スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


suzumoku生声弾き語りライブ

(2011-12-25)
12月24日 suzumoku <生声弾き語りSolo Live> @SOLE CAFE


1年以上ぶりのsuzumokuライブ!
しかも、私がsuzumokuのワンマンに行くのはこれが初!
で、このライブが私の今年最後のライブでした。

大学生の頃はSOLE CAFEの近くに住んでいたので、久しぶりに故郷に帰ってきたような気分。
SOLEの前を通ったことは何度もあるものの、中に入ったのは今回が初めて。
予想以上に狭い!アーティストと至近距離!
アットホームで暖かな雰囲気の、素敵な場所だなぁ。

二列目の一番端の席が空いていたので、そこに着席。


時間になってsuzumoku登場。
帽子をかぶって、色の薄い細身のジーンズ(脚細いなぁ…)にブーツ、上は灰色というかカーキ色というか、そんな色合いのジャケット。
帽子可愛い。よくお似合いです。

何故か「ホープ」のイントロを弾きながら登場し、席まで歩いていくsuzumoku(笑)

「♪流し台の水垢が 不摂生な生活を 起き抜けの僕にだけ そっと警告してる~♪相変わらずそんな生活を送っているsuzumokuです(笑)」

「近いですね~(笑)今日は年内最後のライブ、完全生声ライブということでマイクもシールドも使わずにやります。ストリートライブに近い感じ。最後までごゆるりとお楽しみください」

そんな感じのあいさつをして、1曲目、夜明けの雨。
わー、いきなり聴きたくて仕方なかった曲!!
この曲の弾き語り大好きで、また聴きたいと思っていた。音の強弱の付け方が凄く好き…。

続けざまに二曲目、適当に透明な世界。こちらも凄く聴いてみたかった曲。
この曲の世界観が凄く好き。静かで、透明で、切ない。
曲の雰囲気にぴったりの歌い方で、沁みた。
変な言い方だけど、まさに「弾き語り」という感じ。弾いて、語る。
語ると言ってももちろん歌っているわけですが、こちらに語りかけられるような雰囲気。

この後は曲順がかなり曖昧なので、適当に書いていきます。
MCももうかなり曖昧だ。曲と曲の間に結構喋ってたんですが。

昨日のワルツはギターの音が格好良いなー!
音楽用語に詳しくないのでなんという奏法か分からないんですが、あのジャッという音が格好良くて好き。
手の動きに見惚れていました。左手側はお客さんの影になって見えなかったので、右手を凝視。
しっかしsuzumoku、指が長くって綺麗だわ…

如月を聴けたのも嬉しかったー!好きな曲のひとつ。
イントロでこの曲だと分かって、おおっ!と。
小ぢんまりとした空間に響くsuzumokuの澄んだ声と、ギターの音。
マイクも何も使ってない、本当になんの装飾もない声に包まれる感覚が心地良い。

suzumokuの凛とした声はやっぱりこの季節に似合うなぁ。

「この曲に反応してくれる人がどのくらいいるか……。♪元気ないな♪」
ここで「ヘイヘーイ」という合いの手?を期待していたようなんですが、ほとんどその声が上がらずにがっくしと崩れるsuzumoku。

「おしとやかな街京都ですもんね、いきなり言われてもできないですよね…(笑)」って。

私は初めて聴く曲なので、どう反応していいかわからなかったんだけど(笑)
既にライブでは何度かやっている曲なんですかね?
もう一回やって、次はちゃんとできたので、
「これが次にやる曲のサビです、よろしく」と。
タイトルなんて言ったかな?手拍子も起きて、とても楽しい曲だった。
サビの、「こんな曲で良ければご清聴お願いします」というような歌詞のあとに、「よろしくお願いします~」と頭を下げる。
2番のサビでは、「CDも買ってください、まだ出てないけど(笑)」みたいなことを言っていた。
で、曲が終わった後は「ありがとうございました~」と。

「今年は秋という季節があったんですかね?寒くなってきたと思ったら暑くなって。気付いたら冬。街路樹も、『もう黄色くなっていいかな?』と思ったら暑くなって、気付いたら寒くなって『もう散らさなきゃ』って。今年は秋の夜長に読書とかできなかったな」

そんな感じの話の後、衣替え。
「ちょーきれい」の部分の歌い方が面白かった(笑)
今の季節にピッタリの曲だね。CDではさほど聴いてなかった曲なんですが、今回ライブで聴いて良い曲だな、と。
歌詞が好きだな。女子高生は、まあ置いといて(笑)
この曲の主人公、結構好き。

こうやってライブしているあいだも、働いている人がいるんだってことをよく考える、そういう人たちに支えられている、だからライブを楽しもうと思う。そういう人たちにこの曲を。
そんな感じのMCの後、「雪じゃなくて雨の曲だけど」とレイニードライブ。
レイニーも好きな曲!suzumokuの雨ソング、好きな曲多いなー。

「ここまで来て、一切クリスマスの話してないんですよね!(笑)こんなのも用意しているのに」
傍らの机の上に置いてあった小さいクリスマスツリーのイルミネーションのスイッチを「えいっ」と入れるsuzumoku。

「偶然積んであったんですよ。…嘘です(笑)クリスマスソングをやろうと思うけど、英語の曲は発音に自信がないし、かといって数あるクリスマスの名曲をカバーするっていうのも…。ということで、自分の曲の歌詞を変えてみました」

ギターでジングルベルを弾き始める。途中でそれがガタゴトのイントロに。
凄い、まったく違和感なく繋がってる!!
間奏部分とアウトロもジングルベルになってました。
ガタゴトクリスマスバージョンはサンタさんが主人公の歌詞でした。枕元にちゃんと靴下吊るしておいてね、とか、最近は煙突の無い家が多い、窓からそっと入ったら鳴り響く警報器にビックリ、みたいな感じの歌詞でした(笑)
可愛かったです。最後は「ひたすらジングルベル♪」で締め。
「ガタゴトを練習しているときに、これジングルベルに繋げられるなぁ、って」
スタッフにも子供のいる人がいるけど、ツアーについてきちゃった。(プレゼント)どうするんだろう、この後すぐ帰るんだろうか、なんて話もしてましたっけ。

ジオラマ、アコギ弾き語りでやるとこんな雰囲気になるんだなぁ。CDではエレキ弾き語りだからね。
また違った雰囲気で素敵。
それにしても、ほんとギター上手いよなぁ…手が楽器の一部のよう。指や手首の動きが柔らかい。

ゆったりしてきましたけど、京都の更に地下深いところまで行きましょう、みたいなことを言った後、西日工場の煙。
それから甘いアルコール。
このあたり、ほんとにsuzumokuの声とギターの音とが心地良くって、軽く眠気に襲われてました。
このまま寝ちゃったら気持ちいいだろうなぁ…という誘惑に襲われましたが、いやいや、寝ちゃいかん!!と寝ずに起きてました(笑)

suzumokuって横顔が綺麗じゃない?鼻筋通ってるよね。
照明の加減で出来る陰影を見つつ、そんなことを考えてみたり。

「ウィスキーをチビチビとか、そんな呑み方ならいいんですけど。同年代の友達と飲むと、ウォッカ(だっけ?違う酒だっけ?)という魔の酒が出てくる(笑)じゃんけんして、勝った人以外呑むとか。酔っぱらってもうやめよう、と思ってるのに、『やる?』って訊かれたら『やる!!』って(笑)懲りないんですよねぇ」

とかなんとか。
呑み過ぎは駄目よ(笑)
甘いアルコールの次は、酒気帯び散歩とお酒の曲が続く。
「このご時世だから、酒気帯び散歩でも取り締まられそうですよねぇ。呑めなくなっちゃう」

酒気帯び散歩のギター好きだ。
なんか、本当に酔っぱらってるみたいな音。
あ、そうそう、酒気帯びをやる前かな?しきりに咳払いをして水を飲んで、

「昼に食べた天一が引っかかってるのかな…(笑)ラーメン、って聞いただけで食べたくなってきますよね。呑んだ後とかでも。お酒を飲むと塩分を消費するらしいので、ラーメンとか塩辛いもの食べたくなるそうですよ。一番良いのはお味噌汁らしいですけど、健康的に」

なんてことを話していて、そして歌い終わった後、
「夕飯の匂いのところを『天一の匂い』にしようかと思ったけど、さっき話したなと思って(笑)」と。

何気ない日常が大切なんだということを考えながら作った曲(かなりアバウト)、というようなMCのあと、街灯。
この曲の歌詞、凄く好き…一時、この曲ばかり延々聴いてた時期がある。
最近はあまり聴いていなかったけれど、やっぱり素敵だ…沁みるなぁ…

ギターを別のものに持ち替えるsuzumoku。
ストラップが捻じれていたらしく、「あれ?…こうか」と付け替えていた。

次の曲は僕らは人間だ。
演奏に入る前に、この曲ができた経緯などをかなり長めに喋っていた。
震災がきっかけでできた曲だけども、それだけじゃなくて今まで書けていなかった大事な部分が書けている気がする、とか。

演奏は立ち上がって。
この曲を生で聴くのは初めてだったけど、思わず鳥肌が立ってしまうような迫力があった。
格好良い、と言えば格好良いのだけど、そんな言葉だけでは済ませられないような何か。
「復興して、この曲をだんだん歌わなくなっていけばいいなと思っていたけど、そうじゃないなと思いだしている」というようなこともMCで言っていたけど、ずっと歌い続けて欲しいなこの曲は…

本編最後の曲は、真面目な人。
この曲も立ったままで。
格好良いなぁ…唄い方にドキドキする。歌詞が刺さるなぁ…
聴きたいと思っていたので聴けて良かったです。


アンコール。
最初と同じく、ホープのイントロを弾きながら登場するsuzumoku。なにこのデジャヴ(笑)
今度はそのまま着席し、最後まで歌いきる。
ラストのラララのところは、お客さんに歌うように促す。
お客さんがちゃんと歌ってくれたので、笑いながら「ありがとう」というsuzumoku。
和やかな雰囲気。心地いいなぁ。

最後にもう1曲、この時期にぴったりの曲をと、アンコールの最後はフォーカス。
しっとりとした雰囲気で締める。

「これで今年のライブは最後ですが、来年もよろしくお願いします!バンドに弾き語りに、こういうアンプラグドのライブも、やっていきたいと思います。相変わらずのリリース速度になると思います(笑)」

「みなさんにとって素敵な一年になりますよう!」

そんな感じのことを言って、お辞儀をして退場。

はー、本当に素敵な空間でした♪
suzumokuの声とギターを堪能できましたよ。素敵なクリスマスイブになりました。
今年最後のライブをこの生声ライブで締めることができて良かったです♪


聴きたいと思っていたけど聴けなかった曲もあることだし、来年ももちろんライブに行きたいです!
(おそらくやらないだろうなとは思ってはいたけど、やっぱりあの曲やあの曲はやらなかったな…)
(具体的に書いてしまうと、週末と鴉が鳴くからですが。やらないだろうとは思いつつ、聴きたかった)
でも聴きたいと思っていた曲はたくさん聴けて満足♪
ガタゴトのクリスマスヴァージョン、もう一回聴きたい(笑)


セットリスト(曲順は曖昧です)

夜明けの雨
適当に透明な世界
昨日のワルツ
如月
ヘイヘイ(仮)
衣替え
レイニードライブ
ガタゴト(クリスマスヴァージョン)
ジオラマ
西日工場の煙
甘いアルコール
酒気帯び散歩
街灯
僕らは人間だ
真面目な人


・アンコール

ホープ
フォーカス



グッズのステッカー、猫のやつが可愛かったので買っちゃった。
あと、ポストカードも。ポストカード収集家としては、これは買わざるを得ない(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

祝!初ワンマン!!

こんばんは☆

東京でのワンマンを思い出しながら読ませていただきました!
完全な生音でのライブってなかなかないですから、
ほんと贅沢な時間と空間に包まれたライブだったなーって改めてしみじみ。
しかも、京都はクリスマスバージョン(のガタゴト)だったんですね!
クリスマスの時期に弾き語りでのライブをやってくれない限り
2度と聞けないであろう貴重な1曲ですね(笑)

西日工場~甘いアルコールのあたりは、ほんと睡魔との闘いでした(爆
やっぱ弾き語りってことで、(バンドワンマンの兼ね合いもあるので)
ここらへんの曲が中心になるのはまあある意味予想通りでしたけど、
私も週末とか鴉とか、ガツンとした感じの曲がもう少し聞きたかったなーって。
この人の場合、そういう曲でも弾き語りが恐ろしいまでにかっこいいので。

なんといっても、声ももちろんいいんですが、とにかくギターが上手すぎるというか、
弾き語りとはこういうものだってのをまざまざと見せ付けられてるような
そんな感じがするんですよね。。。
バンドアレンジもいいですけど、とにかく弾き語り続けてほしいなと思います。

・・・と、思わず長文失礼しました!
よいお年を&来年もどうぞよろしくお願いします!!

No title

>tamago♪さん

ほんと、完全な生声生音のライブなんて、滅多にないですよね…
至福の空間だったなぁと、改めて思い返しています。

クリスマスバージョンガタゴト、おそらくもう聴けないと思うので、貴重なものが聴けたなあと。
クリスマスイブという日取りに感謝、ですかね(笑)

クリスマスイブの、あの雰囲気のライブ、あの雰囲気の会場、あの曲順で、もし週末なんてやったら、猛者としか言いようがないですけどね(笑)
鴉が鳴くからの弾き語りなんて、格好良いに決まってますよー!
いつか聴きたい!!
唯一、僕らは人間だが割と激しめな感じでしたけど、圧倒されました…

また生声ライブもやりたいと言っていたので、今後も期待しましょう!

こんなブログをいつも見て下さってありがとうございます。
是非是非、来年もよろしくお願いします!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

春木

Author:春木
兵庫出身・在住。人見知りの激しい小心者。極度の口下手。
甘いもの、読書(特にミステリ)、音楽鑑賞(邦楽、男性ボーカル、歌詞が日本語の曲)、動物が好きです。
その他詳しいプロフィールはこちらをご覧ください→こちら
コメント・拍手大歓迎!もらえると喜びますよ~!

ブログのカテゴリ分けは結構曖昧なので、ブログ内検索機能を活用して頂けると良いかも。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書メーター
春木の最近読んだ本
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。