スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年9月の読書

(2012-10-04)
9月は、読書以外の本(変な言い方ですが)を読んでいたので、それ以外で読んだのは3冊。
うち一冊はクロスファイアの下巻で、これは上巻とまとめて感想を書いているので、残り2冊の感想を。


・「残穢」 小野不由美

怖い、という評判を耳にしていたが、読んでみたら本当に怖かった。
ノンフィクション風に書かれていて、そのため本当にこういう出来事があったようなリアルさがあって、それが怖い。フィクションなのかノンフィクションなのか、分からなくなってくる…
自分も事件に巻き込まれているような気分。
自分の家でも何か起こってもおかしくない。何か起きるんじゃないか。この怪異は他人事ではない。
そんな気分になってくる。本当に、今にも自分の家でも何か起きそうで…
読み終えた後、風に揺れているタオルを見て、「何かいる!?」と本気でビクッとしてしまった(笑)
怖いけれど、面白い。途中で読むのをやめることがどうしても出来なくって、一気に読み終えてしまった。
流石は小野主上、と言った感じである。


・「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」 岡崎琢磨

京都のコーヒー店が舞台のミステリ、という所に興味を惹かれて読んでみたのだけど、正直言ってあまり私の好みではなかったな。
あまり京都っぽさがないし。これ別に京都じゃなくってもいいやん。
登場人物の誰も好きになれなくって、途中まで読むのがかなりしんどかった。途中からは少しましになったけれど。
でもやっぱりキャラクターに愛着が持てないなぁ。
時々出てくるコーヒーに関する知識も、別にこれ不必要だよなぁ、という感じ。
なんか期待はずれだったなー




コメントの投稿

非公開コメント

作品が今イチになる訳だ

珈琲店タレーランの事件簿、読みました。
やっぱりどこか中途半端な感じも否めず・・・。
就職しながらも執筆してデビューですから、ひょっとしたら
執筆に没入できなかったのかも。
わたしは読んだときに、『ビブリア古書堂の事件手帖』と似てるなぁ~
って思いましたし、どうしても意識してしまって。
後出し感で、読み切ったけど世界に入りきれなかったです・・・。

ネットで探すと、ビブリアとの比較が多いですね~。
あと一歩、もうちょっと仕事がんばろうよみたいに
書いてあるサイトって、ネットで探したら意外にあるんですね。
特に↓のサイトはきびしいです。
http://www.birthday-energy.co.jp/

まず、仕事をきちんとしなさいと・・・。
作家業との兼業って、大変だ。

No title

>紗希さん

やっぱり中途半端な感じがしますよね、タレーラン。
私はとにかく登場人物が誰一人好きになれなくて、読み進めるのがしんどかったです。
唯一好きなのは猫のシャルルですね(笑)

設定自体は悪くないので、本当にあともう一歩、何とかならないものか…という感じです。

ビブリア~は、読んでみたいと思いつつまだ読めていませんが、こちらは評判が良いですね。
因みにタレーラン、某大型書店で、ビブリアと並べられて大きく展開されてましたよ(苦笑)
「ビブリアの次はこれだ!」といった風に。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。