スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長谷川健一さんフリーライブ

(2013-03-10)
3月9日 長谷川健一フリーライブ(「LOVE FOR NIPPON ROAD TO 3.11」Osaka Camp) @NU茶屋町





別のライブの予定があるので大阪に行って、ライブ前に買い物しようとNU茶屋町に寄ったら、設置してある看板がふと目に入った。

長谷川さんのフリーライブ!?
3月9日っていつだ?……今日だ!!

時間は14時~15時。充分見られる。これは見るしかない。

被災地や支援活動の様子を写した写真展や、チャリティーグッズの販売、募金活動を行う活動の一環として、トークやチャリティーライブを行っているようで、今回の長谷川さんのライブも、そんなチャリティーライブのひとつとして行われたようです。

こんなイベントがあるとは、本当に全く知らなくて、なんたる幸運だろうかと。
大阪に来て、NU茶屋町に立ち寄って良かったわ…
看板に気づいたのもほんとラッキーだった。見過ごさなくて良かった…
最初に司会の女性から、挨拶。
そして長谷川さん登場。紺の長袖に帽子とマフラーという服装の長谷川さん。

セットリスト


みんなの街
空の色
海のうた
夜明け前
新しい一日

演奏に入る前に、 震災前と震災後に、東北にライブに行ったという話をされ、「震災後に作った曲です」と、ニューアルバムに収録されている「みんなの街」。

まだアルバム買ってなかったので(ライブ前にタワレコで購入したばかり)、ちゃんとこの曲を聴くのは初めてだった。
目を閉じて歌う長谷川さんの姿は、祈りを捧げる姿にも似ていて、なんと言ったらいいんだろう…なんだかとても美しく思えた。

2曲目は、「前のアルバムから、空の色という曲を」。
歌詞が大好きな曲。
私、本当に長谷川さんの歌詞が好きで…!
歌詞が好きな曲はたくさんあるのですが(全ての曲の歌詞が好きと言っていい)、この曲は特に好きなフレーズがたくさんある曲で。
その大好きな歌詞を、言葉を、生で聴くことが出来たのが、本当に嬉しい…。
この曲の高音の部分が凄く好きだ。長谷川さんの、あの独特のファルセットにドキッとする。

3曲目はニューアルバムから「海のうた」。
この曲は先月のライブでも聴いたし、ラジオやYouTubeでも何度か聴いている。
この曲もやっぱり歌詞が良いんだ…!ほんと、何でこんな素敵な歌詞が書けるんだろう …
長谷川さんの声で満たされるイベントスペース。なんて贅沢な空間なんだろうか。

4曲目、夜明け前。大好きな曲。
ライブで聴いてみたいと思っていた曲。おそらく長谷川さんのライブでは定番の曲なんだろうけど、私は今回が長谷川さんのライブ見るのは二回目、先月初めて見たときはカバー中心だったので、もっとオリジナル曲も生で聴きたい…と強く思っていた。
この曲はほんと、聴きたくて仕方なかった。
それが叶った…
イントロからなんだか涙ぐみそうになる。
なんて素敵な歌い手さんなんだろう…
声の強弱の付け方が、本当に素晴らしかった。静かに、だけど強く心を揺さぶられる。
長谷川さんの声で歌われるあのメロディ、あの歌詞。たまらない。

長谷川さん、声も素敵だけど、ギターも凄く素敵。
いろんな音が同時に出ていて、一人で演奏してるような感じがしない、というか。何人かで演奏しているような感じというか。
素敵な音色だったなぁ。フィンガーピッキング。どうやって演奏したらあんな音が出るんだろう?と、じっと手元に見とれていた。

最後の曲は、新しい一日。
この曲もちゃんと聴いたのは初めてかな。
これまた歌詞が凄くいい。
この曲好きだなぁ…歌詞を見ながらじっくり聴きたい。

長谷川さんのお辞儀の仕方が、可愛いというと語弊があるけど、謙虚な雰囲気のお辞儀で、なんだか好感。


ライブのあとは、司会者の女性としばらくトーク。
最初に話していた、震災後の東北のライブというのは婚活パーティーでのライブで、福島だというだけで差別される、それでも福島で生きていく、という人たちのパーティーで、みんな飲んだり楽しく騒いでたりしてるけど、話してみると家族が原発事故のせいでバラバラに暮らしてる、とか、ヘビーなものを背負っていて…というような話をされてました。

あとは、ニューアルバムについての話(「423」というタイトルの意味や、ジム・オルークさんの話など)、翌10日の京都でのワンマンライブの話などをされていました。

歌声も素敵だけど、喋っているときの声も凄く素敵な長谷川さん。
穏やかで優しい声音。聞いてるととても落ち着く。安心する声。
時おり見せる笑顔も凄く優しそうな笑顔でねー。
そして何より、目が印象的だなぁ、と。静けさを湛えた穏やかな眼差し。だけど強い芯を感じさせる眼差し。

いやー、本当に独特の存在感を持った素敵な歌うたいだなぁ…
おそらく今後も、私はこの人の歌を聴き続けるだろうな、と強く思いました。

今日(3月10日)のワンマン、行きたかったなぁ…


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。