スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMPERIAL SUITE

(2012-12-20)
12月18日 中田裕二 TOUR'12 “IMPERIAL SUITE” @umeda AKASO

中田さんのツアー最終日(追加公演除いて)に行ってきました!
今回のツアーは関西公演がいずれも平日だったので、休みいただいて大阪のみ参加。
他の公演も行きたかったけど、そんなに休み貰うわけにもね…

AKASO行くの久々だったけど、相変わらずあの周辺はいかがわしいねぇ(苦笑)


ではライブの感想です。


下手側、割と前の方(6~7列目くらいかな?)で見ることに。
ここしばらく中田さんのライブ(椿屋も含め)は後ろで見ることばかりだったので、表情がはっきり見える位置で中田さんを見るのは久しぶりだなぁ。

ギター・カトウさん、ベース・真船さん、キーボード・奥野さん、ドラム白根さん。
バンドメンバーに関する知識をほとんど持たずライブに行ったのだけど(ギターがカトウさん、ドラムが白根さん、ということだけは知ってた)、ライブ終了後の今になって改めて調べてみたら、何とも豪華なメンバー…

中田さんはTシャツの上にグレーのジャケット。相変わらず細いなー。色が白い。

因みにほかのメンバーの服装は、
カトウさん:深緑の帽子
奥野さん:黒帽子に黒い服
真船さん:白(薄いグレー?)のタンクトップに白シャツを羽織っている
白根さん:赤いシャツに黒いネクタイ

白根さん赤シャツ似合いますね…私のいた位置からだと、白根さんほとんど見えなかったんですが。

実は、9月に出たアルバム、ほとんど聴きこめていないという状態で。
アルバムが気に入らなかったとか、そういうわけではないのです。断じて、そうではない。
ただ、気が向かなかったんだよね。何故だか、一向に気が向かなかった。
どれだけ好きな曲でも、気が向かなかったら一切聴かないのでね。
そんな状態だったので、当然曲名もほとんど覚えておらず。前回のアルバムの曲も、曲名が頭から抜け落ちている。ライブまでには気が向くかな?と思っていたのだけど、気が向かない状態のまま来てしまって。

大好きなアーティストなのにどうしてこんなに気が向かないんだろう、って。何だか哀しくなるくらいで。
そんな状態で心の底から楽しめるんだろうか?という不安を内心抱えながらのライブだったんですけども。

そんな心配、見事に吹き飛ばしてくれた。
楽しかった。心底楽しかった!!

ちょっと、前回のツアーから今回のツアーの間に何があったんだい!?
いや、前回のツアーも楽しかったですけれども。でもそれをはるかに上回っちゃったな、という。

そういえば、中田さんがMCで、しょっぱなから大盛り上がりの観客に対し「今回は盛り上がってるね。前回あんなに静かだったのに!根に持ってますからね!(笑)」みたいなことを言ってたけどそんなに静かだった?
「チケット代のもとは取らせる!」って。

今回は本当に大盛り上がり。
そして本当に、文句なしに、楽しかったんです。

バンドメンバーの影響が大きいのかな。
サポートメンバーが単なる「サポートメンバー」のまま終わるか、それとも「バンドメンバー」になるか、それはかなり重要だと思う。今回のライブは完全に「バンド」になっていた。
あの纏まり。伸び伸びして和やかな雰囲気。演奏中の緊張感。完全に一つのバンドだった。

なんとなく、私が勝手に思っているだけなんだけど、カトウさんの存在が大きいのかなー、と
ごく自然に周囲を纏めて、ムードメーカーになって和ませて。そんな印象を受けたんだけど。
カトウさんの雰囲気、良いな。好きだなああいう雰囲気の人。

演奏はもちろん素晴らしかったのだけど、MCが最高に面白くって!いやー、笑った笑った。お腹痛かった(笑)
今回MCもだいぶうろ覚えであんまり書き記せないんですが…
カトウさんが言った、
「帽子(カトウさん)と帽子(奥野さん)で挟んで、あなた(中田さん)も帽子になっちゃうよ。オセロならね」
というMCが妙にツボに嵌ってしまってねー。そんなに笑ってる人いなかったけども(笑)私の好きな4コマギャグ漫画に似たようなネタがあって、それを思い出して無性におかしくなっちゃって(笑)

あとは、
「下の等、と書いてカトウだよ。下等動物の下等。ステージに変わった生き物がいるよ、って。(バスガイド風の口調で)お客様の右手側に見えますのはー、緑色の頭のー、変わった動物ですー」
とかって言ってたのも面白かった(笑)

カトウさんも面白かったんだけど、奥野さんが面白すぎる(笑)いいキャラしてんなーあのお方。カトウさんとはまた違った面白さ。
キャラ濃すぎるだろう(笑)

ライブ最初の方で軽いメンバー紹介があったのだけど、真船さんは大阪出身だと。鶴橋らしい。

真船「環状線って、東京の山手線みたいなのの、鶴橋駅で電車のドアが開いたら、においだけでご飯食べられる。焼肉のにおいが凄い」
中田「においでご飯?白米?(笑)」
真船「そう、白米」

大阪出身というのは小耳にはさんでいたけど鶴橋かー。本当に大阪も大阪。一気に親近感が。

同じく大阪出身の奥野さん、

奥野「おおきにー!大阪ー!通天閣ー!」
中田「言えばいい、ってもんじゃない(笑)」
奥野「おおきにー!」

それ誰かの真似してるだけでしょ、と中田さん(誰の真似、って言ってたのか失念。ライブ前にその人の映像見てた、って)。

MC、面白いだけじゃなくて、雰囲気がすごく良かったな。楽しそうで和やかで、凄くリラックスした―ムード。中田さんがのびのびしてたな。

あと中田さん、頻繁に噛んでた(笑)カミカミでした。
奥野さんに「(中田さんをじーっと見て)噛み過ぎやな、と思って」と言われていたし(笑)
解るよー、気持ちが前に行っちゃってるんだよねー、って。中田君の横顔見てたらわかるよ!って(笑)

中田さんに対する歓声だけでなく、各メンバーに対する歓声もたくさん上がっていたのが印象的。
既に何公演か行かれてる方も多いのだろうし、そこでのライブで各メンバー、中田ファンの心をガッチリ掴んでいる様子。

MCはそんな感じで笑いっぱなしだったけれど、演奏になると途端に格好良くなるんだな、この集団。

さっきも書いた通りアルバムあまり聴き込めてない状態で、だからこの曲のここがこうだった、とかはあまり書けないんですが。
流れてくる音楽に身を委ねていた感じです。
聴かせるタイプの曲ではしっかり聴かせてくれ、盛り上がる曲ではとことん盛り上げてくれた。

デイジー聴きながら、何だか泣きそうになってしまった。
この曲元々好きなんですが(聴き込めていないけど聴いてはいるので、好きな曲はあるんです)何だか歌っている中田さんの姿を見てたらこみ上げてくるものがあって。
ああ、やっぱり私、この人の事が大好きだな、と。こんなにも好きなんだな…と。

何度か言ってることだけど、彼は私の好きなうたうたいツートップのうちの一人。
そのことを思い出した。思い出した、と言うか、これまでにないくらい実感した。やっぱり大好きだな、と。
これからもずっと彼の声を聴きたいし、ステージに立つ姿を見ていきたいと。強く思ったんです。

眩いステージに立つ彼の姿には、いつだって憧憬を覚える。いつだって。
この憧憬は、彼以外のアーティストには抱いたことがない。

歌詞に合わせて髪に手をやる姿や、曲のアウトロでマイクの前でうつむき加減で佇む時の何とも言えない色気。
ちょっぴりおどけたような表情で演奏したり、歌詞間違えちゃって演奏中なのに笑い出したり。

ギターを弾いている時も勿論格好良いのだけれど、ハンドマイクで歌っている姿にグッときちゃうのは、私がうたうたいとしての彼が好きだからなんだろうか。
歌に集中している感じ、ステージの端から端まで移動してのびのびと歌っている感じ。大好きだな。

春雷がすごく良かった!!
前々から大好きな曲ですが、この曲はライブで聴いた方が格段に良い!!
いやー、もう本当に良かった。この曲は間違いないわー。
声もメロディも歌詞も各楽器の演奏も、申し分なし。私の好みど真ん中。
イントロの鍵盤の音がかっこええ…!!他の曲でもたびたび思ったけど、奥野さんの鍵盤は好みだ。
そこから他の楽器の音が入ってくる瞬間にゾクッときてしまった。いやー、ほんとに良かった…!
ほんと好きだわこの曲。

他に印象に残ってるのは、女神のインテリジェンス、DANCE IN FLAMESとか。
これらももともと好きな曲なんですが。

女神のインテリジェンス、この曲のシンセの音が大好きで!格好良いんだよね。
奥野さん!!という感じでした(笑)
ベースも格好良かったんだよねこの曲。
ちょうど下手側でキーボードとベースはよく見えたんで、凝視してました。

DANCE IN FLAMESも格好良い曲。この曲も間違いないな!
かなり盛り上がる。ほんと格好良くて。
何度ろう、もう、この格好良い集団。一時も目が離せない。
何で自分の目は一対しかないんだろうか、ほんと全員格好良いから全員見ていたい。

あ、あとUNDOがえらく格好良くって!!
CDで聴いているときはそこまでピンときてなかったのに、ライブで聴いたら凄く良くて吃驚した。
曲が始める前のベースが本当に格好良くって…!

ベースの真船さん、私の好みのベーシストでした…
途中から真船さんばっかり見てた。
本編で1曲、ウッドベースを弾く曲があって、そのウッドベース以降ずーっと真船さん凝視してた、という。
だってねぇ。白シャツに眼鏡でウッドベースって。どれだけ私の好み押さえてるの、という感じですよ(笑)
このブログ書く前にちょっと調べたら、前々から気になっていたベーシストだった事が判明したんですけどね…。そりゃ好みで当然じゃないか!
いやー、まさかこんな所で遭遇できるとは。
でもライブ中はそのことに全然気づかなくて、うわーなんだこの人、格好良いなぁ!と思って見てました。

演奏中に、時々指で眼鏡をクイッて押し上げてたんですよ。その仕草がもう、ツボ過ぎて!!格好良かったんですよ!!
あの仕草はあかんわ、ズルいわ…素敵すぎた。

あと、なんて言ったらいいかな、ベースのヘッドを演奏中にクッと上方向に上げる、とでも言うか。そういう仕草を曲の要所要所でちょくちょくしていて。演奏中の癖なのかな。その動きが、何故だかこれまた私のツボに嵌ってしまった。

あとは真船さんの手元見てることが多かったなー。無意識に手元に目が行ってしまう。
ベーシストの指の動きって素敵。
盛り上がる曲では曲中でジャンプも披露。これがまた格好良い。
MC中の笑顔も素敵だったなー、…と、すっかりお気に入りベーシストの一人になってしまいました(笑)

他に印象に残っていることといえば、カトウさんのコーラスが綺麗だったということ。
ボーカルの邪魔はしないのに控えめではなくって、声と声の相性もよくって。そんなコーラスがすごく良かった。
コーラスって大事だなぁ。

再びMCの話。

観客から「奥野さーん」という歓声が。
「奥野さん、地獄の底から呼んでますよ」と中田さん。
「愛してるよ」とやたらええ声で奥野さん(笑)

奥野「奥野、って良い名前だなー。…今すっごく嫌そうな顔したね」
中田「いや、良い名前ですよ。奥の細道、みたいで」
奥の細道って(笑)


中田さんが「関西の子が好き」というようなことを言ったら、「ありがとう」と奥野さん(やっぱりやたらええ声)。
何でお礼言われたか解らない、というようなことを中田さんが言ったら「関西の子だから」と自分と真船さんをさす奥野さん。
真船「割と関西の子」
中田「割と、じゃないでしょ(笑)」

そこからの話の流れだったか、もしかしたら全然違う時かもしれないけど、奥野さんが自分の血液型と星座を言って、「君は?」と真船さんに話を振る。真船さんも自分の血液型と星座を答える。
次に話を振られた白根さん、答える前にやけに色っぽい吐息を(笑)
そのブレスはずるい!と中田さん。「目を閉じて想像して。耳元で、ベッドの上で、この吐息が聴こえたらって」
もう一回やって、と言われ、白根さん再び色っぽい吐息(笑)
そのあと、まあ当然の成り行きというか、中田さんもやって!という雰囲気に会場が包まれ。やらざるを得ない感じに。
中田さん、躊躇しつつもやってくれました(笑)なんというか、アホだなーもう(笑)
やった後恥ずかしそうに顔を抑えていたのが可愛かったな(笑)
お客さんの一人が「ありがとう!」と言い、その後別のお客さんが「ごちそうさまでした!」と被せ、「被せてくるねー(笑)」とウケるカトウさん。
「次の曲は、さっきありがとうと言ってくれた人のためだけに歌います」と中田さんが言ったら、何人かのお客さんが口々に「ありがとう」「ありがとう」と言い出し、吹き出すメンバー、観客も再び爆笑(笑)
ほんとお腹痛かったです(笑)
因みに次にやったのはバルコニーだったかな?

ライブ後半は盛り上がる曲が続いたけど、中田さんもメンバーみんなもほんと楽しそうで。
演奏者が楽しそうなライブが一番好きだな、私は。
独りよがりでこちらを置いてけぼりにするような楽しさじゃなくて、観客も巻き込んでいく楽しさ。
存分に巻き込まれてきましたよ。

「今日が一番楽しい」「久しぶりにライブが楽しいと思えるツアーだった」と中田さんが言っていたけれど、本当に楽しそうに演奏してた。
「このメンバーでもっとやりたい」みたいなことも言ってたかな?私は大阪しか参加してないんだけれど、今回のツアーがどれだけ充実した良いツアーだったのか、中田さんの言葉から伝わってくるように思えた。
ほんと、良いライブ良いツアーだったんだね。


アンコール。
中田さんはジャケット脱いでTシャツ姿に。
真船さんが再びウッドベースを構えているのに気付いて私はそればかり見ていた(笑)
ウッドベースってなんであんなに色っぽいんだろうか…
つかずはなれずとひかりのまちがウッドベースでした。
ひかりのまち、すごく良かったなぁ…沁みた…良い曲だな、本当に。

そして。アンコールラストのご機嫌いかがが、もう、本当に、本当に!!最高に楽しくて!

この曲の途中でだったか最初でだったか、メンバー紹介してて、その時の真船さんのベースソロが滅茶苦茶格好良くって!
あれに全部持っていかれた感が…
ステージの前の方出てきて、ベースかき鳴らす姿が、ちょっとあなた格好良すぎます…!
何だろう今年は、大好きなうたうたいのライブに行ってベーシストに心を奪われるっていう、そういう年なの?

メンバー全員、本当にはじけてたなー
奥野さんは、あれは何と言うんだ?ギターみたいにストラップで肩からかけて演奏できるキーボード。あれ弾いてました。
ステージ前方で、真船さんと奥野さんが並んで演奏してたり。
中田さんが歌っている後ろで、カトウさん奥野さん真船さんが頭突き合わせて演奏してたり。それに気づいた中田さんが吹き出してたり。
そう、この曲、歌詞に合わせて中田さんがおどけた感じで歌ってて、それもまた良かったの。あの、歌っているときの心底楽しそうな笑顔ったら。たまんないね、もう。

ライブの感想で別のアーティストの名前を出してすみませんが、今年の3月、私の好きなうたうたいツートップのもう一人であるPERIDOTSのライブ、そのライブでダブルアンコールでやった曲My Mind Wandersが、それはもう言葉にできないくらいの楽しさだったのだけれど、
今回の中田さんのライブでのご機嫌いかがはそれに匹敵する楽しさだった。何だか通じるものを感じたんだよね。

本当に楽しくって幸せだった。

演奏が終わった後、奥野さんと白根さんがなぜかフォークダンスを踊ってた(笑)そして、熱い抱擁を交わす二人(笑)
なにしてんねん(笑)ほんと面白いわーこの人たち。

そういえば奥野さんは歌ってもいたね。アンコールで登場したときだっけ?会場に流れている音楽に合わせて。あれなんて曲だっけな、有名な曲、聴いたことある曲だけど。やっぱりやたらいい声だった(笑)
面白いなぁこの人。


最後はメンバー全員ステージの前に並んでお辞儀。カトウさんって結構小柄だったんだな。


メンバーが立ち去った後も鳴り止まない拍手。そして「ユウジ」コール。
やがて、中田さんが出てきてくれた。
声が枯れちゃってて聴き苦しいかもしれないけど、と1曲弾き語りをやってくれた。
新曲かな。歌詞が素敵だった印象。もう、どんな歌詞だったかは覚えていないんだけど、綺麗な曲だった。
確かに声はだいぶ枯れてたんだけど、それが却って心に響く部分もあって。
ありがとう、歌ってくれて、と。

私はもっと、この人の歌を聴きたい。歌っている姿を見たい。
聴きに行くよ。見に行くよ。これからも。
やっぱり、大好きなんだな。



セットリスト。拾ってきたものだけど、どの程度正確なものか不明…
(新曲やってたの、抜けてたね。「ユートピア」でしたっけ?格好良い曲だった、というぼんやりとした記憶…)


MY LITTLE IMPERIAL
灰の夢
リバースのカード
デイジー
ノスタルジア
迷宮
FUTEKI
LOST GENERATION SOUL SINGER
春雷
バルコニー
UNDO
女神のインテリジェンス
ベール
DANCE IN FLAMES
話をしないか
虹の階段
静寂のホリゾント


・アンコール

つかずはなれず
ひかりのまち
ご機嫌いかが


・アンコール2

弾き語りの曲(新曲?)



またこのメンバーでツアーやってくれたらいいなぁー


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。