたよー。
HIROさんが説明してる間、HAYATOさん、BGMをトイピアノで弾く(笑)めっちゃ可愛い(笑)
ちゃんと大きい方で弾いて!とHIROさんに怒られ、HAYATOさん、スーパーマリオの曲をピアノで。それに合わせてジャンプするHIROさん(笑)
そして次に弾いたのは、火サス(笑)HIROさん、胸を押さえて「うわぁっ!」とノったあと(撃たれたのか刺されたのか・笑)、「違うやろ!それ人が死ぬやつ!そうじゃなくて!」と怒る(笑)
ようやくちゃんとしたBGMを弾くHAYATOさん。

HAYATOさんの説明している間は無音になっちゃうので、「HIROチーム今暇やろ?」と歌わせてました(笑)
途中で手拍子も起きたんだけど、どうもそれは喋りにくかったようで、「今回のツアーでその手拍子初めてやけど、やっぱ無音で良いわ…(笑)気持ちだけ貰っとく」と。

タオル回しタイムの曲は、「それでも猫は~」と「結婚行進曲」と、何曲か繋げてたっけ?
別々の曲を、何の違和感もなく繋げられるのがほんとうに凄いと思う。

開演前に、入場時に渡された小さな紙にお客さんが「お題」を書いて、そのお題を一枚弾いて、そのお題に沿った曲を即興で弾くというコーナー。
因みにお題の回収ボックスはカホン(笑)白のガムテープで「回収ボックス」と書いてある。それに苦言を呈するHIROさん。
カホンの下の方にやはりガムテープで名前が書いてあったのだけど、「それ、ヘロ(HERO)ってなってるし!」って。

HAYATO「みんなのヒーローって事やろ?」
HIRO「あ、そうか。そういう事かー!ならいいや」

納得してるHIROさんをみて、ププッと笑うHAYATOさん。

そして、引き当てたお題。用紙を見て、固まっているHAYATOさん。

そのお題は「大阪って『筋』が多いなぁ」というものでした。

筋(笑)確かに多いけど(笑)御堂筋とか心斎橋筋とかね。でもこれで曲を作るって(笑)無茶振りにもほどがある。というか、たくさんある中からよくこれを引き当てたね!?(笑)

もう一枚引いて、それと合わせて曲を作るということで、次に弾いたお題は、「サンキューの日(3月9日)なので、ハッピーな曲を」という感じのお題。

いざ演奏する段階になっても、ピアノの前で悩む様子のHAYATOさん。そりゃ悩むよね(笑)
弾き始めた曲は、確かにハッピーな雰囲気の曲。即興で弾けちゃうのが凄いなぁ。それに合わせられるHIROさんも凄い。
曲の途中で、「サンキュー」でコール&レスポンス。
で、筋はどうするの?と思っていたら、演奏しながら身を乗り出してHIROさんと何やら相談し出すHAYATOさん。
相談が終わった後、演奏中に台詞を喋りだすHIROさん。「大阪に旅行に来た観光客が、USJに行こうとして筋に迷い込む」という設定のよう。そう来たか(笑)
心斎橋筋や御堂筋、四ツ橋筋に迷い込んでましたね(笑)
そして曲には、時々かに道楽の曲のメロディが見事に挟み込まれてました。
面白かった(笑)難しいお題での演奏、お疲れ様でした。

アンコールでは、グッズのTシャツに着替えて登場。

アンコールの時にやったのだったかな?Jackで、蓄光手袋+鍵盤を立てて演奏するパフォーマンス。
何度見ても凄い!!どうやったらあんなふうに弾けるんだろう、本当に。凄すぎる。
HIROさんも蓄光手袋をはめて演奏していました。暗い中に手袋が浮かび上がる、面白い光景。
最高のパフォーマンス。

一番後ろの方で見ているので、ステージは遠いはずなのに、凄く近くで見ているような感覚になった。
二人の存在が凄く大きく感じられたというか。
ステージの上の二人は、私が一番最初にライブを観た頃から全然変わらない。会場が大きくなっても観客が増えても、全力でライブを楽しみ全力で演奏する姿は変わらない。
変わらないけれど、どんどん前に向かって進んでいく。その安心感と頼もしさ。
そんな二人の演奏する姿が大好きで、これからもずっと、そんな二人の姿を見ていきたい。そんな風に強く感じました。
そんな二人の姿を生で観られることが、彼らの音楽に触れられるということが、とても幸せだ。

ラストの曲はPEACE。とても幸福な時間でした。

本当に、凄く楽しいライブでした!ありがとう!


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。