スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


tour de romantisme

(2012-03-03)
3月1日 中田裕二 TOUR'11-12’ “tour de romantisme” @BIG CAT


中田裕二、ソロ初ワンマン大阪公演、行ってきました。
11日の京都が行けなくなったので神戸のチケットを取ったものの、神戸も行けなくなってしまい…
幸いにも、京都のチケットと大阪のチケットを交換して下さる方がいらっしゃったので、大阪に行けることとなりました。

開場30分後の到着となりましたが、最初から一番後ろで見ることに決めてたので(なるべく早く帰れるよう)、最後方にいました。
BIGCATは一番後ろでも結構ステージが見えるから好き。

ではライブの感想です。
MCやセットリストは、もうだいぶ曖昧になっていますので、悪しからず…


 
予定時刻ほぼピッタリにライブスタート。

バンドメンバーは、ギター竹内朋康さん、ベース小松秀行さん、ドラム小松シゲルさん、キーボードYANCYさん。
ベテランの方ばかりなんで、音にも大人の雰囲気漂うというか、どっしりと安定感があるというか!非常に心地良かったです。

最初にバンドメンバーが登場し、最後に中田さんが登場。
三つ揃えのスーツ姿。スーツの色はグレーかな?スーツ似合うよね、中田さん。

リバースのカードからライブスタート。

ライブを観ていて思ったのは、「うたうたい」感が増したなーと。
バンドのボーカルではなく、一人のうたうたいとしての存在感が増した、というか。上手く言えないんですが。
これがファーストツアーだけど、これからどんなふうになって行くんだろう?きっと、もっと素晴らしい歌い手になるんじゃないか?というわくわくした感じがありました。
これからも、私はこの人を追い続けていくんだろうな、と。
これからどんなふうになるのか、見ていきたい。

ステージに立つ彼の姿は、やはり私の「憧れ」であるな、というのを強く感じました。
憧れというと語弊がある気がしますが。
ステージの眩い光の中にいる彼の姿に感じる憧憬は、バンドの時もソロになっても、変わらない。

あと、私の中で「椿屋四重奏の中田裕二」と「ソロの中田裕二」は地続きであるけれど、割と切り離して捉えられている気がします。
ここで切り離せなかったら、見ているのが辛くなるんでしょうけどね…。まったく、そんなことはなく。同じだけど違うものと捉えられてるな、と。

あ!あとね、中田裕二のライブをホールで見てみたい!
きっと似合うと思うんだー!音も照明も綺麗なところでやって欲しい。

2曲目の虹の階段、明るい曲調が心地いい。
今回のライブ、中田さんの歌声は勿論、各楽器の音が本当に心地良くってねー。
「あ、この曲のドラム好きだ!」「ここのギターカッコいいなぁ」という発見の連続でした。

2曲目が終わった後、短いMC。挨拶的なものだったと思います。
ただいま大阪、とか、ソロ初めてのツアーです、とか。そんな感じだったかな?
ちなみに、MCでメンバーに話を振る時は、ギターの竹内さんに振っていることが多かったかなー

4曲目にやっていたのは新曲かな。初めて聴く曲。
ギターがすごく格好良いと思ったのは、この曲だったかなぁ。

4曲目の後に、長めのMC。
「みなさん身構えてる感じがするー」とか言ってた気が。ま、初めてのツアーなので、観客の方もまだ慣れてないんじゃないかという印象。
この日、FM802のお昼の番組で、弾き語りをした話をしてたのはここでだったかな?
「今日FM802で弾き語りしたんですけど。良かったでしょ?」と言ったのに、観客の反応が非常に薄くて、
「なんでそんなに反応薄いの!?」って(笑)

そういえば、5曲目くらいから、ベースがウッドベースになってた?

しっとりしたバルコニーから、怪しげな雰囲気がある曲・迷宮、そして記憶の部屋。
迷宮のイントロがすごく好き。このイントロ、ライブで聴いてみたかったんだよねー!各楽器の音の重なりが、好きだ。
記憶の部屋は、今回のアルバムのかなでは特に気に入っている曲のひとつ。
こういう曲調、好きなんだよなー。サビ部分が特に。

今回のツアーでは、椿屋の曲もやるとは聞いていたけれど、本当だった。
恋わずらいが始まった瞬間、思わず泣くかと。
いや、泣きはしませんでしたが。体温と心拍数が一気に上昇した。あんまり陥ったことのない感覚…
恋わずらい、椿屋の曲ではあるけれど、今回のツアーの中に組み込まれていても全く違和感がなかった。
椿屋の恋わずらいではなく、中田裕二の恋わずらい、という感じでした。アレンジも違っていたようだし。

sunday mondayの前にMCやってたんだったかな?
どこでどのMCをしてたのか忘れたので、ここで纏めて書いてしまいます。

・「橋下市長はどうですか?」と言い出す中田さん。
東京でもミ○ネ屋の放送があるので、毎日のように橋下さんのニュースも流れているそうだ。
へー、あれって関西ローカルの番組だとばかり…
「あの時間帯の番組の中では、ミ○ネ屋が一番視聴率が良い」という中田さんの話に、「へぇ~…」という観客。
(あの「へぇ~」は、「あんな番組が視聴率一位なの?」という「へぇ」だと思う。関西人ミ○ネ嫌いだよ、少なくとも私の周囲は(笑))
橋下市長の方針で、大阪府の大学と市の大学が合併されそう、なんて話が客席から出て、「いろいろ不満もあるんですねぇ…」と中田さん。
そこから「橋下市長は維新を起こそうとしているけど、俺も歌謡界に維新を起こします!」という風に話を繋げていた。
「氷川きよしとコラボしたい」とかなんとか(笑)
「演歌やろうかなと思うんですよ」と言った後で、「また適当なこと言っちゃったー(笑)」とか(笑)

・ドラムの小松さんは一時ツアーから離れていたので(その間のドラムは白根さん)今日が久しぶり。
「他の公演も行った人?結構いるね。神戸とか?神戸は白根さんだったけど、ドラムが変わっただけで聴こえ方がかなり変わるでしょう?」
小松さんと白根さん、どちらもエロい。でもエロさのタイプが違う、なんてことも言っていました(笑)

・ライブ後半になって、ようやく観客から「裕二さーん」と名前を呼んでもらえて、
「ようやく名前呼んでくれましたね(笑)」と嬉しそうな中田さん。
ヤンシーさんも名前を呼ばれて、中田さん、「ヤンシーさん、呼ばれてますよ~」と。
そこから、ヤンシーさんがホテルで名前を間違えられる話になって、この話が面白かったです。
「バンシー」とか「ヤン・シー」とか間違えられた、って(笑)「俺、なに人だと思われてるんだろう…」とヤンシーさん。ヤン・シーさんは中国系?(笑)
というか、「ヤンシー」って名前でホテルとるんですね。
その後、中田さんに本名をばらされちゃったヤンシーさん(笑)

曲の話に戻して、インストアライブの時に聴いた新曲、春雷を聴けたのが嬉しかったです!
やっぱりこの曲好きだわー。曲調も歌詞の雰囲気も。早く音源化しないかなー。

春雷とベールを2曲続けてやったと思うんですが(どちらを先にやったのかは忘れてしまいましたが)、この流れが個人的にすごく良かったです。

そして、再び椿屋の曲。今度は螺旋階段。
椿屋が解散して、もう二度とライブで聴くことはないんだろうと思っていたから、聴けたことが本当に嬉しい…
大好きな曲。
この曲も、椿屋の螺旋階段ではなく、中田裕二の螺旋階段に昇華されている印象でした。
中田さんがアコギを弾いていた。アコースティック以外の螺旋階段で、中田さんがアコギを弾いてこの曲を歌っているというのが、新鮮でした。

それから新曲ももう1曲。
シンセの音が印象的な曲でした。この曲好きかも!なんてタイトルなんだろー。

本編ラストはごきげんいかが。やっぱりこの曲が最後なんだね。
この曲楽しいわ~♪歌詞はいろいろ突っ込みどころ満載だけれど(笑)
めっちゃ笑顔で聴いてたと思います、私。幸せだわー。
中田さん叫んでたなー。


アンコール。
まず中田さん一人が登場。
「椿屋の曲をやると盛り上がりますね…(苦笑)こんなに差があるの、大阪くらいじゃない?こらっ!!(笑)」
確かに、かなりの盛り上がり方だったなー。

「でも、気に入っている曲たちなので、ツアーに連れて行くことにしました」
ありがとう。聴けて嬉しかったです。

新曲もたくさんできてる、という話をしてたっけ。
あと、最近はワインをよく飲んでるという話を。
東北の日本酒をたくさん飲もうと思って飲んでたんだけど、日本酒はたくさん飲むとべろべろになる、あと下痢する(笑)、と。
それで最近ワインを飲むようになったけど、やっぱりおいしーねー、って。
「今日も早く飲みたくて仕方ない」って、おーい中田さん、顔がにやけてますよー(笑)どんだけワイン大好きやねん。
中田「最近では一人で一本空けてしまって…寂しい男みたいだ。誰かと一緒に呑みたい」
観客「呑む呑むー」
中田「呑まねーよ!(笑)」
なんてやり取りもあったり(笑)

アンコール1曲目は、弾き語りの新曲。
綺麗な曲だったなー。今日聴けた新曲、全部私の好みの曲ばかりだ。

中田「弾き語りで終わるのも寂しいので…出てこい、絶倫仮面!!」
今回のツアーでは、各公演で違ったバンド名を付けているらしいですが、大阪公演のバンド名は「絶倫仮面」だそうです…(苦笑)
ひっどいネーミングセンスだなーオイ(笑)

呼ばれてできたバンドメンバー、みんな苦笑いしてたような(笑)

竹内「女の子は好きだけど…絶倫じゃないよ」
中田「絶倫だと思いますよ!」
観客「裕二さんはー?」
竹内「お、そこどんどん突っ込んで」

観客からの思わぬ反撃にたじたじの様子の中田さん(笑)

「今回のツアーでは毎回バンド名を付けるけど、さすがの下ネタ職人もネタが尽きてきました…そんなに思いつかないよ!(笑)」と中田さん。
「あと少しじゃあないか」と竹内さん。

絶倫仮面で起こった笑いを引きずりつつ、次も新曲。
セレナーデというタイトルだったかと。
男と女の駆け引き、みたいな歌詞だった?あんまりちゃんと聴き取れていないから違うかも。
ヤンシーさんが鍵盤ハーモニカ演奏していました。

そしてラストは、「もうすぐ一年ですが」と、ひかりのまち。
やっぱりこの曲は良い曲だなぁ…凄く心に沁みる…

演奏後は、全員ステージの前方に並んで、お辞儀。
その姿を最後まで見送ることなく、私は会場からダッシュで立ち去りましたが…
そんな状態なのでダブルアンコールの有無については知らなかったんですが、どうやらやってないようですね。
(たぶん、やらないだろうとは思っていた)

本当に、このライブに行けてよかったなぁー。
幸せだ…
ツアーが終わったらすぐレコーディングに入る、という話もしていたので、非常に楽しみです!


セットリスト(曲順は一部間違っていると思います)

リバースのカード
虹の階段
LOST GENARATION SOUL SINGER
新曲
バルコニー
迷宮
記憶の部屋
恋わずらい
sunday monday
endless
白日
春雷
ベール
螺旋階段
新曲
ごきげんいかが


・アンコール

新曲
新曲(セレナーデ)
ひかりのまち


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。