スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1月26日 peridotsインストア

(2012-01-27)
1月26日 peridots インストアライブ @タワーレコードNU茶屋町


久々のperidotsインストア!
私にとっては、2007年9月の、例のハグ会の時以来。(その時の感想はこちら

少し早めに行ったら、リハーサルも見れましたよ。
リハでは、何曲かをダイジェストみたいな感じで。
Follow the Stars(In Your Heart)、アイ・ウォント~、Teenagers、海と塵もやってたっけ?

リハーサルの歌声だけで、もう、うっとりです。


それでは以下、ライブの感想。
名古屋・東京でもインストアがあるので、一応ネタバレ注意。


タカハシさんの今日の服装は、黒シャツに色の薄いジーンズ、黒いスニーカーでした。
今くらいの髪の長さ好きだなー。
耳の後ろの髪(左側)が一房ぴょこんと跳ねてるのがずーっと気になってましたけど(笑)。なんか可愛くて。
タカハシさんって軽く癖っ毛?はねてるところ以外にも、毛先に軽くウェーブ掛かってるみたいでしたけど。あんまりパーマとかあてるタイプと思えないしなぁ。

「こんばんはperidotsです。お寒い中集まっていただいてありがとうございます」
というような挨拶をして、ライブスタート。


セットリスト

1.Follow the Stars(In Your Heart)
2.Teenagers
3.I Want To Be Toby
4.Smile
5.労働
6.歌は常に雄弁である


1曲目はFollow the Stars(In Your Heart)。
タカハシさんって歌上手いなぁ…と、分かり切ったことをしみじみ。
本当に、なんだろうなこの人の声。唄いだした瞬間に、空気の色がガラッと変わる感じ。
何度聴いても、その声の美しさに、声の力に驚く。

2曲目は続けざまに、Teenagers。
例のヨーデルみたいな部分(タカハシさん自身が、この日出演したラジオで「ヨーデルみたい」と言っていた)が、やっぱりすごい。
なんであんなのが唄えるんだろう…
表情見てたら、あまり表情変えず結構淡々と、さらりと歌いこなしてる感じでしたし。
この曲、サビ部分の広がり方も大好き。

歌い終わって、「ありがとうございました」と、フッと笑って。
こうやって笑うと、途端に柔らかい雰囲気になるなぁ。このやわらかい笑顔が好きです。
一回り年上の男性に言うのもなんですが、笑顔が可愛いです(笑)

今回、何故かタカハシさんニヤニヤしているときが多かったように感じましたけど(笑)
チューニング中とかね。

3曲目、I Want To Be Toby。
楽しい曲だなー、これは。
「平熱のまま 雨に見とれた昼間」という部分の歌い方、好きです。
というか、こここういう歌詞だったんだねぇ。今初めて歌詞カード見て、歌詞を知りました(笑)何と言っているのか聴き取れてなかった…

間奏部分とか、歌っていない時のタカハシさんの表情が結構好きだなーと、そんなこともこの曲聴きながら考えてました。
口をキュッと真一文字に結んだ感じ。伝わるだろうか。
歌っているときの、半眼になっている感じの時も好きですけど。あの視線というか目つきというか。

「今日ずっと、ラジオの生放送や収録で、ずっとアルバムについて話していて、それをここで話すのは恥ずかしいんですけど…(笑)。アルバム、聴いてくれてますか?(観客から拍手)ありがとうございます。前回のMY MIND WANDERSは、ツルっと、安産で生まれた感じなんですけど、今回のFollow the Starsは、ちょっと難産でした(笑)これからどんどん、難産になって行くんだろうなと思います。そうじゃなきゃダメだと思うんですが」

「次にやるSmileという曲のアレンジは、皆さん聴いたら驚くだろうな、とドキドキしてたんですが、自分の周囲の人は全然驚いていなくて(笑)嬉しいような、悲しいような…。今日は弾き語りでやりますが、ライブではいろんなアレンジでやると思うので、聴き比べて楽しんでください」

そんな感じのことを言って、Smile。

ちなみにこの曲のアレンジ、私は、打ち込みは意外だなーと、そこは驚きもあったけれど、すんなり違和感なく受け入れられた感じです。
弾き語りも良いけど、これはこれで良いやん!素敵やん!と。

イントロを弾くタカハシさんの指に見惚れてしまった。指、長いよなー…
声は綺麗だし歌は上手いし、って言うのは勿論のこと、表現力が凄いな…とこの曲では思っていました。
声の強弱の付け方、声をかすらせ気味で唄う部分、声ののばし方、止め方、息継ぎの場所…どれをとっても素晴らしいな、と。
この曲の歌詞、本当に素晴らしいなぁ…この歌詞、そしてメロディを、あの声で歌われるんだもん、たまらないよなぁ…

「労働という曲を」
と、5曲目は労働。
そう言えば、前NU茶屋町でインストアやった時(2007年9月の時)、この曲何度も間違えてたよな…とそんな記憶が頭をよぎり、今回は大丈夫だよな?と少々ハラハラしてしまった(笑)
今回はミスなく、一安心(笑)

それにしても、本当にタカハシさん歌が上手いよなーと、再び解り切ったことでしみじみ。
何だろうなー、本当にこの声に囚われてるな、私は。
あと、もうマイク要らないんじゃない?と思ってしまった。マイクなしで聴きたい。インストアライブであれだけ声を響かせることができるんなら、マイク要らないだろう…

演奏後、黙って観客席をじーっと眺めて、そして吹き出すタカハシさん。
なに、その妙な間は(笑)

「もう1曲だけやります。サイン会もあるので、触れ合いましょう。手、ベタベタですけど(笑)拭いてきます(笑)」
そんな感じのことを言って、ラストの曲は歌は常に雄弁である。
声の広がり方が凄かった…!
これがインストアライブだということを、完全に忘れていた。
何処かのライブハウスで聴いているような感覚に陥っていた。
インストアライブだから、イベントスペースの後ろには普通に販売スペースがあって、インストアと関係ないお客さんがうろうろしていて、BGMが流れていて、お客さんと店の人がやり取りしていて…となっているはずなのに、それらの存在を一切感じ取れなくなっていた。
インストアライブの時って、いつもなら演奏中でも、演奏以外の雑音が耳に入って来るものなのに、まったくそれらの音が聴こえなくって。

ここってお店の中だよね!?ということを思い出した時は本気で驚いたよ…
タカハシさん、声だけで、演奏だけで、外部とは完全に切り離された空間を作り出していたよ…凄いよ…

圧巻というか圧倒というか。
ほんと、何なんだろうなあの声。魔法使い?声で魔法作り出してるんじゃないの?


ライブの後はサイン会。
待っているあいだは緊張で軽い頭痛と吐き気とに襲われてましたけど(笑)
タカハシさんの髪って、前に御自身がブログに書いていたけど、光の加減で赤毛っぽく見えるなぁ…そしてやっぱり耳の後ろのはねている髪が気になるなぁ…と、そんなことを考えて気を紛らわしていました。

サインしてもらうときに何も気の利いたことが言えないのはいつも通りですが(口下手を直したい…)、今回は頑張って、名前入れて頂けますか?と頼んだよ!
頑張った。かなり頑張った(笑)
うっかり「春木です」と名乗りそうになりましたけど(笑)(「春木」は本名とは全く関係ない名前)
名前をひらがなで書くかカタカナで書くか、どうしはるやろーと眺めていたら、ひらがなで書いてくださりましたよ。
「○○さんへ!」とエクスクラメーションマーク付き(笑)

サイン会、最後の方が終わるまで店内に残って様子見ていました。
最後、スタッフの方が「最後に本人からひと言」と話を振って、

「今日はありがとうございました。気が早いですけど、次のアルバムも良いものを作ります。期待していてください。ツアーやイベントで、また関西に帰ってきます。これからもついてきてください」

言い回しはかなり曖昧ですがそんな感じのことを言って、お辞儀したり、両手を上にあげたり、手を振ったりしつつ、タカハシさん退場。

勿論、今後もついていきますとも!

素敵なインストアライブをありがとうございました!


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。